Raise 3D(レイズ3D)

使いやすさと精度の高さが特徴的だといわれる、Raise3Dプリンター。魅力や特徴について詳しく紹介していきます。

Raise3Dプリンターの画像

引用元:日本3Dプリンター株式会社公式サイト
<https://3dprinter.co.jp/distinations/raise3d/>

モデル特徴

高い精度を実現

3Dプリンターの精度を左右する点が「積層ピッチ」だとご存知の方は多いでしょう。確かに積層ピッチが駒屋であれば、それだけ精度の高いプリントを実現することができます。しかし、実際のところ3Dプリンターの制度は積層ピッチだけで表されるわけではありません。

Raiseは積層ピッチはもちろん、各軸のデータや震度、機械独自のスライス機能にも高いこだわりが。本当の意味で精度が高い3Dプリントを実現するために、さまざまな点からアプローチをしています。ちょっとのずれも許されない。そんな3Dプリントをお望みの方にピッタリな3Dプリンターだといえるでしょう。

使いやすさの追求も、ワンタッチでの作成が可能に

3Dプリンターは現在までにあったプリンターよりも、専門のヒトでなければ使えない。そんなイメージが根強く残っているのではないでしょうか。しかし、Raiseは、使いやすさの追求にも余念がありません。

業界初のタッチパネルを採用したことから、ワンタッチでの作成も可能となっています。作成中に停電などのトラブルがあった際も、途中からそのまま作成再開が可能。小難しい知識が不要な点は、多くの方に受け入れられるための必須ポイントといえるでしょう。

可動式デュアルヘッドで作成トラブルを減少

Raise3D Pro2シリーズでは、デュアルヘッドに可動式を採用。世界初の技術となるこちらは、造形中にミリ単位で昇降するシステム。

従来の3Dプリンターのように、設置の際から細かな設定をする必要がないので、誰でも簡単に映苦数3Dプリントが可能に。造形中のトラブルを一気に少なくした、画期的な技術が採用されています。

注意点はデュアルヘッド採用はRaiseの中でも、Raise3D Pro2シリーズのみであること。全てのシリーズで採用されているわけではないので、この点はしっかりと把握しておきましょう。

多種類のフィラメントに対応、使用材料の悩みにコミット

Raiseでは純正フィラメントは、従来のフィラメントよりも大幅に強度を上げています。このことからノズルのつまりを改善し、全7種類の材料での合成を可能としました。また、純正品以外のフィラメントにもしっかりと対応。

使用材料不足、材料コストの担保が一つの課題であった3Dプリンターにおいて、革新的な便利さを実感できるでしょう。また使用しているソフトウェアには、各種フィラメントの情報が組み込まれています。

実際に他メーカーフィラメントを使用する際にも、難しい設定の必要がありません。

制作に向くタイプ

模型施策はもちろん工業製品にも対応

積層ピッチが0.01mmと非常に細かいことから、さまざまな製品の作成に向いています。積層面がほぼ見えない状態にできるので、表面の滑らかさも追及される模型や、はめ込み、組み込みのための精度が必要となる工業製品にも十分対応。

また、フィラメントの種類が多く、他機種のフィラメントでも使える柔軟性の高さも魅力。幅広い使い道で活躍してくれるでしょう。

商品スペック

Raise3D Pro2シリーズ

  • 造形サイズ:Pro2 305×305×300mm、Pro2 Plus 305×305×605mm
  • 本体寸法:Pro2:616W x 590D x 760H mm/Pro2 Plus:616W x 590D x 1112H mm
  • 重量:Pro2:40kg/Pro2 Plus:48.5kg
  • 積層ピッチ:0.01〜0.65mm
  • 造形方式:FFF (Fused Filament Fabrication) 方式

Raise3D N2Sシリーズ

  • 造形サイズ:N2S 305×305×305mm、N2S Plus 305×305×610mm
  • 本体寸法:N2S:616W x 590D x 760H mm/N2S Plus:616W x 590D x 1112H mm
  • 重量:N2S:40kg/N2S Plus:48.5kg
  • 積層ピッチ:0.01〜0.65mm
  • 造形方式:FFF (Fused Filament Fabrication) 方式

導入実績

800社以上の導入実績を持ち、高い精度はもちろん大型造形でも確かな実力を発揮するRaise。日本総代理店での販売となっているため、充実したアフターサービスも期待できます。もしもの故障などでも迅速な対応が期待できるため、安心して作成を行うことが可能となるでしょう。

販売会社

会社名 日本3Dプリンター株式会社
所在地 東京都江東区有明三丁目7番26号有明フロンティアビルB棟2階