DWSシリーズ[DWS Systems]

DWS Systemsの3Dプリンター「DWSシリーズ」に注目。特徴やスペックを紹介します。

dwsシリーズ画像

引用元:DWS Systems公式HP
<http://www.digitalwax.asia/product/028j.html>

モデル特徴

世界一キレイな出力表面を実現する3Dプリンター

DWS Systemsの3Dプリンターは出力したモデルの表面が、世界で一番キレイだと言われています。従来は出力表面が段々になってしまっているため、それをキレイに仕上げる作業が必要でした。しかしDWSシリーズは、表面仕上げが必要ありません。そのため前面に模様が入っている造形物も作りやすく、手間がかかることもありません。

20種類以上の樹脂が使用可能

光造形の品質は使用する樹脂で変わると言われているなか、DWS Systemsの3Dプリンターは20種類以上の樹脂が使用可能です。産業分野をはじめ精細なデザインを必要とするジュエリー製作や歯科医療の現場で使用されているのも、豊富な材料を選ぶことができるから。樹脂の交換もたった30秒で終えられるため、造形毎に樹脂を変えて出力することもできます。

これほど樹脂にこだわっているのは、DWSの樹脂開発が日本の3Dプリンター開発の第一人者である荻原博士が担当しているからです。最高品質の樹脂開発により、DWSシリーズでは光造形の品質を保つことができます。たった30秒で樹脂交換もできるので、毎回樹脂を変えて造形出力ができるなど、使い勝手の良さにも納得です。

製作に向くタイプ

精密パーツの出力に最適

いままで3Dプリンターによる精密パーツは表面の段差を取るのが難しかったのですが、DWSで出力したモデルなら段差がないため精密な部品を作るのに最適です。段差がないのでパーツ類もキレイに出力でき、産業分野でも活躍します。鋳造用樹脂にも力を入れていて、樹脂モデルを鋳造しクオリティの高い金属モデルを作れるようにもなったため、ますます製作の幅が広がります。

商品スペック

<DigitalWax 009J>

  • 造形サイズ:50×37×90mm
  • 本体寸法:380×515×560mm
  • 重量:43kg
  • 積層ピッチ:0.01mm~0.1mm
  • 造形方式:光造形

<DigitalWax 028J>

  • 造形サイズ:65×65×90mm
  • 本体寸法:380×515×733mm
  • 重量:56kg
  • 積層ピッチ:0.01mm~0.1mm
  • 造形方式:光造形

導入実績例

DWSシリーズは発売からすでに500台以上、5,000社以上の納入実績を誇ります。世界が認めている最新技術と性能を誇っており、低価格で広いワークスペースを実現したモデルや、低価格でハイパフォーマンスを実現したモデルなど幅広いラインアップを用意してあります。今まで日本で納入された3Dプリンターのうち、修理はランプの初期不良があった1台のみ。使用後のメンテナンスもいらず、数ヶ月に一度だけ高さ調整やレンズを拭く3分程度の作業のみで良いのも魅力です。

販売会社

会社名 シーフォース株式会社
所在地 (本社)東京都台東区台東4-18-11
(加工部)東京都台東区台東4-18-12