比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » OPMシリーズ[ソディック]

公開日: |更新日:

CONTENT

OPMシリーズ[ソディック]

500万円未満の高性能な業務用3Dプリンター特集

ソディックのOPMシリーズは、精密金属3Dプリンターです。プラステック製品を製造する際に不可欠な成形金型を製作する際に画期的な性能を発揮します。ソディックのOPMシリーズについて、特徴や導入事例をご紹介していきます。

OPMシリーズ[ソディック]イメージ
引用元HP:ソディック公式サイト
https://www.sodick.co.jp/product/tool/metal_3d_printer/special/

モデル特徴

ワンストップソリューションを実現

ソディックのOPMシリーズでは、精密金属3Dプリンターとして、業界で初めてワンストップソリューションの提供を実現しています。設計から成形加工までのすべての工程をサポートすることに成功した理由は、ワイヤ放電加工機、形彫り放電加工機、射出成形機、マシニングセンタなど、ソディックグループが誇る多彩な技術を連携可能になったためです。3Dプリンターでは、レーザー加工&高速ミーリング加工を1台のマシンで連続しておこなうことが可能で、その金型をもとに、射出成形機までを管理。安定した成形までの工程を効率的に構成しています。

金型積層加工法を採用

OPMシリーズは金属粉末を均一に敷き(リコーティング工程)、その金属粉末をレーザー光で照射することにより溶融凝固させ、その後、回転工具で高速ミーリングによる高精度仕上げ加工を行う全自動機です。高出力のファイバーレーザーにより、高速での金属3Dプリントも可能にしています。主軸には自社製リニアモータとの相乗効果により、高速・高精度な加工を実現します。
さらに、自動工具交換装置や自動工具長測定装置を標準で搭載することで、長時間の連続自動運転を可能としました。

無人自動制御と遠隔地操作

従来の金型製造では、複雑な工程を熟知した金型工のノウハウが必須でした。しかし、OPMシリーズを使用した金属3Dプリンターシステムでは、金型を一体構造化するために高品質な金型を無人で製造することも可能です。また、東京本社の設計部門から、地方の工場での金型製造を制御する遠隔地操作も可能です。

製作に向くタイプ

OPMシリーズでは、プラスチック製品の製造には欠かせない成形金型を製作するための金属3Dプリンターシステムです。プラスチックの射出成形は、金型により、その品質が大きく左右されてしまいます。重要なことは、金型内の温度管理で、OPMシリーズで製作された金型には内部に3次元冷却配管を自由に配置することができます。これにより、金型の冷却ムラを解決し、従来金型では不可能だった超ハイサイクル化と同時に、成形収縮率を最適化することが可能になりました。

商品スペック

OPM350L

OPM250L

導入実績例

ソディック公式HPに事例の掲載はありませんでしたが、OPMシリーズでは、多数のサンプルが用意されています。

例えば、EV用コネクタでは、リブを囲うように冷却配管を配置できる。配管の内部にも切削を行って面粗さを向上させ、φ1.2mmの管内へ十分な量の冷媒を流した構造を実現しています。また、ダクト形状コアでは、一般の工作機械では加工できない湾曲形状内部にも、らせん構造配管を設計磨ることが可能。内部のらせん構造加工を一台のマシンで両立させることもできます。

業務用3Dプリンター導入事例と
今後の展望を見る

販売会社

会社名 株式会社 ソディック
所在地 横浜市都筑区仲町台3-12-1
3Dプリンターイメージ
500万円未満の高性能な3Dプリンター特集をチェック
       
3Dプリンターイメージ
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、高精細、高強度、短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。

       

【特集】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス
※展示会情報あり

ピックアップ関連記事
SPECIAL

500万円未満の
高性能な業務用3Dプリンター特集

近年、製造品の多様化に伴い、3Dプリンターに求められる機能性においても、性能が重視されることがポイントとなってきています。

ここでは、500万円未満のミドルクラスでありながら、高精細高強度短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。各製品の特徴に加えてショールーム情報もまとめました。

▼左右にスクロールできます▼
▼上下にスクロールできます
製品名 積層ピッチ 最大造形サイズ
(W×D×H)
造形方式 材料などの特徴
アジリスタ
[キーエンス]

アジリスタ[キーエンス]の製品

引用元:キーエンス公式HP
https://www.keyence.co.jp/products/3d-printers/3d-printers/

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.015mm~ 297mm×210mm×200mm インクジェット方式

アジリスタは、国産の3Dプリンターでは数少ないインクジェット方式を採用し、積層ピッチ0.015mmの高精細造形を実現。水溶性のサポート材の為、細部までしっかりと造形でき、部品の組付けまでできる精度を誇ります。

使用可能な材料はUV硬化アクリル樹脂とシリコーンゴム。

樹脂はアクリルに少量のウレタンを配合し、靭性を持たせているため、ネジを締めても割れないことが特徴です。

Mark Two
[Markforged]

Mark Twoの製品画像

引用元:Markforged公式HP:
https://markforged.com/jp/3d-printers

販売代理店の
HP公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.1mm~0.2mm 350mm×132mmx154mm 熱溶解積層方式+
連続フィラメント方式

Mark Twoは、Markforged独自のカーボンファイバー連続繊維を使用できる方式が採用されています。

これは、造形物の内部にカーボンファイバーで骨組みを組成しながら形作っていく方式です。

これにより、高強度の造形が可能になり、製造工程で使う治具や工具、より強度が求められる部品の製造を行うことができます。

G-ZERO
[グーデンベルグ]

G-ZEROの製品

引用元:PR TIMES公式HP:GUTENBERG社製 プロフェッショナル3Dプリンター G-ZEROの販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000057289.html

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.05〜0.250mm 250mmx210mmx200mm 熱溶解積層方式

G-ZEROは、最大500mm/sというスピーディな造形ができます

短時間で造形が可能になり、生産性が向上します。

高速で動くヘッドの振動を抑える技術も搭載し、ハイスピードながら安定感のある造形ができます。

■選定条件
アジリスタ[キーエンス]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高精細」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、インクジェット方式を採用し、積層ピッチが最小の製品として選出
Mark Two[Markforged]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 強度」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、カーボン素材を使用できるもので、唯一、熱溶解積層方式+連続フィラメント方式を採用している製品として選出
G-ZERO[グーテンベルク]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高速」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、造形速度が最速の製品として選出しました。