NF-700D[NIPPO]

NOPPO(ニッポー)の3Dプリンター、NF-700Dについて調べました。モデル特徴や製作に向いているタイプ、スペックなどをまとめています。

NF-700Dの画像

引用元:ニッポー公式サイト
<http://www.techno7.co.jp/nippo/3d/index.html>

モデル特徴

デュアルヘッドでコンポジット造形が可能な3Dプリンター

NIPPOのNF-700Dはヘッドを2個搭載したデュアルヘッドなので、2色での出力が可能です。高剛性ボディとY軸両持ちヒーター付き成型テーブルにより高精度な造形も可能になっています。最小積層ピッチ0.05mmにより複雑な形状の造形もキレイに出力ができます。これはノズル径0.4mmのオリジナルヒーターヘッドにより実現。XY平面の解像度を上げて吐出するため樹脂の太さが安定し、高精度な造形ができるためです。

さまざまなフィラメントが使用可能

NF-700DはABS樹脂やPLA樹脂、SB、TPC、PVAなど、さまざまなフィラメントを使用できるため、組み合わせにより多様な造形が可能です。高品質な純正フィラメントは新色や素材を随時リリースするので、今後の可能性にも期待ができます。また供給時のトラブルをおさえる垂直設置型のオープンリール方式を採用しているのもポイントです。

製作に向くタイプ

複数の材料を使用した作品づくりに

NF-700Dは異なる材料を組み合わせた造形が可能なため、さまざまな造形物に対応できます。硬い材料と軟らかい材料の組み合わせもできるとのことで、多様性に期待ができます。造形サイズはデュアルヘッドの影響で比較的コンパクトですが、パーツ類の作成などには十分な大きさです。また別売のモデルオーバーコートを使えば、着色により作品をグレードアップ。塗装を行いたいモデルにも最適です。

商品スペック

<NF-700D>

  • 造形サイズ:160×190×150mm
  • 本体寸法:490×490×473mm
  • 重量:20kg
  • 積層ピッチ:0.05~0.4mm
  • 造形方式:熱溶解積層

導入実績例

NIPPOはタイムレコーダーで知名度の高いオフィス機器を扱う企業です。3Dプリンターは省スペースタイプのモデルを展開しています。現在の導入実績は不明なため分かりませんが、大手IT企業グループの株式会社テクノ・セブンの100%子会社であるため安定した導入が行えます。

販売会社例

会社名 NIPPO
所在地 東京都中央区日本橋本町4-8-14