MUTOH Value3D MagiX MF-2200D[MUTOH]

武藤工業株式会社が製造開発し、リコージャパンが販売取扱いをしている3Dプリンター、MUTOH Value3D MagiX MF-2200Dを調査。スペックや特徴について紹介します。

MUTOH Value3D MagiX MF-2200D画像

引用元:リコージャパン公式サイト
<http://www.ricoh.co.jp/3dp/lineup/fdm/mf2200d/>

モデル特徴

メイドインジャパンの信頼性

MUTOH Value3D MagiX MF-2200Dは、日本の3Dプリンター製造開発会社である武藤工業株式会社のものなので、「せっかく3Dプリンターを導入するのだから、サポートなどの分かりやすさも考慮して、信頼できる日本製のものを選びたい」というニーズにはうってつけです。

コンパクトサイズでも大型造型ができる

MUTOH Value3D MagiX MF-2200Dはコンパクトなデスクトップモデルでありながら、その造型エリアは300 mm四方。デスクトップモデルとしては、トップクラスの大型造型が可能となっています。

また、大型造型には変形やゆがみがつきものですが、MUTOH Value3D MagiX MF-2200Dは造形テーブルにヒーターが搭載されており、樹脂の温度変化による収縮と反りも抑えられます。

低価格でありながら2色造型や異材種造型に対応

MUTOH Value3D MagiX MF-2200Dは、100万円以下で買えるお手頃価格の3Dプリンターでありながら、2つのヘッドを搭載しているため2色造型もできる、というのが大きな強みです。

さらに、ABS、PLA 、TPC、PP、PVAなどの造形材料に対応しているため、試作品などの幅広いニーズに応えやすいのも見逃せないポイント。2つのヘッドに異なる造形材料を使うことで、異材種造型を作ることも可能となっています。

製作に向くタイプ

色分け・造形材料分けなどが必要な大き目の試作品作りはおまかせ

MUTOHのValue3D MagiX MF-2200Dは大型かつ2色造型や異材種造形が可能なので「大きめで、しかも色分けや造形材料分けが必要な試作品などの製作に特に適しています。

商品スペック

MUTOH Value3D MagiX MF-2200D

  • 造形サイズ:300×300×300mm
  • 本体寸法:705×680×680mm
  • 重量:約57kg
  • 積層ピッチ:0.05~0.5mm
  • 造形方式:材料押出堆積法(熱溶解積層方式)

導入実績例

MUTOHのValue3D MagiX MF-2200Dは、本体サイズの大きさが控えめでありながら300×300×300mmというなかなかの大きな造形が可能であること、さらに価格もお手頃であるという点が人気で、製造業者だけでなく大学の研究室や専門学校などにも多く導入されています。

販売会社

会社名 リコージャパン株式会社
所在地 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル