比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【業種別】3Dプリンターの導入事例と今後の展望

【業種別】3Dプリンターの導入事例と今後の展望

さまざまな業界で導入されている3Dプリンター。どのような事例があるのか、また今後の展望について紹介します。

3Dプリンターが活用されている業界は

現在3Dプリンターはさまざまな業界で活用されています。ここ数年で3Dプリンターの高性能化や低価格化が進んだことで、2020年には3Dプリンター市場規模は世界で210億ドルにもなると予測されているほどです。扱える材料も従来の樹脂だけでなくコンクリートや食品なども可能になってきています。

IT専門調査会社である「IDC Japan」が出した予測によれば、国内3Dプリンタ市場は2021年以降に著しい成長を遂げる可能性が高いとしています。その理由が2020年に世界中で大流行した新型コロナウイルスです。経済がストップするなどの緊急事態に対して、コスト削減や納期短縮が可能となる3Dプリンターの需要は大きく高まりました。部品製造などの事例も多数見られるようになり、新たなビジネス誕生の可能性も示唆しています。同社では、2019~2024年の国内3Dプリンター市場支出額の年平均成長率(CAGR)は6.8%と予測しており、今後益々注目される業界となっていくでしょう。

ここでは、3Dプリンターが導入されている業界別に、どのように使われているのか事例を紹介します。また、今後の展望についても調べてみたので、合わせてご覧ください。

※参照元:「IDC Japan」公式サイト(https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46395620)

製造業(メーカー)

3Dプリンターの中心は依然として製造業がメインです。ものづくりの現場である製造業では生産過程において3Dプリンターを活用することができ、導入によって開発期間やコストなどを削減することができます。今後さらに材料の選択や高性能化によって、製造業の流れが大きく変わることが予想されます。

また、最近では金型そのものを3Dプリンターで製作する事例も出てきました。このメリットとして、コストの大幅カットと時間短縮が挙げられます。こうした魅力もあってか、工場に使用される治具にも3Dプリンターが用いられる事例が増加傾向です。

医療分野

患者一人一人に合わせたオーダーメイドの模型や義手、人工骨など、医療の現場において3Dプリンターの活用が始まっています。内臓を具現化することで説明を分かりやすくしたり、時間がかかっていたオーダーメイドに時間をかけずに高品質で作ることができたりと、3Dプリンターの導入は医療分野において優れた効率を発揮できます。

最近では、注目の医療とされる「再生医療」においても、3Dプリンターの技術が導入されるようになりました。医療に用いる「シリコン製物体」と呼ばれる器具はこれまで1年間に1つ作るのがやっとでしたが、3Dプリンター導入によって9ヶ月で5台の製造が可能になり、研究のスムーズ化に貢献しています。

建築業

模型や建造物の製作にも3Dプリンターが活躍します。現在は模型や見本、プレゼンへの活用がメインですが、今後技術開発が進むことで建築資材の製作や家自体の製作など、3Dプリンターの可能性が期待されています。

今後建築業界で3Dプリンターが益々活躍していきそうな兆候として、都市開発の一貫である橋建造に際し、3Dプリンターの使用がプロジェクトに組み込まれているのです。日本でも、宮内庁のプロジェクトに3Dプリンターが用いられるなど、着実に存在感を高めています。

教育分野

3Dプリンターの導入により、学生が学びやすい環境や3Dプリンター自体を学ぶワークショップが増えています。教科書で学ぶよりも立体造形を目で見たり触ったりするほうが覚えやすく、子ども達がデザインやものづくりをする好奇心をかきたてることができます。

たとえば、地学については紙などで説明をしてもなかなか理解がしづらいのがこれまでの実情でした。しかし、3Dプリンターによってリアルな地形を再現可能になったことで、生徒たちが的確な理解をしやすくなっています。

自動車業界

いままでは自動車の開発や設計、制作で用いられてきた3Dプリンター。近年、欧米企業では、自動車の構成部品も3Dプリンターで制作されるようになりました。米国では、構成部品の75%を3Dプリンターで制作する会社も。転換期を迎えている自動車業界の3Dプリンター事情から目が離せません。

大量生産の際には3Dプリンターよりも従来の方法が適していますが、大型かつ複雑な構造の部品製造が求められる場合に、3Dプリンターが活躍します。日本での導入にはさまざまな課題が依然として残っていますが、それでも徐々に3Dプリンターが浸透しつつあるのは確かです。

フィギュア製造販売業

既にかなりのハイクオリティフィギュアが作れるようになっている3Dプリンター。ワンフェスでもネギを振り回すことで有名なキャラクターのフィギュアやスタイリッシュな造形のチェス、ドクロの意匠を施した指輪や複雑な造形のメカが展示されています。

最近では、3Dプリンターによって写真からフィギュアを製作するサービスが開始されるなど、より幅広い活躍が見られています。日々クオリティーが進歩しているのは確実なため、今後も3Dプリンターの活躍に注目したい業界です。

宇宙・航空機業界

技術の進歩により、3Dプリンターは極めて厳しい基準が求められる宇宙・航空機業においても活躍をし出しています。実際に航空機のエンジン製造に3Dプリンターが使われ始めており、今後益々の活躍が期待できるでしょう。また、宇宙事業においても、人工衛星の一部パーツ製造に3Dプリンターが用いられており、注目です。

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る