比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【500万円以上】おすすめの3Dプリンター » 【500万円以上】造形方式別3Dプリンター

公開日: |更新日:

CONTENT

【500万円以上】造形方式別3Dプリンター

3D CGデータや3D-CADデータを元に、材料を一層ずつ積層して造形物を作っていく3Dプリンターには複数の造形方式があります。 製造業界では様々な造形方式の3Dプリンターが利用されていますが、3Dプリンターを選定する時には、製造したいものや製造物の品質に合わせて適切な造形方式のものを選ぶ必要があります。

こちらでは500万円以上のおすすめ業務用3Dプリンターを造形方式別に紹介します。編集部独自の視点から、500万円以上かつ公式HP(販売代理店公式HP含む)に用途が明記されている主な製品を紹介していますので、参考にしてみてください。

3Dプリンターの造形方式(このページで紹介している製品の方式)

材料押出堆積法/熱溶解積層法(FDM)/FFF

固形材料を熱で溶かしソフトクリームのように積み重ねることで造形を行います。樹脂を使用できるのでコスパが良いですが、仕上がりや精度や他の方式に比べ粗めです。

INDUSTRIALシリーズ X5/X7[Markforged]

ナイロンにカーボンを加えて強化した「ONYX」を中心に他に類を見ない高性能材料に対応。高い強靭性、強度、耐熱性、安定性、復元力で治具やエンドパーツの造形におすすめです。

製品スペック

<X5>

<X7>

FORTUSシリーズ[Stratasys]

多くの世界シェアを持つアメリカStratasysのFDM方式3Dプリンター。高い耐熱性と耐久性を持つ高性能モデルで試作品から最終製品まで製作できます。

製品スペック

※FORTUS 380mcの情報は2022年12月時点で公式サイトで確認できませんでした。
現在は販売が終了している可能性がございますので、詳細はメーカーや販売会社にお問い合わせください。

<FORTUS 380mc>

<FORTUS 450mc>

Stratasys F900[Stratasys]

一般的な3Dプリンターよりサイズが大きく大型部品製造にも対応可能。航空機用内装部品、金型部品、自動車部品など大型工業用樹脂製品に向いています。

製品スペック

光造形

紫外線で硬化する液体樹脂を使いレーザーを照射しながら造形していきます。造形精度が高く微細な形状も表現できます。

DWSシリーズ DigitalWax 028J[DWS Systems]

20種類以上の樹脂が使用できるため精細なデザインが要求されるジュエリー製作や歯科医療の現場、精密部品製造に向いています。

製品スペック

VECTOR 3SP[EnvisionTEC]

9種類の素材を使用でき、表面の状態や精度を維持しながら高速加工できる独自技術3SPによって複雑形状にも対応。大型造形や自動車部品など工業用製品の製造に向いています。

製品スペック

Rapid Meister ATOMmシリーズ[CMET]

ATOMm-4000はハイエンドマシンながらリーズナブルな光造形ができます。ATOMm-8000は造形エリアが広いので大型モデルも一体造形が可能です。

製品スペック

<ATOMm-4000>

<ATOMm-8000>

Massivit[Massivit 3D Printing Technologies Ltd.]

一般的な3Dプリンターでは実現できないような大型造形ができ、1時間辺り35cmと高速造形を実現。大型の立体広告やディスプレイ製作などに向いています。

製品スペック

<Massivit1800/1800pro>

Massivit1500

※この機種は販売終了しています。2022年12月調査時点

インクジェット/マテリアルジェッティング

液状の紫外線硬化樹脂をヘッドから噴射させて紫外線を照射しながら造形していきます。精度が高く細かな造形ができます。

ProJet MJP3600[3D Systems]

表面が滑らかに仕上がるのでシャープなエッジを表現可能。さまざまなビジネスに対応でき、高い精度とコストパフォーマンスを実現しています。

参照元:iGUAZU(イグアス)公式サイト<http://www.iguazu-3d.jp/product/3d_printer/projetmjp3600/>

製品スペック

<ProJet MJP3600>

<ProJet MJP3600 Max>

ProJet2500 Plus/2500W[3D Systems]

コンパクトサイズでオフィスに設置可能な産業用3Dプリンター。手のひらより大きいサイズの造形にも対応、試作パーツの成形におすすめです。

製品スペック

<ProJet2500 Plus>

<ProJet2500W>

HP Multi Jet Fusion テクノロジー

パウダー状の熱可塑性樹脂を噴射して造形を行っていくHPの独自の造形技術。温度管理とレイヤーごとの造形コントロールで高品質な造形ができます。

HP Jet Fusion 3D 4200[HP]

速い造形スピードと稼働時間引上げにより大幅に生産性が向上、温度管理とレイヤーごとの造形コントロールで高品質な造形が可能です。

製品スペック

※下記の2製品の情報は2022年12月時点で公式サイトで確認できませんでした。
現在は販売が終了している可能性がございますので、詳細はメーカーや販売会社にお問い合わせください。

<HP Jet Fusion 4200 3Dプリンティングソリューション>

<HP Jet Fusion 580/540 3Dプリンティングソリューション>

粉末積層造形法

液状の紫外線硬化樹脂をヘッドから噴射させて紫外線を照射しながら造形していきます。耐久性の高い造形物を作ることができます。

EOS M 290/EOS M 400-4[EOS]

粉末の金属をレーザーで溶融、1層ずつ固めて造形する金属3Dプリンター。高い精度・解像度、表面品質にも優れ、試作品から最終製品まで生産可能です。

参照元:eos e-Manufcturing Solutions<https://www.eos.info/eos-m290>

製品スペック

<EOS M 290>

<EOS M 400-4>

【500万円以上】
精度や強度に優れた高性能な
業務用3Dプリンターを見る

⾼精度3Dプリンター(500万円未満)特集をチェック
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような高精度性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、精度の高い試作品や、治具の造形が可能な、積層ピッチ0.05mm以下の3Dプリンターをご紹介しています。

       

【PR】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス