比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 導入したらこんなことも!?3Dプリンターでできること » 3Dプリンターによる筐体設計

公開日: |更新日:

CONTENT

3Dプリンターによる筐体設計

500万円未満の高性能な業務用3Dプリンター特集

筐体設計において3Dプリンターを活用する事例が増えている背景

3Dプリンタ製作中イメージ

現在、3DCADが一般的になったことから、3Dモデルの確認がパソコンの画面で行えるようになりましたが、実際の組み立てや手触りなどについては現物の確認が大切です。中でも筐体設計については、クライアントや関連部署間でのコミュニケーションが非常に重要であるという面があります。

このような場合にも、3Dプリンターを使用することによってすぐに現物を造形でき、部署間でのコミュニケーションも現物を見ながら行えるためスムーズに進められる、といったように大きな役割を果たしています。以上のような点から、筐体設計において3Dプリンターを活用する例が増えているといえるでしょう。

3Dプリンターで筐体設計を行うメリット

メリットイメージ

必要なタイミングで造形モデルが用意できる

3Dプリンタの導入により、試作品を自社で設計・製作できるため、時間をかけずに造形モデルを用意できるようになります。

この造形モデルがあることで現物を使った説明が可能となり、さまざまな部門間でのコミュニケーションが円滑に進むことが期待できます。現物を見ながらさまざまな意見を交わせますし、伝達ミス・誤解の発生も防げるといったメリットがあります。

設計精度を高められる

3Dプリンタで造形した現物を用いてコミュニケーションを行うことで、設計精度が向上して設計者への手戻りを抑えるといった点も期待できるでしょう。手戻りを防げれば、商品開発も迅速に行えるようになります。また、試作が可能となる点から評価を行う機会も増え、より設計精度を高めることにつながります。

低コスト・短納期を実現できる

上記の通り、これまで設計者が労力をかけていた他部門との調整業務に関する負担を軽減でき、設計業務への注力が可能となります。この点からも設計精度が向上し、手戻りも抑えられることから商品開発のスピードを上げられる点に加えてコストの削減も可能となります。

3Dプリンターで筐体設計を行った活用事例

事例イメージ

3Dプリンターを筐体設計に活用する場合、これまでは頻繁に実施することが難しかった試作品を使った検証も可能となります。例えば、他の部品との検証やかみ合わせの検証においては、金属・プラスチックの接合に使われるスナップフィットのように、本来であれば実物がないとかみ合わせチェックが難しいものについても手軽に検証を行えます。この検証により、もしかみ合わせに問題があると判断された場合は、詳細設計の段階に進む前に設計見直しなどについて検討が可能となります。

また、試作を行うことによって筐体の機能検証もできます。例えば水栓金具やシャワーヘッドを3Dプリンタで造形して実際に水を流して機能面を確認したり、パソコンの筐体を試作して部品の干渉や冷却・放熱性の検証を行うといったことが可能になります。そのほか、金型の製作が間に合わない場合に3Dプリンターで製作したモデルをそのままマスターモデルとして使用する、といったことも可能となります。

筐体設計ができる3Dプリンターメーカー

フィラメントイメージ

500万円以下の業務用3Dプリンター

アジリスタ[キーエンス]

インクジェット方式を採用している3Dプリンターであり、独自のノズル構造により高い精度での造形を実現できます。材料として透明樹脂とゴムを切り替えて使用できる点、水溶性のサポート材を使用しているため、入り組んだ形状でも手間なく除去が可能である点も特徴といえるでしょう。また、本体にハードディスクが搭載されていないことから、瞬停によって故障する心配もありません。

Mark Two[Markforged]

造形方式にはMEX/材料押出(FDM)を採用しており、カーボンファイバーに対応しており、高強度・高性能な部品の造形が可能な3Dプリンター。また、高性能なプリンタであるにもかかわらず、コンパクトサイズである点も特徴のひとつです。

さらにMEX方式を採用しているため、運用やメンテナンスを手軽に行えるようになっています。初めて3Dプリンターを導入する場合でもすぐに運用可能でしょう。

G-ZERO[グーデンベルグ]

FFF式の3Dプリンター。超高速造形を実現している点が特徴となっているため、設計検証もスピードアップが期待できるとともに、中量生産が可能である点も特徴となっています。また、その造形スピードから時間的な制約によって諦めていた大きさの造形物にも対応できるようになっています。この点から、これまで外注せざるを得なかった試作物についても、手元での製造を行えます。

500万円以上の業務用3Dプリンター

X7[Markforged]

生産性を重視しているハイエンドカーボンファイバー3Dプリンターであり、造形方式はMEX/材料押出を採用しています。また、ヘッドに内蔵されているレーザーの使用によって、高い精度の造形を可能としている点が特徴です。さまざまな材料を使用でき、プラスチック材料のOnyxのほか、ベース材として難燃性の材料やESDの材料も使用可能となっています。

StratasysJ35 Pro[Stratasys]

コンパクトであるとともに低メンテナンス設計、静音といったようにオフィス向けの設計が行われている3Dプリンター。最終的な製品と同様の外観や感触などを持つプロトタイプの製作ができるため、デザインに関する意思決定も早くなることが期待できます。さらに、マルチマテリアル対応となっており、機能設計・コンセプトモデリングに対応が可能。造形方式はマテリアルジェッティングを採用しています。

ProJet® MJP3600 Max[3D Systems]

プリントヘッドの改良によって、スピーディーな造形が可能となっている点に加え、強力なデータ処理機能を備えている点が特徴。試作や鋳造、最終用途品の造形を行うといったように、幅広い範囲で高い生産性を発揮できる点もポイントとなっています。高い精度の造形を実現できる3Dプリンタであり、造形方式はマテリアルジェッティングとなっています。

3Dプリンターイメージ
500万円未満の高性能な3Dプリンター特集をチェック
       
3Dプリンターイメージ
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、高精細、高強度、短納期で造形できる3Dプリンターをそれぞれ紹介します。

       

【特集】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス
※展示会情報あり

ピックアップ関連記事