比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【用途別】おすすめ3Dプリンター » 生産・製造向け

生産・製造向け

何かを作る時には設計、意匠、機能、意匠など確認するために試作品が作られますが、試作品には試行錯誤が欠かせません。また試作品は展示会やイベント、製品の営業の時にも使われます。これまで、試作品をつくるのに多くの時間をかけていましたが、3Dプリンターは製造業において製品の品質向上、効率化、コストダウンだけでなく、在庫管理にも影響を及ぼし、今や製造プロセスをも変化させようとしています。

3Dプリンターは造形方式にもよりますが、プラスチック、ゴムなどの樹脂から銅、チタンなどの金属まで、さまざまな材料を使えます。そのためモックアップや試作品だけでなく、金型、治具、最終品製造など幅広い用途に対応できます。

こちらでは生産や製造用途に向いている産業用3Dプリンターをご紹介します。

生産・製造向きのおすすめ3Dプリンター

MARK TWO[Markforged]

コンパクトなボディでありながらナイロンやカーボンにファイバーを織り込んだ独自素材で高い強度と高精細な造形を実現。治具や部品製造におすすめ。試作品から最終製品まで生産可能です。

製品スペック

INDUSTRIALシリーズ X3/X5/X7[Markforged]

カーボンファイバー対応のデスクトップ型コンポジット積層3Dプリンターです。積層ピッチ0.05mmで広いワークスペースを持った本格的産業用。試作品から最終製品まで幅広く対応可能です。

製品スペック

FORTUSシリーズ[Stratasys]

世界的にもシェアの多いアメリカのメーカー・Stratasys社の高耐熱性と高耐久性の高性能3Dプリンター。試作品から最終製品まで製作できます。

製品スペック

<FORTUS 380mc>

<FORTUS 450mc>

Stratasys F170[Stratasys]

ドラフトモード(エコノミー高速モード)が搭載され、標準モードの3分の1の材料で約2倍のスピード造形が可能な機能型3Dプリンターで、幅広い試作品の製造に対応できます。

製品スペック

Stratasys F900[Stratasys]

一般的な3Dプリンターよりサイズが大きくABS系やPC系などの工業用樹脂素材が使用可能。治具、航空機用内装部品、金型部品、自動車部品といった大型の工業用製品に向いています。

製品スペック

MUTOH Value3D MagiX MF-2200D[MUTOH]

日本の3Dプリンター会社である武藤工業が製造開発、コンパクトサイズでも大型造型ができ、マニュアルなども日本製なので安心。低価格ですが異材種造型や2色造型に対応しています。

製品スペック

HP Jet Fusion 3D[HP]

パウダー状の熱可塑性樹脂を噴射して造形を行っていくHPの独自の造形技術、温度管理とレイヤーごとの造形コントロールで品質の高い造形が可能です。

製品スペック

<HP Jet Fusion 3D 4200プリンター>

MAKERBOT REPLICATOR+[MakerBot]

PCにつながなくてもプリンター本体ディスプレイから直接操作可能。デスクトップサイズなので気軽に試作品を製造でき、製造過程も観察することができます。

製品スペック

EOS M 290[EOS]

粉末の金属をレーザーで溶融し1層ずつ固めて造形していく金属3Dプリンター。高精度、高解像度、優れた表面品質が特徴。試作品から最終製品まで生産可能です。

製品スペック

ZORTRAX M200plus [ZORTRAX]

アルミニウム躯体に高品質パーツを使った強靭な3Dプリンター。ABSによる試作品作りにおいては実績が豊富です。

製品スペック

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る