比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 知っておくべし!3Dプリンターの基礎知識 » 3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想とは

公開日: |更新日:

3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想とは

3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想(Kansai-3D実用化プロジェクト)の構想や背景、実用化モデルや取り組みなどを紹介しています。

3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想(Kansai-3D実用化プロジェクト)とは

「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想(Kansai-3D実用化プロジェクト)」とは、2019年1月24日に近畿経済産業局が発表したプロジェクトです。
関西地方には高度な技術を有する大手企業や中小企業が集まっていることから、近畿経済産業局が中心となって日本のモノづくり強化のための支援を行います。

プロジェクト発足の背景

プロジェクトの目的は、3D積層造形技術の発展による日本のモノづくり強化。近年3Dプリンターの世界市場規模は拡大しており、今後ますますの成長が見込まれています。海外では3D積層造形技術が発展し、さまざまな業界で3Dプリンター事業に参入する企業も増えているのだとか。

しかし日本は海外ほど3Dプリンター事業に注力できておらず、将来的な成長が見込める市場で遅れをとっていることになります。現に3Dプリンターの主力メーカーは海外のものがほとんど。そこで日本でも3D積層造形技術を発展させて量産化を実現し、3Dプリンターの世界市場における競争力を高めようという狙いがあります。

また、2025年国際博覧会の開催決定も後押ししています。「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想」は国際博覧会に向け3D積層造形技術を発展させ、新たなモノづくりの変革モデルの創出や未来の技術開発につなげることを目的としています。

参照元:日本初「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想(Kansai-3D実用化プロジェクト)」について(近畿経済産業局)

構想の内容は?

「3D積層造形によるモノづくり革新拠点化構想」では、以下2点を軸に3D積層造形技術の発展を目指しています。

本プロジェクトにおける産学官連携を簡単に表現すると、「企業(産)が3D積層造形技術を発展させて新たなモノづくりを実現するため、大学や研究所(学)がノウハウや技術提供を行う。その支援は行政である近畿経済産業局(官)が行う」というもの。

具体的には、大阪大学や大阪大学接合科学研究所、立命館大学、山形大学工学部、慶應義塾大学SFC研究所のほか、関西圏の公設試や産業技術総合研究所といった広域ネットワークを構築。さらに3D積層造形を活用した新たなモノづくりの普及を目指す「3Dものづくり普及促進会」と連携させます。実用化・ネットワーク拠点を立花エレテック本社に設置し、大学や研究所がもつノウハウや技術を民間企業が活用できるように支援する仕組みです。

この取り組みによってロボットや機械、医療機器分野など多岐にわたる分野で新たなモノづくりの変革モデル創出を目指しているとのことです。

実際の実用化モデル

山形大学(フードプリンティング:OPEN MEALS構想)

山形大学のフードプリンティングの開発では、同大学機械システム工学科の古川教授が世界初の3Dゲルプリンターの開発に成功。また、世界のだれもがダウンロード可能な食のプラットフォーム構築のため、食のデータ化・転送化を構想し、企業とチームを組んだ「OPEN MEALS」を結成。2018年3月には「SUSHI TELEPORTATION」コンセプトを発表しています。
さらに見た目や食感を制御できるソフト食品3Dプリンターの開発にも取り組んでおり、新しい介護職の実現にも挑戦しています。

慶応義塾大学SFC研究所(4Dプリンティングの開発)

慶応義塾大学SFC研究所の所長を務める田中浩也氏が、シミュレーション技術「3次プリンタ用データフォーマット(FAV)」を開発。4Dプリンティングの開発を進めています。
なお、4Dプリンティングでは、キョーラク株式会社が形状記憶ポリマーを使用した記憶形状フィラメントの開発に成功。田中教授と共同研究を進め、オランダで開催される「4D Printing & Meta material conference」にも参加しています。

プロジェクトの取り組み実績

これまでにKansai-3D実用化プロジェクトの取り組みとして、以下の内容を行っています。

※新規イベントの情報等は近畿経済産業局のHP(Kansai-3D実用化プロジェクト)で紹介されています

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る