比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【500万円未満】おすすめの3Dプリンター

【500万円未満】おすすめの3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介します。

以前は数百万~数千万円となかなか手が出せない3Dプリンターでしたが、市場が広まるにつれて低価格化が進み、手が出しやすい価格帯まで下がってきています。安価な家庭用のパーソナル3Dプリンターとは違い、例えばデスクトップ型のコンパクトなサイズでも趣味などの分野から建築、デザイン事務所、歯科、ジュエリーデザイン、製造業まで幅広いものづくりの現場でも対応可能な性能を備えているのが500万円未満の3Dプリンターです。

精度や強度重視の3Dプリンター

業務用3Dプリンターを選ぶ際のポイントとして造形物の精度や強度があります。ものづくりの現場においてはクオリティの高い出力ができる高スペックな3Dプリンターが選ばれます。

こちらでは強度の高い造形方式として「FDM・FFF・HP Multi Jet Fusion テクノロジー・粉末積層造形法」、精度の高い3Dプリンターとして最小積層ピッチが0.1mm以下の製品の中から500万円未満のものをピックアップして紹介しています。

MARK TWO[Markforged]

コンパクトなボディながらナイロンやカーボンにファイバーを織り込んだ独自材料で高い強度と高精細な造形を実現。治具や部品製造などの試作品から最終製品まで対応します。

Raise3D pro2[Raise 3D]

高精度の3Dプリントを実現するために積層ピッチ、各軸のデータ、震度などにこだわっています。試作品から工業製品まで幅広い対応が可能です。

Value3D MagiX MF-800[MUTOH]

多彩なカラーフィラメント、高剛性ボディとオリジナルヒーターヘッド、ダブル冷却ファン、ヒータ付き成形テーブルなど高精度な造形ができる機能が搭載されています。

APOLLO[APPLE TREE]

長時間精度を落とさずにスーパーエンプラ加工が続けられる水冷式エクストルーダーを採用した3Dプリンター。さまざまな試作品を製造したいメーカーに向いています。

REPLICATOR+[MakerBot]

プリンター本体のディスプレイから直接操作可能。デスクトップサイズなので気軽に試作品製造でき製造過程も観察できます。

FUNMAT[INTAMSYS]

熱収縮などで歪みやすいスーパーエンプラにも対応。大型造形もできる多機能型3Dプリンター。研究開発や医療分野での試作品製作に向いています。

Bellulo[システムクリエイト]

ノズル径変更が可能などカスタマイズ性や加工性の高い3Dプリンター。さまざまなサイズの3Dプリンターが用意され初心者から上級者まで利用できます。

【500万円未満】精度・強度重視の
業務用3Dプリンターを
もっと詳しく

造形方式別3Dプリンター

3Dプリンターの造形方式は数種類あり、方式によって造形物のサイズ、特性や使える材料は異なります。業務用3Dプリンターを選ぶ時には、用途に適している造形方式を選ぶ必要があります。500万円未満で購入できるおすすめ業務用3Dプリンターを造形方式別に紹介します。

材料押出堆積法/熱溶解積層法(FDM)/FFF

固形材料を熱で溶かしソフトクリームのように積み重ねることで造形を行います。樹脂を使用できるのでコスパが良いですが、仕上がりや精度や他の方式に比べ粗めです。

MARK TWO[Markforged]

コンパクトなボディでありながら、カーボンやナイロンにファイバーを織り込んだ独自材料によって強く高精細な造形ができます。製造工程で使う治具や部品製造に向いています。

INDUSTRIALシリーズ X3[Markforged]

デスクトップ型のコンポジット積層3Dプリンターでカーボンファイバーに対応しています。積層ピッチは最小0.05mm、広いワークスペースも備えた本格的工業向け3Dプリンターです。

Stratasys F170[Stratasys]

多機能型3Dプリンターで幅広い試作品の製造に向いています。デザイン作りやプリントをサポートするソフトウェアGrabCADも搭載されています。

REPLICATOR+[MakerBot]

デスクトップサイズで、PCにつなぐことなくプリンター本体のディスプレイから直接操作できるので気軽に試作品を作ることができます。

Raise3D pro2[Raise 3D]

積層ピッチ、各軸のデータ、震度、機械独自のスライス機能にこだわって高精度の3Dプリントを実現。模型製作から工業製品まで幅広く造形できます。

Bellulo[システムクリエイト]

優れた加工性と高いカスタマイズ性のある3Dプリンター。幅広いユーザーニーズに応えられるように広くサイズ展開をしています。

FUNMAT[INTAMSYS]

大型造形も可能な多機能型3Dプリンター。熱収縮などで歪みやすいスーパーエンプラも使用でき、医療分野や研究開発での試作品製作に向いています。

光造形

紫外線で硬化する液体樹脂を使いレーザーを照射しながら造形していきます。造形精度が高く微細な形状も表現できます。

XFABシリーズ[DWS Systems]

低価格で購入できる光造形3Dプリンター。最小積層ピッチが小さくなめらかに仕上がるので表面仕上げがいりません。さまざまな材料が使用でき幅広い造形が可能です。

DWS DigitalWax 009J[DWS Systems]

20種類以上の樹脂を使うことができます。表面仕上げのいらない美しい出力表面を実現できるので精細なデザインが必要な歯科やジュエリーにおすすめです。

VIDA/VIDA HD[EnvisionTEC]

低価格でありながら独自DLP方式によって高精細で滑らかな造形ができます。精密さを必要とする機能部品検討やデザイン検討の造形に向いています。

ProJet1200[3D Systems]

コンパクトボディのオールインワンデスクトップ3Dプリンター。高速で高精細な造形ができ、指輪などのアクセサリーや歯科用ワックス等の原型造形に適しています。

インクジェット/マテリアルジェッティング

液状の紫外線硬化樹脂をヘッドから噴射させて紫外線を照射しながら造形していきます。精度が高く細かな造形ができます。

OBJETシリーズ Objet30 pro[Stratasys]

コンパクトサイズでありながら、なめらかで繊細な表面造形が可能。試作品、パーツ材料、実用品製作に向いています。

3Sシリーズ[Solidscape]

造形ベースをセットしてデータ転送するだけで造形可能、サポート材除去は専用除去液に浸けるだけなので簡単です。ジュエリー、工業製品、模型試作に最適です。

【500万円未満】造形方式別の
業務用3Dプリンターを
もっと詳しく

造形サイズ別3Dプリンター

大きな造形物を作るなら3Dプリンターの造形できるサイズは大きいほど良いだろうと考えがちですが、サイズの大きさはそれほど重要ではありません。大きなものを作ると精度の低下が起きるだけでなく、造形時間もかかるので、場合によっては小さい構成パーツに分割して造形する方が良いこともあります。500万円未満で購入できるおすすめ業務用3Dプリンターを造形サイズ別に紹介します。

200~300mm

INDUSTRIALシリーズ X3[Markforged]

コンパクトなボディでありながら、カーボンやナイロンにファイバーを織り込んだ独自材料によって強く高精細な造形ができます。製造工程で使う治具や部品製造に向いています。

Stratasys F170[Stratasys]

多機能型3Dプリンターで幅広い試作品の製造に向いています。デザイン作りやプリントをサポートするソフトウェアGrabCADも搭載されています。

MUTOH Value3D MagiX MF-2200D[MUTOH]

低価格ですが異材種造型や2色造型や異材種造型に対応し、大型造型もできます。日本の会社である武藤工業が製造開発しているので日本製3Dプリンターを探しているならおすすめです。

dimensionシリーズ Dimension BST[GRAPHTEC]

標準で9色のカラーラインナップは標準で9色、オリジナルカラーも特注できます。素材にABS-Plus樹脂を採用し強度を40%アップしています。

FUNMAT[INTAMSYS]

熱収縮で歪みやすいスーパーエンプラにも使用可能な多機能型3Dプリンターです。医療分野や研究開発分野での試作品製作に向いています。

Raise3D pro2[Raise 3D]

高精度の3Dプリントを実現するために積層ピッチ、各軸のデータ、震度、機械独自のスライス機能にこだわり、模型製作から工業製品まで幅広く造形可能です。

500mm以上

OBJETシリーズ Objet30 pro[Stratasys]

コンパクトサイズでありながらなめらかで繊細な表面造形が可能。試作品、パーツ、実用品の製作に向いています。

Bellulo[システムクリエイト]

優れた加工性、カスタマイズ性の高さが特徴の3Dプリンター。幅広いユーザーニーズに応えられるよう様々なサイズを用意しています。

【500万円未満】造形サイズ別の
業務用3Dプリンターを
もっと詳しく

業務用3Dプリンターをさまざまな角度から紹介

最終製品造形も可能な
業務用3Dプリンター

「実製品に適用できる業務用3Dプリンターを導入したい」「高い強度、精度がよい3Dプリンターを導入したい」企業におすすめなのが、最終製品の造形も可能なスペックを持つ3Dプリンターです。

詳しく見る

【500万円未満】
業務用3Dプリンター

500万円未満クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る

【500万円以上】
業務用3Dプリンター

500万円~7000万円以上クラスのおすすめ業務用3Dプリンターを紹介。
需要の多い「精度や強度に優れたスペックを持つタイプ」をはじめ、お探しの「造形方式別」「造形サイズ別」にご紹介。

詳しく見る