比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » FORTUSシリーズ[Stratasys]

公開日: |更新日:

CONTENT

FORTUSシリーズ[Stratasys]

シェアNo1(※)の3Dプリンターメーカー、ストラタシスの「fortus」について、商品の特徴を調べました。

※2022年12月調査時点。参照元HP:アルテック株式会社公式HP(https://www.3d-printer.jp/stratasys/about.html)
ストラタシス「fortus」イメージ
引用元HP:Stratasys公式サイト
https://www.stratasys.co.jp/3d-printers/printer-catalog/fdm/fortus-450mc/

モデル特徴

多くのシェアを誇るStratasys 3Dプリンター

Stratasysはアメリカに本拠を構えている3Dプリンター専業メーカーで、3Dプリンターで多くの世界シェアを持っています。Stratasysでは熱溶解積層方式の3Dプリンター「FDM方式システム」のモデルと、インクジェット方式の3Dプリンター「Polyjet方式システム」のモデルのラインアップが揃っています。Fortusは「FDM方式システム」の3Dプリンターで、高い耐久性と耐熱性と持っている高性能なモデルになります。

オフィスにも置ける中型サイズもあり

FortusはStratasysが販売する3Dプリンターの中でも大型造形機にあたります。Fortus250mcだけは中型造形機に含まれ、オフィスにも置けるサイズです。中型ながら積層ピッチも三段階で選ぶことができ、より精巧な造形を実現できます。全9色のABSPlusを材料に採用することで、表現豊かな造形も可能になっています。

製作に向くタイプ

試作品だけでなく、最終製品の生産にも使える

Stratasysが特許を持つ「熱溶解積層法」は、ABS樹脂やポリカーボネート樹脂、PC/ABSアロイ、ULTEM樹脂などさまざまな素材を使用できるのが特徴です。本物のプラスチックを使用できるため、試作品だけでなく最終製品や部品に近い造形物の製作が可能。幅広いもの作りに活躍するモデルです。

商品スペック

※FORTUS 380mc、FORTUS 250mcの情報は2022年12月時点で公式サイトで確認できませんでした。現在は販売が終了している可能性がございますので、詳細はメーカーや販売会社にお問い合わせください。

FORTUS 250mc

FORTUS 380mc

FORTUS 450mc

導入実績例

Stratasysの3Dプリンターは世界中で愛用されていて、日本国内でも販売開始から20年以上と実績があり、確かな信頼があります。学校・研究・歯科・コンシューマ製品・医療・設計・生産など、さまざまな業界でStratasysの3Dプリンターが活躍しています。

販売会社

会社名 丸紅情報システムズ
所在地 (東京本社)東京都中央区新川2-26-3 住友不動産茅場町ビル2号館8階
(大阪営業所)大阪府大阪市中央区城見1-3-7 松下IMPビル19F
⾼精度3Dプリンター(500万円未満)特集をチェック
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような高精度性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、精度の高い試作品や、治具の造形が可能な、積層ピッチ0.05mm以下の3Dプリンターをご紹介しています。

       

【PR】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス