比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » LAMDAシリーズ[日本電産マシンツール]

公開日: |更新日:

LAMDAシリーズ[日本電産マシンツール]

日本電産マシンツールから発売されているパウダDED方式(指向性エネルギー堆積法)の3次元金属積層造形装置・LAMDAシリーズについて、製品の特徴やスペックなどをまとめています。

LAMDA200[日本電産マシンツール]イメージ
引用元HP:日本電産マシンツール公式サイト
https://www.nidec.com/jp/nidec-machinetool/product/search/category/B103/M109/S100/NMTJ-lamda/

モデル特徴

様々なニーズに応える金属3Dプリンター

LAMDAシリーズは、技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)が受託した技術開発事業の成果を活用し、日本電産マシンツール株式会社(旧・三菱重工工作機械株式会社)が開発した金属3Dプリンターです。

LAMDAシリーズが採用しているパウダDED(Directed Energy Deposition)方式は、レーザーによって金属粉末を基材とともに溶融・凝固させることで肉盛り溶接を可能としており、その造形速度はパウダベッド方式の約10倍程度ともいわれています。

また、造形箇所に金属粉末を直接供給するため装置の大型化が容易であること、 既存部品への形状付加・補修・コーティングが可能、材料の切り換えによって異種金属の複層造形にも対応できるなど、様々なニーズに応える造形機といえます。

素材コスト削減・納期短縮に寄与

パウダDED方式のメリットとして、肉盛り前提の造形であれば「ニアネットシェイプ」といわれる最終形状に近い寸法の素材を用いて製品形状を仕上げることができます。

これにより、削りしろが多い切削加工に比べて素材コストの削減はもちろん、必要箇所のみを削るため納期の短縮にも繋がります。

さらに、同じ部品の形状バリエーションが必要な場合でも、最終形状に合わせて鋳造型を製作するといった必要がなく、基本形状をベースにそれぞれのフランジ部分を造形することも可能です。

造形材料の酸化を防止するローカルシールド

LAMDAシリーズには3ポート供給タイプと全周供給タイプという2種類のノズルが用意されており、部品形状や精度に応じてノズルの選択が可能。

さらにノズル外周から不活性ガスを噴射することで溶融・凝固位置に局所シールドを付加。金属積層の課題とされる造形中の活性金属の酸化を防止します。

長時間の安定造形を実現するモニタリング機能

レーザーによる金属造形を行なう際、基材の材料種類や形状、造形中の温度などによって金属の溶融する程度が変化していきます。

LAMDAシリーズのモニタリング機能は、レーザー出力を状態にあわせて制御・コントロールすることができるため、長時間の安定造形が可能となっています。

造形サイズ別に3機種をラインナップ

LAMDAシリーズには、造形サイズ別に3機種が用意されています。

最大造形サイズ200×200×200mmの「LAMDA200」は小型部品の造形および造形工法の開発、試作評価に適したモデルです。

さらに最大造形サイズ500×500×500mの「LAMDA500」と2000×1500×1600mm「LAMDA2000」があり、これらはより大型の部品の製造に向いています。

製作に向くタイプ

多品種の少量生産に適している

LAMDAシリーズのパウダDED方式は、多品種少量生産に向いており、大形部品造形にも対応可能です。

また、チタン合金や低熱膨張合金での造形も可能なことから、航空機や宇宙関連の部品やエネルギー・自動車分野といった温度変化の激しい環境に用いられる高機能部品の製作にも適しています。

商品スペック

LAMDA200

導入実績例

LAMDAシリーズの導入事例は見つかりませんでした。

販売会社

会社名 日本電産マシンツール株式会社
所在地 滋賀県栗東市六地蔵130
業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る