比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » Bellulo[システムクリエイト]

公開日: |更新日:

CONTENT

Bellulo[システムクリエイト]

500万円未満の高性能な業務用3Dプリンター特集

株式会社システムクリエイトの業務用3Dプリンター、Belluloを調査。Belluloの造形方式や、どのような製造現場に向いているか特徴について紹介します。滑らかな造形と設計したデザインの再現性が高い3Dプリンターを探している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

業務用3Dプリンター・Belluloイメージ
引用元HP:システムクリエイト公式サイト
https://systemcreate-inc.co.jp/products/3dprinter/bellulo_overview.html

モデル特徴

カスタマイズ性の高い3Dプリンター

業務用3Dプリンターは、単に樹脂成型を行うシンプルな機構ではなく、ノズル形状や口径・ヘッドユニットの設計・加工時に発生する熱の分散など、さまざまな機能が含まれた複雑な機械です。

その点においてBellulo(ベルロ)は、カスタマイズ性の高さや優れた加工性のある3Dプリンターである点が特徴的です。ノズル径の変更ができる点やさまざまなサイズを用意している点、そして造形時の熱を抑えるといった機能が搭載されています。

さまざまなサイズを用意

Bellulo(ベルロ)は、さまざまなサイズを用意している点にも注目。幅広いユーザーニーズに応えられるよう、以下のようなサイズの3Dプリンターを販売しています。

さらに特殊仕様としてBellulo 700など、大型造形に対応した3Dプリンターも提供しているので、さまざまな製品サイズに対応可能です。

Bellulo 200など、コンパクトタイプは設置面積400mmに対して、200mm角の造形までできる設計効率の良さも魅力的でしょう。

樹脂の反りやねじれを抑えるテーブル

3Dプリンターが使用している材料は樹脂、つまりプラスチックです。そして加工する際は、熱で溶かした液状の樹脂を放出し、形状を作り出します。しかし造形された製品は、端と中心でテーブルとの温度差が大きく異なるため、端の部分が反りやすいのです。

さらに温度差が発生する原因は、製品を支えるテーブルが常温のため。Belluloは、テーブルと熱を持った樹脂との温度差を抑えるために、加温式テーブルを実装しました。テーブルを一定の温度まで加熱することで、製品全体との温度差を抑えるよう工夫しています。

芸術作品や精度を高めたモデルを作りたい場合は、とくに必要な機能といえるでしょう。

ノズル横に設置された冷却ファン

3Dプリンターは1層ずつ樹脂を乗せる仕組みのため、成形済みの層が冷却しきらないうちに次の層を作り出すと、形状のゆがみや不良につながります。しかし、成形した層の自然冷却を待つために、造形速度を遅くしてしまうと実用性に欠けてしまうのがネック。

Belluloでは、造形速度も保つためノズル横に冷却ファンを設置。材料となる樹脂の冷却・硬化を早めながら、成形加工を継続します。

冷却ファンの設置は、作業効率の維持や品質向上などのメリットを得られる画期的な設計といえるでしょう。

製作に向くタイプ

3Dプリンターを初めて導入する現場

Belluloでは、初心者も操作・覚えやすいSimplify3Dを採用しています。Simplify3Dとは、スライスソフトの一種で、設計データを3Dプリンター用に変換するためのソフトです。

また、単に変換するだけでは意味がありません。熱による変形箇所や内部構造の最適化などを検証できるのが、スライスソフトの大きな特徴で、シミュレーション機能も実装しています。しかしスライスソフトは、専門性の高いソフトのため初心者や3Dプリンターに慣れていない現場では、扱いにくい側面もありました。

その点Simplify3Dは、初心者から上級者まで幅広く利用されることを想定しており、シンプルな使い方(複雑な設定を除き、変換と出力だけを行うなど)にも対応しています。

初めて3Dプリンターを導入する現場は、Belluloがおすすめでしょう。

製品スペック

Bellulo 200

3Dプリンターイメージ
500万円未満の高性能な3Dプリンター特集をチェック
       
3Dプリンターイメージ
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、高精細、高強度、短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。

       

【特集】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス
※展示会情報あり

ピックアップ関連記事
SPECIAL

500万円未満の
高性能な業務用3Dプリンター特集

近年、製造品の多様化に伴い、3Dプリンターに求められる機能性においても、性能が重視されることがポイントとなってきています。

ここでは、500万円未満のミドルクラスでありながら、高精細高強度短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。各製品の特徴に加えてショールーム情報もまとめました。

▼左右にスクロールできます▼
▼上下にスクロールできます
製品名 積層ピッチ 最大造形サイズ
(W×D×H)
造形方式 材料などの特徴
アジリスタ
[キーエンス]

アジリスタ[キーエンス]の製品

引用元:キーエンス公式HP
https://www.keyence.co.jp/products/3d-printers/3d-printers/

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.015mm~ 297mm×210mm×200mm インクジェット方式

アジリスタは、国産の3Dプリンターでは数少ないインクジェット方式を採用し、積層ピッチ0.015mmの高精細造形を実現。水溶性のサポート材の為、細部までしっかりと造形でき、部品の組付けまでできる精度を誇ります。

使用可能な材料はUV硬化アクリル樹脂とシリコーンゴム。

樹脂はアクリルに少量のウレタンを配合し、靭性を持たせているため、ネジを締めても割れないことが特徴です。

Mark Two
[Markforged]

Mark Twoの製品画像

引用元:Markforged公式HP:
https://markforged.com/jp/3d-printers

販売代理店の
HP公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.1mm~0.2mm 350mm×132mmx154mm 熱溶解積層方式+
連続フィラメント方式

Mark Twoは、Markforged独自のカーボンファイバー連続繊維を使用できる方式が採用されています。

これは、造形物の内部にカーボンファイバーで骨組みを組成しながら形作っていく方式です。

これにより、高強度の造形が可能になり、製造工程で使う治具や工具、より強度が求められる部品の製造を行うことができます。

G-ZERO
[グーデンベルグ]

G-ZEROの製品

引用元:PR TIMES公式HP:GUTENBERG社製 プロフェッショナル3Dプリンター G-ZEROの販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000057289.html

公式HPで
製品の特徴を
チェック

詳細を見る

0.05〜0.250mm 250mmx210mmx200mm 熱溶解積層方式

G-ZEROは、最大500mm/sというスピーディな造形ができます

短時間で造形が可能になり、生産性が向上します。

高速で動くヘッドの振動を抑える技術も搭載し、ハイスピードながら安定感のある造形ができます。

■選定条件
アジリスタ[キーエンス]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高精細」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、インクジェット方式を採用し、積層ピッチが最小の製品として選出
Mark Two[Markforged]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 強度」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、カーボン素材を使用できるもので、唯一、熱溶解積層方式+連続フィラメント方式を採用している製品として選出
G-ZERO[グーテンベルク]……2023年7月19日、Googleで「3Dプリンター 高速」と検索して表示された50万円以上500万円未満の製品のうち、造形速度が最速の製品として選出しました。