比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【500万円未満】おすすめの3Dプリンター » 【500万円未満】精度重視の3Dプリンター

公開日: |更新日:

CONTENT

【500万円未満】精度重視の3Dプリンター

高精度に対応する積層ピッチと
造形方式を備えた3Dプリンター

業務用3Dプリンターを選ぶ際のポイントとして、精度を判断するために積層ピッチの細かさを基準とされる方も多いかと思いますが、高精細な造形には、造形方式も重要なポイントとなってきます。

特にインクジェット方式は、インクのような微細な状態から物を造形するので、他の造形方法と比べて表面が滑らかに、また繊細な造形が可能になります。

ここでは、精度を重視したミドルクラスの3Dプリンターとして、500万円未満であり、積層ピッチが0.05mm以下、かつ造形方式がインクジェット方式の3Dプリンターを掲載しています。ぜひご参照ください。

アジリスタ[KEYENCE]

アジリスタイメージ
引用元HP:キーエンス公式HP
https://www.keyence.co.jp/products/3d-printers/3d-printers/
  • 造形サイズ:297×210×200mm
  • 本体寸法:944×700×1360mm
  • 重量:188kg
  • 積層ピッチ:0.015~0.020mm
  • 造形方式:インクジェット
  • 対応素材(材料):AR-M2(透明樹脂)、AR-H1(耐熱樹脂)、AR-G1L(低硬度シリコーンゴム)、AR-G1H(高硬度シリコーンゴム)

積層ピッチ0.015mm・
高精細を徹底した3Dプリンター

アジリスタはインクジェット方式を採用しており、積層ピッチ0.015mmを誇ります。またアジリスタは積層ピッチ以外のポイントにおいても、高精度実現のための条件を備えています。

例えばアジリスタでは、水溶性のサポート材を使用しているため、サポート材の取り残しによる誤差なども生じにくく、また高温に加熱した造形を行わないため、温度差による造形品の反りや歪みも抑えられます。

スペックに現れない部分でも、高精度造形が徹底されている点が、アジリスタの大きな特徴です。

Objet30 Pro V5[Stratasys]

Objet30 Pro V5イメージ
引用元:Stratasys公式HP
https://www.stratasys.co.jp/3d-printers/printer-catalog/objet30-printer/
  • 造形サイズ:294×192×148.6mm
  • 本体寸法:826×600×620mm
  • 重量:104kg
  • 積層ピッチ:0.016~0.036mm
  • 造形方式:PolyJet™方式(インクジェット)
  • 対応素材(材料):硬質材料2種、透明材料2種、PPライク材料2種、耐熱材料、ゴムライク樹脂、低価格材料の9種

積層ピッチ0.016mm・9種の材料が使用可能

Objet30 Pro V5は積層ピッチが0.016mmで、高精細造形を可能にしています。滑らかな表面や小さな可動パーツ、細かいディテールや複雑な形状、超薄壁なども正確に再現でき、ハイエンドなラピッドプロトタイピング機に匹敵する精度を誇る3Dプリンターとなっています。

また、硬質材料2種、透明材料2種、PPライク材料2種、耐熱材料、ゴムライク樹脂、低価格材料の9種の材料が使用可能で、幅広い目的に対する造形が可能です。

3DUJ-2207[Mimaki]

3DUJ-2207イメージ
引用元:Mimaki公式HP
https://japan.mimaki.com/product/3d/3d-inkjet/3duj-2207/
  • 造形サイズ:203×203×76mm
  • 本体寸法:1,355×1,290×856mm
  • 重量:140kg
  • 積層ピッチ:0.028mm
  • 造形方式:UV硬化インクジェット方式
  • 対応素材(材料):アクリル系樹脂

積層ピッチ0.028mm・フルカラー造形

3DUJ-2207の特徴は、なんといってもフルカラー造形が可能な点です。UV硬化インクジェット方式を採用し、積層ピッチは0.028mm。高精細な色表現を実現しています。長年2Dプリントで培ってきた印刷技術を生かした精巧な造形も特長です。

またアクリル系樹脂を使用して強度を上げ、ドリル等での穴あけやネジの取り付けも安定します。オーバーコートもできるので、最終製品として耐候性がアップし、より美しく仕上げることができるので、フィギュアやおもちゃなどのグッズデザインにも適しています。

⾼精度3Dプリンター(500万円未満)特集をチェック
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような高精度性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、精度の高い試作品や、治具の造形が可能な、積層ピッチ0.05mm以下の3Dプリンターをご紹介しています。

       

【PR】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス