比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 知っておくべし!3Dプリンターの基礎知識 » 3Dプリンターの世界シェア

3Dプリンターの世界シェア

現在の3Dプリンターの世界シェアおよび世界シェアが高い注目のメーカーについて調べています。

3Dプリンター市場の成長とメーカー別の世界シェア

アメリカでベストセラーとなった本の中で「第二次産業革命における起爆剤」として紹介された3Dプリンター。

2012〜13年に相次いで特許が失効したことなどに端を発し、この10年あまりで市場は急拡大の様相を呈しています。

従来の3Dプリンターは主に試作機として活用されていましたが、現在は量産部品を製造できる3Dプリンターが多数開発されたことで、その適用範囲が大きく広がりをみせています。

軽量化のニーズが高い航空機や自動車産業はもちろん、アディダス社が3Dプリントの技術を用いてランニングシューズを開発した他、建築工法への導入も進んでおり、オランダではメタル3Dプリント橋が実用化されたり、スペイン・バルセロナで建設中のサグラダ・ファミリアの工期が150年近く縮まったというニュースも記憶に新しいところです。

3Dプリンター市場の拡大に伴い、当然ながらメーカーによる開発競争は激化。現状、大手メーカーである「Stratasys(ストラタシス)」や「3D Systems(3Dシステムズ)」が世界シェアの多くを占めてはいますが、ドイツの「EOS」が金属プリンターで世界トップのシェアを獲得している他、近年では「Markforged(マークフォージド)」「Carbon(カーボン)」「Desktop Metal(デスクトップメタル)」といった小〜中型の3Dプリンターを展開するスタートアップ企業の成長も著しく、市場で大きな存在感を見せており、シェア争いは数ヶ月で変動する可能性もあります。

参照元:【PDF】解説:グローバルな観点から見た3Dプリンターの動向と今後の展開(日本3Dプリンティング産業技術協会)

世界シェアが高い注目の3Dプリンターメーカー

ここでは、世界的にシェアが高く、且つ日本に代理店をもつメーカーを4社ピックアップしています。

シャアが高い=良いとは一概にはいえませんが、実績の面で信頼できる3Dプリンターメーカーといえるでしょう。

Stratasys

Stratasys(ストラタシス)は、アメリカのミネソタ州とイスラエルの2拠点に本社をもつ産業用3Dプリンターメーカーです。

1988年にFDM方式(熱溶解積層方式)という技術の特許を取得。それによって世界初の3Dプリンターが開発されました。

現在でも世界中でトップクラスのシェアを維持しており、まさに業界最大手といえます。

主に手がけているのは業務用の中・大型機で、価格帯も100万〜5,000万円以上とニーズに応じた様々なラインナップを揃えています。

3D Systems

3D Systemsは、アメリカのサウスカロライナ州に本拠を構えており、1980年代から3Dプリンターの製造を手がける老舗企業といえます。

現在使われている3Dプリンター用ファイルフォーマット「stl(Standard Triangulated Language)」形式は、3D Systemsの創業者チャック・ハル氏が発明したことはあまりにも有名です。

取り扱っている3Dプリンターは研究開発向けの小型機から業務用の大型機など幅広く、価格帯は100万〜3,000万円ほどとなっています。

EOS

EOS(Electro Optical Systems)は、ドイツの3Dプリンターメーカーです。業界において30年以上の歴史を誇り、中でも金属3Dプリンターの世界シェアはトップクラスで、「金属3Dプリンターの巨人」とも呼ばれています。

取り扱うのは主に大型機で、価格帯は3,000万円以上となっています。

なお、日本での販売は25年以上に渡ってNTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)が代理店を勤めてきましたが、2017年に日本法人を設立。より踏み込んだ教育とコンサルティングを行なうなど、現在はNDES社の支援という形をとっています。

Markforged

Markforged(マークフォージド)は、2013年に設立したアメリカのボストンに本社を構える3Dプリンターメーカーです。

同社の手がけるカーボンファイバー3Dプリンターは、芯材にカーボンを入れることができる世界初の技術を用いており、「世界で最も革新的な3Dプリンター」ともいわれています。

カーボン3Dプリンターは業務用だけでなく低価格の卓上型も用意。もちろん金属3Dプリンターの製造も手がけるなど幅広いニーズに対応しており、2020年日本国内での販売実績No.1を謳っています。

3Dプリンターのシェアは今後どうなっていくのか

前述のように「Stratasys」「3D Systems」のような大手が世界シェアの多くを占めていますが、2014年当時に比べると両社の時価総額は10分の1ほどに下がっており、後発の企業にそのシェアを脅かされつつあります。

さらに金属3Dプリンターメーカーは「低コスト・高速生産」を活かして着実に成長を遂げています。

特にオフィスなどでの使用を想定したデスクトップ型といわれる3Dプリンターは需要を伸ばしており、今後更なる市場およびシェアの拡大が期待されています。

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る