比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 知っておくべし!3Dプリンターの基礎知識

知っておくべし!3Dプリンターの基礎知識

3Dプリンターを導入しようと考えている方は、まず3Dプリンターについてよく知っておくことが大切です。3Dプリンターの基礎知識を知っておくことで、間違いのないモデルを選ぶことができ、効率的に目的の造形物を造りだすことができます。このカテゴリでは3Dプリンターの基礎知識をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

そもそも3Dプリンターとは?

一般的に紙に印刷をする平面的なプリンターとは違い、3Dプリンターは3次元の立体的な造形物を作ることができるプリンターのことを指します。ものづくりの現場において試作品や小ロット量産品の原型など、さまざまな活用法があります。

3Dプリンターを使うメリット

企業が3Dプリンターを使うことで得られるメリットはたくさんあります。例えば開発期間や製作時間を削減できること、コストを削減できること、品質向上につながること、アイディアをすぐに造形できること、余分な在庫を持たずに済むことなど。

3Dプリンターを導入することで、今まで外注しなくてはいけなかったことが自社でできるようになり、あらゆる面で業務の効率化につながります。

使い方の手順

3Dプリンターはどのように使うものなのか。3次元の造形物を出力するためにはいくつかの段階をクリアしないといけません。

例えば3Dのデータ作り、出力変換、ツールパスデータ出力など。難しいように見えますが、3Dデータさえ作ることができれば、あとは簡単な操作で出力ができるように、各メーカーも工夫しているので問題ありません。

使用する素材について

3Dプリンターで使用する材料は主に2種類でしたが、最近ではさまざまな材料を使用することができ、造形物の選択肢が増えてきました。それぞれの材料には弾力性や耐熱性などの特徴があるため、目的に適した材料を選ぶことが大切です。

どのくらいの価格のものがあるのか

3Dプリンターは、家庭で使える低価格帯のモデルから、製造業務で使えるハイクラスのモデルまで幅広いラインアップが揃っています。ピンからキリまである3Dプリンター。どの価格でどの程度の造形ができるのかを知っておくことで、コストをかけすぎることもなく満足のいく結果を得られます。

3Dプリンター用語集

造形のために積み上げる1層の厚みを指す「積層ピッチ」や造形物を作るために用いられる造形方式の「光造形」など、3Dプリンター業界では当たり前のように使われている用語がたくさんあります。

当サイトでは3Dプリンターを利用する際に知っておきたい用語を30単語以上まとめました。初めて3Dプリンターを導入する方も自分の知識を改めて確認したい方もぜひチェックしてください。

3Dプリンター活用技術検定とは

「3Dプリンター活用技術検定」は、資格検定試験のひとつです。一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)が2017年から主催してスタートしました。試験の内容は7種類ある造形方法やその素材の特徴、造形方法別の工程、CADデータなどの知識が問われます。

業務用3Dプリンターを使っているエンジニアや、製造業、建設設計、医療関係などの3D造形に興味ある人を対象に、年2回行われている検定です。

世界の3Dプリンター業界(プリンター本体、材料、ソフトウェア)の市場が右上がりになっている中、国内の技術者はまだまだ不足しています。2017年に始まったばかりの資格検定ですが、3Dプリンターの基礎知識を持っているとアピールできる検定試験なので、今後活用できる機会が増えそうな資格です。

3Dプリンターと切削加工法の違い

3Dプリンターと切削加工法の大きな違いは、引き算方式と足し算方式の加工方法という点です。切削加工法は、特殊鋼などの工具や工作機械を使用して素材を切ったり削ったりする、引き算方式で考えられています。

一方、3Dプリンターは樹脂や金属を溶かし、1層ずつ積み重ねながら(積層法)形状を作り出す足し算方式の考え方が基本です。

他にも細かな違いがあり、たとえば金型製造の場合は以下のような特徴が出てきます。

3Dプリンターは、試作品の製作や小ロット・バリエーションの多い生産のケースに実力を発揮しますが、大量生産の対応は難しい傾向にあります。

国内で開催されている3Dプリンタ展を調査しました

日本ものづくりワールドは製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」に寄与することを目的とし毎年開催されています。

日本ものづくりワールドは8つの展示会で構成されており、3Dプリンタ展では製造業に関わる方々のほか、試作設計、開発、購買部門、建設業や娯楽業、広告業などの人々が多数来場し、出店企業との活発な商談を行う場となっています。

今回は3Dプリンタ展の特徴や実際に行ってみてどうだったのか、注目の3Dプリンタ技術などもご紹介していきます。また、今後開催を予定している3Dプリンタ展もご紹介します。

バーチャル展示会(バーチャルショールーム)

2020年2月頃から世界的に流行が始まったコロナ(COVID-19)。この影響は多くの業種に影響を及ぼしました。特に人が密集するようなイベントの多くは中止することを余儀なくされてしまいました。そのため3Dプリンターなどを紹介する展示会の開催も困難になってしまったのです。

そこで企業はバーチャル展示会を開催するようになりました。このページではバーチャル展示会と3Dプリンターについて知ることができるバーチャル展示会を紹介していきます。

レンタルやリースはどうなのか

3Dプリンターの価格は購入を決めるには覚悟がいる価格です。まずは試しに使ってみたいと思っていたり、可能ならリース契約で月々の支払いを抑えたいと思ったりしていないでしょうか。このページで3Dプリンターのレンタルとリースについて解説していきます。

3Dプリンター代行サービスについて

3Dプリンターは以前と比べれば安価で購入できるようになってきてはいますが、安いものであればそこまでの品質は期待できず、また20万円以上もするものを買ったとしても目的や使用頻度によってはそこまで高額なものを買う必要はないかもしれません。

そんな方向けに増えているのが、3Dプリントの代行サービスです。このページでは、3Dプリンター代行サービスを利用するメリットとデメリット、さらに依頼から納品までのおおまかな流れなどをまとめています。

知っておきたい「ものづくり補助金」の利用

3Dプリンターの導入はものづくり補助金の対象となります。大企業ではなく、中小企業や小規模事業者に交付される補助金です。ものづくり補助金以外にも3Dプリンター導入時に利用できる制度があります。このページではそれらの制度について簡単に紹介します。

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る