比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » CERAMAKER C900[新東Vセラックス]

公開日: |更新日:

CONTENT

CERAMAKER C900[新東Vセラックス]

このページでは、新東Vセラックス株式会社の3Dプリンター「CERAMAKER C900」について紹介します。CERAMAKER C900の特徴や推奨される製造タイプ、製品スペックなどをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

CERAMAKER C900[新東Vセラックス]イメージ
引用元HP:CERAMAKER C900公式サイト
http://vcerax.sinto.co.jp/3dprinter/

モデル特徴

独自のテクノロジーで強度や密度を実現

CERAMAKER C900には新東Vセラックス株式会社独自のテクノロジーを採用しており、高精度かつ高強度の造形を実現しています。
造形方式は液槽光重合法(光造形法)であり、ペースト材は光硬化性樹脂のバインダーにセラミック粉末を高密度で充填した3DMIX。3DMIXを紫外線レーザーで硬化させ、脱脂・焼結を経て強度・密度ともに優れた成形品が完成します。
なお、CERAMAKERは精度や強度に優れた製品の造形を得意としていることから、航空宇宙分野や生体医療分野など、厳しい仕様が要求される製品の造形が可能です。

セラミックをニーズに合わせて調合してくれる

造形に用いるペースト材であるセラミックスは、ジルコニア・アルミナ・ハイドロキシアパタイト・窒化ケイ素・窒化アルミ・コーデイェライト・アルミナ強化ジルコニアの7種類。それぞれ特性が異なり、化学安定性や生体親和性、硬度などに特徴があります。また新東Vセラックス株式会社ではセラミックス調合サービスを行っており、造形したい製品の特徴や顧客ニーズに合ったペースト材を調合してくれます。

サポート材フリー機構による高品質を確保

一般的な3Dプリントでは、サポート材の除去時に加工が必要になる・除去の痕が残ってしまうという問題があります。そこでCERAMAKER C900では、成形品サポート材フリー機構を採用。サポート痕を残さずに成形できるため、高精度の部品をつくりあげることができます。

製作に向くタイプ

複雑でデリケートな仕様が求められる航空宇宙分野などで活躍

複雑形状の小さいパーツや中空品製造を得意としているほか、最大250mmまでの大型部品製造も可能としているCERAMAKER C900。航空宇宙分野や生体医療分野、半導体・液晶分野、自動車分野などの分野で活用でき、デザイン確認や設計・機能評価、固定治具、組み立て治具、型、製品製造(中空構造、複雑形状etc)などさまざまな用途があります。

商品スペック

CERAMAKER C900

導入実績例

CERAMAKER C900の導入実績例について紹介します。

航空宇宙

エアダクトやタービン部品など、複雑な形状が求められる航空機部品を造形。量産にも対応でき、材料ロスが少ないためコスト削減にもつながります。

バイオメディカル

生体親和性を持つセラミックを採用し、複雑な形状の医療用製品を高精度かつ絶縁性を確保して造形。インプラント人工骨や関節、研修用各種臓器などに活用されています。

販売会社

会社名 新東Vセラックス株式会社
所在地 愛知県豊川市穂ノ原3丁目1番
⾼精度3Dプリンター(500万円未満)特集をチェック
           

近年の製造品の精緻化に伴い、500万円未満であっても、ハイエンドモデルに匹敵するような高精度性能を備えたミドルクラスの3Dプリンターが、続々登場しています。
ここでは、500万円未満でありながら、精度の高い試作品や、治具の造形が可能な、積層ピッチ0.05mm以下の3Dプリンターをご紹介しています。

       

【PR】
導入前に試せる!
3Dプリンターの
レンタルサービス