比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 3Dプリンターの関連ニュース

3Dプリンターの関連ニュース

金属3Dプリント市場の成長率、2027年までに32.5%超と予想

様々な市場調査レポートを提供する「Report Ocean」によると、世界の金属3Dプリンティング市場は2020年〜2027年の期間における成長率が32.5%超になると予想。とりわけアジア太平洋地域では過去最高の成長率を予想しています。

金属粉末を使って層を作り出す金属3Dプリンティングは、その精度の高さからより複雑で小さなデザインにも対応可能とされており、また金属による耐久性の高さから様々な産業・商業向け商品の製造に適している技術です。

金属3Dプリンティングを手がける主要企業は、激化する競争を勝ち抜くために積極的に合併・買収・パートナーシップの構築を進めており、業務提携によって3Dプリント用の新しい金属製品の製造を手がけたり、アメリカのスタートアップ企業がロボット工場の立ち上げにおいてNASAと契約したというニュースもあるなど、今後の市場動向からますます目が離せません。

※参照元:「MONOist」公式サイト(https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2103/26/news020.html)

インスタリム社が3Dプリント義足の日本向け製品を発表

インスタリム株式会社(東京都千代田区)は、世界初となる3Dプリント義足「Instalimb Type-L」「Instalimb Type-E」の日本向け製品を発表。

同社では2019年よりフィリピンにて発売を開始しており、すでに200名以上のユーザーを獲得。その実績をベースに日本のニーズに合わせた義足を開発しました。

これまでの義足は1本30~100万円(スポーツ用は50万~100万円以上)とされ、納期も2〜3週間かかるとされていましたが、インスタリムの義足は3Dプリンタと3Dモデリングの技術によって価格を約10分の1程度に抑えることに成功、より短期間で納品できるそうです。

また「靴を脱ぐと疲れやすい」という課題についても、踵に高さをつけないことでより疲れにくくなっていたり、防水性のため海・プール・温泉などでも利用できるとのこと。

軽運動用「Instalimb Type-E」であれば走ったりジャンプなども可能。気軽にスポーツができるなど、3DプリントによってQOLの向上にも寄与しているとしています。

※参照元:「MONOist」公式サイト(https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2102/19/news019.html)

Stratasys社がフルカラーなしの3Dプリンタを発表

ストラタシス社(米国ミネソタ州)は、同社のPolyJet方式3Dプリンタ・J8シリーズの新製品「Stratasys J850 Pro」を発表。

これは、フルカラーでの造形を必要としないニーズに向けたフルカラーなしの3Dプリンタであり、これまでの製品に比べより手頃な価格となっています。

主なターゲットは個人・家庭向け製品、自動車、医療機器などとする他、概念検証・デザイン検証・機能検証向けのプロトタイプ製作などが容易となっており、パーツ当たりの製造コストも約半分に抑えられるそうです。

なお、フルカラーに対応するPrimeバージョンへのソフトウェアアップグレードも可能となっています。

※参照元:「MONOist」公式サイト(https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2102/05/news030.html)

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る