比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 知っておくべし!3Dプリンターの基礎知識 » バーチャル展示会

公開日: |更新日:

CONTENT

バーチャル展示会

500万円未満の高性能な業務用3Dプリンター特集

2020年2月頃から世界的に流行が始まったコロナ(COVID-19)。この影響は多くの業種に影響を及ぼしました。特に人が密集するようなイベントの多くは中止することを余儀なくされてしまいました。そのため3Dプリンターなどを紹介する展示会の開催も困難になってしまったのです。そこで企業はバーチャル展示会を開催するようになりました。このページではバーチャル展示会と3Dプリンターについて知ることができるバーチャル展示会を紹介していきます。

バーチャル展示会とは

バーチャル展示会は今まで人が集まって開催していた展示会を、オンライン上のバーチャル空間で行うことです。オンライン展示会と呼ばれることもあります。企業のプロダクトやサービス紹介だけでなく、モーターショーやオープンキャンパスなどさまざまな分野で行われるようになっています。オンラインチャット機能やVR(ヴァーチャルリアリティー)技術を活用してウェブ上で国内に限らず、世界規模の展示会も開かれているのです。インターネット環境があればアクセスできるため、さまざまな地域に住んでいる人に来てもらえるのがメリットでしょう。

3Dプリンターを知れるバーチャル展示会

3Dプリンターのバーチャル展示会を開催したのは、アメリカにある3Dプリンターの大手メーカースリーディーシステムズです。このバーチャル展示会ではスリーディーシステムズのフィル・シュルツ・エグゼクティブバイスプレジデントと、ラドヒカ・クリシュナン・エグゼクティブバイスプレジデント兼ソフトウェア・ジェネラルマネージャーがキーノートセッションを行いました。このキーノートセッションでは、アジャイル・マニュファクチャリングの強みや、新しいデジタル・マニュファクチャリング・ワークフローの流行などについて解説されたようです。

日本においても、オンラインのみで実施されるバーチャル展示会、またオンラインとリアルを組み合わせた形での展示会が盛んになりつつあります。これまで展示会場のみで行われていた、3Dプリンターメーカーの担当者や、3Dプリンターを現場で使用している製造企業の担当者などによるトークセッションに、オンラインで参加することができます。

さらに企業によっては、独自に動画セミナーの配信やウェビナーを開催するケースも増えてきています。ウェビナーとはウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を合わせた造語です。バーチャル展示会と同様に場所や参加人数の制限を受けずに開催できることから、新型コロナウィルスの流行もあって利用が急増しています。ウェビナーでは3Dプリンター製品紹介にとどまらず、導入事例も紹介してくれるので参考になるでしょう。またリアルタイムで質疑応答をしながら、製品に対する理解を深めることができます。

バーチャル展示会もウェビナーも事前申し込みが必要なので、出展者側が参加者1人ひとりを把握可能です。事前質問にも答えてくれるので、リアル展示会よりも詳しい話や知りたいことを確実に答えてもらえるので、今後もバーチャル展示会は開催されていくでしょう。

3Dプリンターイメージ
500万円未満の高性能な3Dプリンター特集をチェック
       
3Dプリンターイメージ
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、高精細、高強度、短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。

       

【特集】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス
※展示会情報あり

ピックアップ関連記事
SPECIAL

500万円未満の
高性能な業務用3Dプリンター特集

近年、製造品の多様化に伴い、3Dプリンターに求められる機能性においても、性能が重視されることがポイントとなってきています。

ここでは、500万円未満のミドルクラスでありながら、高精細高強度短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。各製品の特徴に加えてショールーム情報もまとめました。

▼左右にスクロールできます▼
▼上下にスクロールできます
製品名 積層ピッチ 最大造形サイズ
(W×D×H)
造形方式 材料などの特徴
アジリスタ
[キーエンス]

アジリスタ[キーエンス]の製品

引用元:キーエンス公式HP
https://www.keyence.co.jp/products/3d-printers/3d-printers/

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.015mm~ 297mm×210mm×200mm インクジェット方式

アジリスタは、国産の3Dプリンターでは数少ないインクジェット方式を採用し、積層ピッチ0.015mmの高精細造形を実現。水溶性のサポート材の為、細部までしっかりと造形でき、部品の組付けまでできる精度を誇ります。

使用可能な材料はUV硬化アクリル樹脂とシリコーンゴム。

樹脂はアクリルに少量のウレタンを配合し、靭性を持たせているため、ネジを締めても割れないことが特徴です。

Mark Two
[Markforged]

Mark Twoの製品画像

引用元:Markforged公式HP:
https://markforged.com/jp/3d-printers

販売代理店の
HP公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.1mm~0.2mm 350mm×132mmx154mm 熱溶解積層方式+
連続フィラメント方式

Mark Twoは、Markforged独自のカーボンファイバー連続繊維を使用できる方式が採用されています。

これは、造形物の内部にカーボンファイバーで骨組みを組成しながら形作っていく方式です。

これにより、高強度の造形が可能になり、製造工程で使う治具や工具、より強度が求められる部品の製造を行うことができます。

G-ZERO
[グーデンベルグ]

G-ZEROの製品

引用元:PR TIMES公式HP:GUTENBERG社製 プロフェッショナル3Dプリンター G-ZEROの販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000057289.html

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.05〜0.250mm 250mmx210mmx200mm 熱溶解積層方式

G-ZEROは、最大500mm/sというスピーディな造形ができます

短時間で造形が可能になり、生産性が向上します。

高速で動くヘッドの振動を抑える技術も搭載し、ハイスピードながら安定感のある造形ができます。

■選定条件
アジリスタ[キーエンス]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高精細」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、インクジェット方式を採用し、積層ピッチが最小の製品として選出
Mark Two[Markforged]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 強度」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、カーボン素材を使用できるもので、唯一、熱溶解積層方式+連続フィラメント方式を採用している製品として選出
G-ZERO[グーテンベルク]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高速」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、造形速度が最速の製品として選出しました。