比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【業種別】3Dプリンターの導入事例と今後の展望 » 宇宙・航空機業界

宇宙・航空機業界

注目の技術として開発が進み続けている3Dプリンターは、常に新しいテクノロジーが求められている宇宙・航空機業界においても活用されつつあります。部品の試作などに用いられるだけでなく、従来の部品の試作・開発分野においても活用され始めており、今後も幅広い活躍が期待できるでしょう。実際、既に宇宙・航空機業界における多くの場面で3Dプリンターは用いられ始めています。ここでは、宇宙・航空機業での3Dプリンター活用事例や3Dプリンターの技術革新に関するニュースを紹介していきましょう。

航空業界における3Dプリンターとは

より柔軟な航空機製造が期待できる

航空機を製造する際には、膨大なパーツが重要となっており、1機に300万点もの部品が存在します。航空機である以上、その部品一つひとつには非常に厳しい品質基準や工程の管理などが求められるのは間違いありません。そのため、高いコストや長期の時間が生じるのは避けられないでしょう。しかし、3Dプリンターによってこうしたアイテムを設計すると、部品によっては一体化した状態で製作できるパターンも存在し、部品の数そのものを減らせる可能性があります。部品数が少なくなればメンテナンスの手間削減にもつながるため、管理工数削減が期待できるでしょう。

また、航空機製造において3Dプリンターを活用すれば、より柔軟な製造方法が選択できるようになります。型成形で製造する場合には、型がある場所でしか製造できないのが課題ですが、3Dプリンターを用いることで「運搬」という選択肢も選べるようになるでしょう。加えて、3Dプリンターによる部品製造であれば、設計の仕様変更などについて短縮が期待できます。また、納品後の改良やデザイン変更についても従来の型成形より柔軟かつ素早い対応が期待できるなど、大きな可能性を秘めているのです。

導入事例

3Dプリンターによるエンジン試作

プライベートジェット「セスナ・ディナリ」などに搭載されるターボプロップエンジン「GE Catalyst」は、構成部品の1/3以上を3Dプリンターで製作しているのが特徴です。3Dプリンターの強みとして、型を必要とせず、3Dデータをそのまま出力するのみで製作まで進められる点が挙げられます。こうした理由により、設計・試作・製造で生じる期間の大幅な短縮が可能です。航空機の部品製造で必要となる試作・試験の繰り返し期間を短縮化することで、従来であれば6年はかかるとされるエンジンの開発を、2年で達成できました。

宇宙の人工衛星にも3Dプリンターが活躍

3Dプリンターは航空機だけでなく、宇宙事業でも活用されています。その一例となるのが、日本の人工衛星「ほどよし」です。高さ700mm~800mm、幅・奥行きは約500mm、重量約50~70kgの小型衛星である「ほどよし」は、地上撮影、再起動実験などの任務を担っています。この「ほどよし」の試作には3Dプリンター「Dimension SST 1200es」が使用されており、プロジェクトスタートから機体完成までを2~3年程度で成し遂げました。

宇宙・航空機業における3Dプリンターの今後の展望

宇宙・航空機業における3Dプリンターの活用は、現在のところ課題が山積みとなっています。しかし、3Dプリンターの懸念点を解決できるような周辺技術・品質管理方法の開発がされることで、徐々に活用の実現が進められているのは間違いありません。今後は課題解決のために人材や予算が増えることも予測されており、益々3Dプリンターが宇宙・航空機業に進出していくでしょう。

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る