比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » LAMDAシリーズ[日本電産マシンツール]

公開日: |更新日:

CONTENT

LAMDAシリーズ[日本電産マシンツール]

500万円未満の高性能な業務用3Dプリンター特集

日本電産マシンツールから発売されているパウダDED方式(指向性エネルギー堆積法)の3次元金属積層造形装置・LAMDAシリーズについて、製品の特徴やスペックなどをまとめています。

LAMDA200[日本電産マシンツール]イメージ
引用元HP:日本電産マシンツール公式サイト
https://www.nidec.com/jp/nidec-machinetool/product/search/category/B103/M109/S100/NMTJ-lamda/

モデル特徴

様々なニーズに応える金属3Dプリンター

LAMDAシリーズは、技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)が受託した技術開発事業の成果を活用し、日本電産マシンツール株式会社(旧・三菱重工工作機械株式会社)が開発した金属3Dプリンターです。

LAMDAシリーズが採用しているパウダDED(Directed Energy Deposition)方式は、レーザーによって金属粉末を基材とともに溶融・凝固させることで肉盛り溶接を可能としており、その造形速度はパウダベッド方式の約10倍程度ともいわれています。

また、造形箇所に金属粉末を直接供給するため装置の大型化が容易であること、 既存部品への形状付加・補修・コーティングが可能、材料の切り換えによって異種金属の複層造形にも対応できるなど、様々なニーズに応える造形機といえます。

素材コスト削減・納期短縮に寄与

パウダDED方式のメリットとして、肉盛り前提の造形であれば「ニアネットシェイプ」といわれる最終形状に近い寸法の素材を用いて製品形状を仕上げることができます。

これにより、削りしろが多い切削加工に比べて素材コストの削減はもちろん、必要箇所のみを削るため納期の短縮にも繋がります。

さらに、同じ部品の形状バリエーションが必要な場合でも、最終形状に合わせて鋳造型を製作するといった必要がなく、基本形状をベースにそれぞれのフランジ部分を造形することも可能です。

造形材料の酸化を防止するローカルシールド

LAMDAシリーズには3ポート供給タイプと全周供給タイプという2種類のノズルが用意されており、部品形状や精度に応じてノズルの選択が可能。

さらにノズル外周から不活性ガスを噴射することで溶融・凝固位置に局所シールドを付加。金属積層の課題とされる造形中の活性金属の酸化を防止します。

長時間の安定造形を実現するモニタリング機能

レーザーによる金属造形を行なう際、基材の材料種類や形状、造形中の温度などによって金属の溶融する程度が変化していきます。

LAMDAシリーズのモニタリング機能は、レーザー出力を状態にあわせて制御・コントロールすることができるため、長時間の安定造形が可能となっています。

造形サイズ別に3機種をラインナップ

LAMDAシリーズには、造形サイズ別に3機種が用意されています。

最大造形サイズ200×200×200mmの「LAMDA200」は小型部品の造形および造形工法の開発、試作評価に適したモデルです。

さらに最大造形サイズ500×500×500mの「LAMDA500」と2000×1500×1600mm「LAMDA2000」があり、これらはより大型の部品の製造に向いています。

製作に向くタイプ

多品種の少量生産に適している

LAMDAシリーズのパウダDED方式は、多品種少量生産に向いており、大形部品造形にも対応可能です。

また、チタン合金や低熱膨張合金での造形も可能なことから、航空機や宇宙関連の部品やエネルギー・自動車分野といった温度変化の激しい環境に用いられる高機能部品の製作にも適しています。

商品スペック

LAMDA200

導入実績例

LAMDAシリーズの導入事例は見つかりませんでした。

業務用3Dプリンター導入事例と
今後の展望を見る

販売会社

会社名 日本電産マシンツール株式会社
所在地 滋賀県栗東市六地蔵130
3Dプリンターイメージ
500万円未満の高性能な3Dプリンター特集をチェック
       
3Dプリンターイメージ
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、高精細、高強度、短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。

       

【特集】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス
※展示会情報あり

ピックアップ関連記事
SPECIAL

500万円未満の
高性能な業務用3Dプリンター特集

近年、製造品の多様化に伴い、3Dプリンターに求められる機能性においても、性能が重視されることがポイントとなってきています。

ここでは、500万円未満のミドルクラスでありながら、高精細高強度短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。各製品の特徴に加えてショールーム情報もまとめました。

▼左右にスクロールできます▼
▼上下にスクロールできます
製品名 積層ピッチ 最大造形サイズ
(W×D×H)
造形方式 材料などの特徴
アジリスタ
[キーエンス]

アジリスタ[キーエンス]の製品

引用元:キーエンス公式HP
https://www.keyence.co.jp/products/3d-printers/3d-printers/

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.015mm~ 297mm×210mm×200mm インクジェット方式

アジリスタは、国産の3Dプリンターでは数少ないインクジェット方式を採用し、積層ピッチ0.015mmの高精細造形を実現。水溶性のサポート材の為、細部までしっかりと造形でき、部品の組付けまでできる精度を誇ります。

使用可能な材料はUV硬化アクリル樹脂とシリコーンゴム。

樹脂はアクリルに少量のウレタンを配合し、靭性を持たせているため、ネジを締めても割れないことが特徴です。

Mark Two
[Markforged]

Mark Twoの製品画像

引用元:Markforged公式HP:
https://markforged.com/jp/3d-printers

販売代理店の
HP公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.1mm~0.2mm 350mm×132mmx154mm 熱溶解積層方式+
連続フィラメント方式

Mark Twoは、Markforged独自のカーボンファイバー連続繊維を使用できる方式が採用されています。

これは、造形物の内部にカーボンファイバーで骨組みを組成しながら形作っていく方式です。

これにより、高強度の造形が可能になり、製造工程で使う治具や工具、より強度が求められる部品の製造を行うことができます。

G-ZERO
[グーデンベルグ]

G-ZEROの製品

引用元:PR TIMES公式HP:GUTENBERG社製 プロフェッショナル3Dプリンター G-ZEROの販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000057289.html

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.05〜0.250mm 250mmx210mmx200mm 熱溶解積層方式

G-ZEROは、最大500mm/sというスピーディな造形ができます

短時間で造形が可能になり、生産性が向上します。

高速で動くヘッドの振動を抑える技術も搭載し、ハイスピードながら安定感のある造形ができます。

■選定条件
アジリスタ[キーエンス]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高精細」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、インクジェット方式を採用し、積層ピッチが最小の製品として選出
Mark Two[Markforged]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 強度」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、カーボン素材を使用できるもので、唯一、熱溶解積層方式+連続フィラメント方式を採用している製品として選出
G-ZERO[グーテンベルク]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高速」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、造形速度が最速の製品として選出しました。