OBJETシリーズ[Stratasys]

Stratasysのインクジェット方式(Polyjet方式)3Dプリンター、「Objet」シリーズについて調べました。

ストラタシスobjetの画像

引用元:Stratasys公式サイト
<http://3d-printer.stratasys.co.jp/jpn/objet-eden-260vs/>

モデル特徴

豊富なサイズが揃うインクジェット方式3Dプリンター

Stratasysは世界No.1シェアを誇る3Dプリンターのパイオニアです。熱溶解積層方式(FDM方式)の3Dプリンターとインクジェット方式(Polyjet方式)の3Dプリンターを販売しており、Objetはインクジェット方式(Polyjet方式)のラインアップとなります。ObjetにはデスクトップモデルのDesktopシリーズ、中型造形機のEdenシリーズ、大型造形機のConnexシリーズがあります。

最小積層ピッチ0.014mm~の高精細な表現

ObjetのDesktopシリーズは最小積層ピッチ0.014㎜からと、コンパクトなサイズながら高繊細でなめらかな表面の造形が可能です。硬質樹脂のみ使用できるモデルや硬質樹脂や高耐熱性樹脂など8種類の材料を使うことができるモデル、複合材料モードで樹脂を混ぜ合わせることで120種類の材料が使用可能なモデルなど、現場で必要とされる機能によってモデルを選ぶことができます。Objetは現在14種類が展開。一部機種ではデジタルマテリアル、マルチカラーに対応しているため、さまざまなデザインや設計の現場で大活躍します。

製作に向くタイプ

豊富な造形材料で実用品やパーツ製作も可能

Stratasysの特徴は使用できる造形材料が豊富なことが挙げられます。インクジェット方式(Polyjet方式)のObjetの場合、透明樹脂や上位の機種では組み合わせにより1,000通り以上の物性やカラー表現ができるため、試作品だけでなく実用品やパーツ材料製作にも向いています。

商品スペック

<Objet30 pro>

  • 造形サイズ:294×192×148.6mm
  • 本体寸法:825×620×590mm
  • 重量:93kg
  • 積層ピッチ:0.028~0.016mm
  • 造形方式:インクジェット

<Objet30 prime>

  • 造形サイズ:294×192×148.6mm
  • 本体寸法:825×620×590mm
  • 重量:93kg
  • 積層ピッチ:0.014~0.036mm
  • 造形方式:インクジェット

導入実績例

Stratasysは全世界で累計出荷台数10万台を突破しています。3Dプリンティングでは世界をリードするトップメーカーであり、製造業や医療、教育、宇宙空間まであらゆる業界で活躍しています。Objetはデスクトップから大型造形機までの幅広いラインアップで生産現場の可能性を広げています。

販売会社

会社名 丸紅情報システムズ
所在地 (東京本社)東京都中央区新川2-26-3 住友不動産茅場町ビル2号館8階
(大阪営業所)大阪府大阪市中央区城見1-3-7 松下IMPビル19F