比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【500万円以上】おすすめの3Dプリンター » 【500万円以上】精度重視の3Dプリンター

公開日: |更新日:

CONTENT

【500万円以上】精度重視の3Dプリンター

高精度に対応する積層ピッチと造形方式を備えた3Dプリンター

積層ピッチが細かい方が、積層跡が目立ちにくくなり、より精微な仕上がりが可能となります。しかし積層ピッチが細かければ高性能という話でもなく、ヘッドの位置決め精度が低ければ、造形物の精度も低くなってしまうということを知っておきましょう。業務用3Dプリンターを選ぶ際には、各マシンのスペックを比べると同時に、サンプルの仕上がりもチェックすることが大事です。

こちらでは精度に対応する造形方式としてインクジェット方式を採用する製品のうち、最小積層ピッチが0.05mm以下、かつ500万円以上の価格帯のものを紹介します。

Stratasys J850 Pro [Stratasys]

Stratasys J850 Proイメージ
画像引用元:Stratasys公式HP
(https://www.stratasys.com/en/3d-printers/printer-catalog/polyjet/j8-series-printers/j850-pro-3d-printer/)
  • 造形サイズ:490x390x200㎜
  • 本体寸法:1400x1100x1260㎜

  • 重量:430kg

  • 積層ピッチ:0.014~0.054mm

  • 造形方式:ポリジェット方式

  • 対応素材(材料):硬質樹脂、硬質透明樹脂、ゴムライク樹脂、ABS ライク樹脂、低ランニングコスト樹脂、ジェル状サポート、ソリュブルサポート

0.014mmの積層ピッチで、高精細造形を実現

ストラタシス社が開発してきたPolyJet方式の技術を余すところなく搭載したJ850 Pro。最大7種類の材料を同時に使用し、複数材料のアッセンブリモデルや高透明度のモデル、デジタルABS(ABSライク)などの高精細パーツを造形することが可能です。精度の高いプロトタイプの制作が可能なため、開発期間の短縮にも繋がります。

積層ピッチはハイクオリティーモードで0.014mm、ハイミックスモードで0.027mm、ハイスピードで0.027mm、スーパーハイスピードモードで0.054mmとなっています。

Stratasys J35 Pro[Stratasys]

Stratasys J35 Proイメージ
画像引用元:Stratasys公式HP
(https://www.stratasys.co.jp/3d-printers/printer-catalog/polyjet/j35-pro-printer/)
  • 造形サイズ:最大1,174cm² / 最大高 158mm
  • 本体寸法:651x661x774mm
  • 重量:98kg
  • 積層ピッチ:0.01875mm
  • 造形方式:ポリジェット方式
  • 対応素材(材料):VeroUltra、低ランニングコスト樹脂やラバーライク材料、ABSライク材料、生体適合性材料、SUP710 ™、WSS™150(水溶性サポート材)

オフィスでリアルな試作品造形が可能に

Stratasys J35 ProはStratasys社の3Dプリンターの中でもコンパクトなサイズの3Dプリンターです。積層ピッチはハイクオリティスピードモードで0.01875mm。低ランニングコスト樹脂やラバーライク材料、ABSライク材料、生体適合性材料、水性サポート材などが使用可能で、最大3種類の異なる材料を同時に使うことや、混ぜ合わせを行うことができるため、最終製品に近い外観や感触の再現が可能です。

オフィスに設置できるコンパクトさと高精細造形を併せ持ち、デザイン検証からエンジニアリングユースまで幅広いニーズに対応しています。

ProJet MJP 2500 Plus[3D Systems]

ProJet MJP 2500 Plusイメージ
画像引用元:3D Systems公式HP
(https://ja.3dsystems.com/3d-printers/projet-mjp-2500-series)
  • 造形サイズ:294×211×144mm
  • 本体寸法:1,117×741×1,061mm
  • 重量:211kg
  • 積層ピッチ:0.032mm
  • 造形方式: インクジェット方式
  • 対応素材(材料):VisiJet M2R-WT(硬質:白)、VisiJet M2R-BK(硬質:黒)、VisiJet M2R-CL(硬質:透明)、VisiJet M2R-GRY(硬質:グレー)、VisiJet M2G-CL Armor(ABSライク:透明)、VisiJet M2G-DUR ProFlex(PPライク:透明)、VisiJet M2 ENT(エラストマー:ナチュラル)、VisiJet M2E BK(エラストマー:黒)、VisiJet M2R-TN TAN(褐色)、VisiJet M2S-HT90(耐熱:半透明)、VisiJet M2S-HT250(耐熱:半透明)、VisiJet M2E-BK70(エラストマー:黒)

高品質にこだわった3Dプリンター

積層ピッチが0.032mmで、高解像度で細かい部分も表現できる微細性がProJet MJP 2500 Plusの特徴。また、後処理が簡単なため、造形したパーツを傷つけてしまうリスクも抑えられます。マテリアルラインナップも豊富で、造形の幅が広がります。

プロフェッショナル品質の造形が可能なため、製造、医療、建設などさまざまな分野で活用されています。

⾼精度3Dプリンター(500万円未満)特集をチェック
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような高精度性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、精度の高い試作品や、治具の造形が可能な、積層ピッチ0.05mm以下の3Dプリンターをご紹介しています。

       

【PR】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス