比較して選ぶ!おすすめの業務用3DプリンターGUIDE » 【250万円以上クラス】おすすめの3Dプリンター

【250万円以上クラス】おすすめの3Dプリンター

おすすめのハイクラス3Dプリンターについて、おすすめのモデルを紹介します。

3Dプリンターのハイクラスとは

数ある3Dプリンターのなかでもハイクラスと呼ばれるモデルがあります。一般的には本体価格が1,000万円以上を超えるモデルをハイクラス・ハイスペック・ハイエンドなどと呼びますが、ここ数年で家庭用のパーソナル3Dプリンターが普及し始めたことで3Dプリンターの低価格化と高機能化が加速しました。それに伴いハイクラスの3Dプリンターも価格が抑えられ、現在は250万円程度から満足のいく高スペックなハイクラスモデルを選べるようになってきました。

ハイクラスのモデルでは最小積層ピッチが0.01~0.02mmのものが多く、積層を感じさせない滑らかな表面や高精細な精度をもった造形物を出力することができます。樹脂などの素材を射出するヘッドの数も低価格モデルより多く、ハイスピードで高品質な造形物を作ることが可能です。使用できる材料もABSライクやゴムライク、PPライク、高耐熱性などといった複数のものを使用することができたり、2種類以上の材料を混ぜて100種類以上のマテリアルを造りだすこともできるなど、ハイクラスモデルは最大限の性能を備えた3Dプリンターが揃います。

ハイクラスの選び方とおすすめモデル

(1)クオリティ

ハイクラスの魅力は何といっても造形の精微さに長けていることです。高性能で使いやすく、あらゆるものづくりの現場で活躍するスペックを備えていることで、クオリティの高い造形が作れます。

(2)世界的導入実績

ハイクラスは低価格モデルやミドルクラスとは違い、価格がとても高いモデルが揃っています。そのため導入にあたっては、導入実績が豊富で何よりも信頼できるメーカーの製品であることが重要です。

(3)ワークサイズ

出力する造形物のサイズに合わせたワークサイズ(出力サイズ)でモデル選びをしましょう。幅広く使えるように豊富なワークサイズの機種を用意しているメーカーなら、使用する目的に応じて選択することができます。