比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » INDUSTRIAL X3/X5/X7[Markforged]

INDUSTRIAL X3/X5/X7[Markforged]

Markforged(マークフォージド)社のMark X(INDUSTRIALシリーズ)は、カーボンファイバー対応のデスクトップ型コンポジット積層3Dプリンター。コンポジット積層と新・金属積層方式対応のMarkforgedの3Dプリンターは強度、耐熱性を備えた最終部品をオンデマンド生産します。

Mark X(INDUSTRIALシリーズ)イメージ
引用元HP:Markforged公式サイト
https://markforged.com/3d-printers/x7

FDM方式をベースに、強度の高い特殊材料にも対応したユニークな3Dプリンターです。強靭で高品質な部品の製作ができる3Dプリンターの導入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

モデル特徴

本格的な工業生産向けカーボンファイバー対応の3Dプリンター

世界初(※)のカーボンやナイロンにファイバー素材を織り込んだ、独自の造形材料により極めて高い強度と高精細な造形を実現した本格的な工業向け3Dプリンター。

Markforgedのデスクトップ型シリーズの中でも、広いワークスペースと最小0.05mmの積層ピッチの高性能な技術を備えた、生産性を重視したモデルです。

カーボンファイバーを利用したコンポジット積層やMIM(金属粉末射出成型法)と、AM技術を融合した、新しい金属積層方式により強度を極限にまで高めた造形を実現。プロトタイプ製造から最終製品まで造形することができます。さらに、INDUSTRIALシリーズの最上モデルであるX7では、レーザー計測による自動検査を搭載しており、正確で高品質な造形を支援してくれます。

※2014年2月にMarkforgedより発表された3Dプリンター「MARKOne」が実現。参照元:Composites 2.0(https://www.rs.tus.ac.jp/composites2/workshop.html)/Engadget 日本版(https://japanese.engadget.com/jp-2014-02-19-3d-mark-one-4999-8799.html)

他に類を見ない高性能な材料

強靭なナイロンに微小なカーボンを加え強化した「ONYX」を中心に、高い強度を持つ材料に対応しています。ONYXという材料は、ナイロンに微小なカーボンを組み合わせた高い強度を誇る素材で、Mark forgedでは核となります。

プラスチックの2倍の強度と高い耐熱性を持っており、工業製品など高い強度を要する業界に適したパーツを造形することが可能です。なお、最上モデルであるX7は「ケブラー」や「ファイバーグラス」、高温高耐熱の「HSHTファイバーグラス」にも対応しています。

また、Markforgedでは2019年には4つの新材料を発表しました。

「ONYX FR」は高強度、低重量、難熱性に優れ、航空宇宙や自動車、防衛産業など強靭な品質を必要とする用途で活躍します。また、最近だと腐食や高温に非常に強い、ニッケルベースの超合金である「インコネル625」を販売しています。インコネル625は複数の熱サイクルによって損なわれることはなく、なんと最大1000℃の温度にも耐えることができます。この特性を生かし、航空宇宙だけでなく、化学や海水・オフショアなどの産業で活用されています。

Markforgedでは継続的なイノベーションを行うことで、ますます産業用3Dプリント界をリードしています。

レーザー型造形テーブルのレベリング調整

MarkforgedXシリーズではプリンターに造形テーブルのレベリング調整機能を搭載しています。この機能は、レーザーマイクロメーターを使って1μmの精度で造形テーブルを測定し平面を調整、高精度の造形をサポート。さらに、X7プリンターのみ搭載している「レーザー型インスペクション」という機能では、造形中の断面をスキャンしながら、ソフトウェアの形状モデルと比較、造形物の精度を確認します。これにより最高レベルの品質管理が可能となっています。また、X7プリンターにはプリント速度を2倍にする「ターボプリント」機能が搭載されているのも特徴です。FFF(熱溶解積層)方式とCFF(連続長繊維積層)方式、2つの技術を組み合わせた3Dプリンターとなっており、ノズルを2つ内蔵しているため高強度かつ軽量な部品の造形が可能となります。

使いやすいプリントソフトウェアの導入

Markforged独自のプリントソフトウェアである「Eiger」は、ユーザーフレンドリーな仕様になっており、簡単な操作で3Dプリンターの造形を強力サポートしてくれます。ハードウェアを購入する場合は通常、制御やユーザーインターフェイスソフトウェアを実行するために、追加のコンピューターが必要となります。

しかし、Markforgedではそのような機器ごとのコンピューターを必要とせず、Eigerのクラウドベースのプラットフォームの利用が可能です。スライスでの簡単なアクセスに加え、Markforged3Dプリンターはすべてこのソフトウェアに接続されており、アカウントでログインすればプリントスケジュールの管理が可能となります。リアルタイムで進捗を確認することができるだけでなく、離れたところからでもプリンタジョブの管理を行えるようになっています。

また、自動更新によりログインするたびにEigerソフトウェアがアップデートされた状態に保たれるため、新しいマテリアルの情報なども簡単に得られるため、更新作業も不要です。

製作に向くタイプ

本格的な工業生産に向く3Dプリンター

高い強靭性や強度、耐熱性や安定性を誇るMarkforged3Dプリンターでは治具やエンドパーツの製作に最適です。カーボンファイバーを利用した高い強度を持つ部品の最終製品を高品質で製作できるので、本格的な工業・産業で活躍します。

コンパクトなデスクトップ型なので、会社のオフィスや設計室に置くことも可能です。 また、最上モデルとなるX7では、強度耐熱ファイバーグラスや、ケブラーなど特殊な材料にも対応しているので、活躍の幅も大いに広がるでしょう。「Onyx FR」では高強度、高精度、難熱性が必要となる航空宇宙山号や防衛産業、自動車産業で多いに活用できます。「インコネル625」では腐食や高温と低温を繰り返すような過酷な環境にも耐えうることができるのでジェットエンジンや医療の現場で活用されています。

商品スペック

X3

X5

X7

導入実績例

Markforgedの「INDUSTRIAL」はその性能の高さから、船舶用エンジンおよびエネルギー関連のサービスを提供しているフィンランドの会社「バルチラ」に導入されています。具体的には、リフトツールのようなアイテム製造において、3Dプリンターを活用。機能的かつ高品質でありながら、非常に高速でリーズナブルな価格となっており、大変メリットの多いものとなっています。実際、バルチラは3Dプリンターを導入したことによって出荷時間削減と倉庫内のスペース確保に大いに貢献しました。このツールは軽量かつコンパクトで、持ち運びが簡単な点もポイントです。

販売会社

会社名 アイグローバル株式会社
所在地 千葉市中央区中央3-13-7 コスモ千葉中央ビル405号
業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る