比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » METHOD[MakerBot]

METHOD[MakerBot]

このページでは、MakerBotが開発した3Dプリンター「METHODシリーズ」について紹介しています。カーボン複合フィラメント対応の「METHOD CARBON FIBER EDITION」を中心に、製品の特徴などをまとめました。

METHOD[MakerBot]イメージ
引用元HP:アルテック株式会社公式サイト
https://www.3d-printer.jp/makerbot/product/method-carbonfiber.html

モデル特徴

高強度・高耐熱性を実現したモデルが登場

MakerBotが開発した「METHODシリーズ」はデスクトップ型の業務用3Dプリンターです。シリーズには「METHOD」「METHOD X」「METHOD CARBON FIBER EDITION」があります。
なかでも「METHOD CARBON FIBER EDITION(メソッド カーボンファイバーエディション)」はナイロンベースの新材料「MakerBot Nylon Carbon fiber」フィラメントを採用しており、高強度かつ高耐熱性を実現。また、メタルドライブギア搭載のヘッド「Model 1c Composite Extruder」に対応しています。さらにMETHODシリーズではフルカラータッチスクリーンを採用しており、操作を直感的に行えるのも嬉しいポイントです。

なお、サポート材には親水性に優れた水溶性サポート材PVAを採用。サポート除去が非常に容易なため、複雑な形状の造形にも適しています。

ヒートチャンバーで温度と品質を制御

METHODシリーズでは造形におけるすべての層の温度制御が可能な「ヒートチャンバー」を搭載しています。そのため熱収縮を防ぎ、モデルの反りや寸法精度の向上につなげています。
「METHOD」「METHOD CARBON FIBER EDITION」ではビルドチャンバは最高60℃ですが、「METHOD X」では最高100℃まで到達可能。高強度が求められるABS造形も行えます。

製作に向くタイプ

強度が求められる器具や部品製作におすすめ

METHODシリーズは強度を確保しながらもブレのない安定した造形を実現しているため、試験や検証用のパーツ製作に向いています。ものづくり現場やデザイナーオフィス、研究室などさまざまな用途で活用できます。
なかでもMETHOD CARBON FIBER EDITION(カーボンファイバーエディション)は複雑な形状の造形が可能なため、治工具や最終製品の造形などに適しています。

商品スペック

METHOD CARBON FIBER EDITION

導入実績例

METHODシリーズの具体的な導入実績について紹介します。

ロボットアーム用カスタムパーツを造形

アメリカにある機械工場でMakerBot METHOD X 3Dプリンターを導入した事例です。ロボットアーム用のカスタムパーツをReal ABSを使用して造形しました。ロボット研磨機アタッチメントは自社で設計し、自動化によって生産工程の効率化を実現しました。

低コスト・短時間での造形を実現

ソーラーパネル技術開発用の試験器具を造形した事例です。以前は安価な3Dプリンターを使用していたものの、キャリブレーションと再造形に時間がかかることがストレスだったそう。そこでMETHODを導入し、低コストかつ短時間で部品の造形を実現。さらにMETHODXも導入し、ABSなどのより高耐熱材料での造形も可能にしました。

販売会社

会社名 アルテック株式会社
所在地 東京都中央区入船二丁目1番1号 住友入船ビル2階
業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る