HOME » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧 » ProJet1200[3D Systems]

ProJet1200[3D Systems]

3D Systems社の3Dプリンター、ProJet1200を調査。スペックや特徴について紹介します。

Projet1200画像

引用元:iGUAZU(イグアス)公式サイト
<http://www.iguazu-3d.jp/product/3d_printer/projet1200/>

モデル特徴

光造形方式のオールインワンデスクトップの3Dプリンター

ProJet1200は世界30ヶ所にオフィスを持つ3D Systems社が発売する3Dプリンターです。Micro-SLA(光造形)方式のオールインワンデスクトップで、コンパクトなボディながら高速かつ高精細造形を実現することができます。価格も50万円以下と光造形ながら低価格におさえられているため、導入しやすいモデルです。

2つのマテリアルが鋳造に対応

ProJet1200では純正ポリマーの「VisiJet FTX Green」、ポリマーとワックスの混合「VisiJet FTX Cast」の2つのマテリアルが鋳造に対応しています。VisiJet FTX Greenでは硬い造形物を作ることができ、複雑な形も欠損なく実現します。VisiJet FTX Castはワックスが化合されているため強度は落ちますが、その分鋳造しやすいメリットがあります。造形物に合わせて選ぶことで、納得のいく完成度が得られます。

製作に向くタイプ

小型なものを作るのに適した小さ目サイズ

ProJet1200はMicro-SLA方式(光造形法)の3Dプリンターなので、精密なデザインを得意としています。ただし造形サイズが他のモデルに比べると小さめなので、小型なものを作るのに限られそうです。素材も限定されているので、例えば指輪などのアクセサリーや歯科用ワックス等の原型造形などにぴったりです。

商品スペック

<ProJet1200>

  • 造形サイズ:43×27×150mm
  • 本体寸法:230×230×356mm
  • 重量:9kg
  • 積層ピッチ:0.03mm
  • 造形方式:光造形

導入実績例

ProJet1200はさまざまな分野で導入されて活躍しています。例えば建築では建築模型を作成している会社に導入され、東京国際空港国際線ターミナルや中部国際空港などの施設、スポーツ施設、病院などの模型に使われています。医療分野では再生医療に3Dプリンターが活用され、将来の医療に役立てようとされています。

販売会社

会社名 iGUAZU(イグアス)
所在地 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館21F