MAKERBOT REPLICATOR+[MakerBot]

MakerBotより発売されている3Dプリンター、「MAKERBOT REPLICATOR+」の特徴について製品の特徴やスペックを紹介します。

MAKERBOT REPLICATOR+の画像

引用元:ストラタシス・ジャパン
<http://www.makerbot.co.jp/jp-replicator-plus.html>

モデル特徴

パソコンに繋げなくてもプリンター本体だけで設定ができる

MakerBot Replicator+はプリンター本体のディスプレイから直接操作できるため、3Dプリンターに慣れていない人でも簡単にプリントができます。3Dのモデルデータをあらかじめ登録しておけばプリンター本体のディスプレイから、出力したい造形物を選ぶことが可能。プレビュー機能もついているため、仕上がりの確認もできます。プリンターの内側にはカメラが内臓されており、離れた場所にいても専用のネットワークからプリント中の内部の様子をモニタリング可能。プリント中の思わぬトラブルにも気付くことができるため、早い段階で対策ができます。撮影機能もついており、仕上がった造形物を自動的に撮影してプリンタ内のストレージライブラリに保存してくれますよ。

16万時間の実験から生み出されたプリントヘッド「エクストルーダー」

MakerBot Replicator+には耐久性に優れたプリントヘッド「エクストルーダー」を採用。16万時間にもおよぶ実験を行い、試行錯誤が繰り返されてきたプリントヘッドです。衝撃や耐久性に優れており、造形物の品質向上にもつながっています。造形物の素材となるフィラメントには、衝撃に強いタフPLAフィラメントを用意。フィラメントのカラーバリエーションが豊富で赤・黄色・青など基本の色をはじめ、全34色を揃えていますよ。

製作に向くタイプ

小さい部品から大きな部品まで試作できる

家電やロボットなど、精密な機械に含まれる部品の製作に向きます。従来のシリーズに比べて造形スピードが30%アップしており、プリンター自体の大きさも机にも置けるサイズになりました。気軽にデザインを考えて試作品を作れ、製品の企画開発をしているそばで製品ができあがっていく様子を観察することができます。

商品スペック

<MAKERBOT REPLICATOR+>

  • 造形サイズ:295×195×165mm
  • 本体寸法:528×441×410mm
  • 重量:18.3kg
  • 積層ピッチ:0.1mm/0.4mm
  • 造形方式:熱溶解積層法

導入実績例

MAKERBOTのMAKERBOT REPLICATOR+を導入している企業ははっきりとはわかりませんでした。しかし、「MAKERBOT」シリーズの3Dプリンターを活用している企業には、スマホで操作ができるオモチャのロボットを販売するOrbotix社(現Sphero社)やデザイン性や機能性に優れた家電作りに取り組むGE FirstBuildなどがあり、製品開発の場面で使用されています。企業に限らず教育の現場でも採用されており、ニューヨーク州立大学ニューパルツ大学では30台以上のMAKERBOT3Dプリンターを設置。イメージやアイディアを気軽に実現することができるため、製品開発にかかる時間やコストを大幅に削減することが可能です。

販売会社

会社名 ストラタシス・ジャパン(東京本社)
所在地 東京都中央区新川2-26-3住友不動産茅場町ビル2号館8F

ProJet2500[3D Systems]

ProJet2500の画像

引用元:iGUAZU(イグアス)公式サイト
<http://www.iguazu-3d.jp/product/3d_printer/projet2500/>

ProJet2500は、マテリアルインクジェット方式を採用した3Dプリンターになります。マテリアルインクジェット方式とは、樹脂を吹き付けたのちに紫外線を当てて硬化させる造形方式です。

滑らかな表面加工や高精度加工も可能ですので、小型の工業用製品の原型製作にも向いています。

全体のサイズは1120×740×1070mmですので、工場だけでなくオフィス内にも設置できるスマートさも魅力的です。

モデル名 ProJet2500
造形サイズ 295×211×142mm
本体寸法 1120×740×1070mm
重量 211kg
積層ピッチ 0.032mm
造形方式 MJP(インクジェット方式)
販売会社 株式会社イグアス
〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア西館21F

>>ProJet2500の特徵・導入実績を詳しくみる<<

3DUJ-553[MIMAKI]

3DUJ-553の画像

引用元:株式会社ミマキエンジニアリング公式サイト
<https://japan.mimaki.com/special/3d_print/product.html>

3DUJ-553は、株式会社ミマキエンジニアリングが販売している、フルカラーUV硬化インクジェット方式を採用した3Dプリンターです。

世界初となる1000万色以上のカラー造形が可能で、尚且なおかつ発色の良い仕上がりとなっています。発色の良さの要因は、石膏方式の粉っぽさをなくすためにインクジェット方式を採用した点と、それによる内部の白色インクジェットが発色しやすくなったためです。

立体造形の看板や小物類、そしてフルカラーで造形する必要のある製品に向いています。

モデル名 3DUJ-553
造形サイズ 508mm×508mm×305mm
本体寸法 2130mm×1335mm×1320mm
重量 590kg
積層ピッチ 0.022mm
造形方式 UV硬化インクジェット方式
販売会社 株式会社ミマキエンジニアリング
長野県東御市滋野乙2182-3

>>3DUJ-553の特徵・導入実績を詳しくみる<<

F900[Stratasys]

F900の画像

引用元:Stratasys(ストラタシス)公式サイト
<https://www.stratasys.co.jp/3d-printers/stratasys-f900>

F900はアメリカ・イスラエル・日本に拠点を置く、Stratasys(ストラタシス)社が販売している工業向け大型3Dプリンターになります。

造形サイズは1m弱まで成形可能。FDM方式なので、ABS系やPC系など工業用樹脂に対応しているのが特徴です。強度や熱に強いABSやPC系に多数対応しています。

また、航空機の内装部品や自動車部品、その他金型や治具の製造も可能です。大型の工業用部品を内製化したいメーカーなどに向いています。ボールスクリュー駆動を採用したことで、高精度加工にも対応可能です。

モデル名 F900
造形サイズ 914.4mm×609.6mm×914.4mm
本体寸法 2772mm×1683mm×2027mm
重量 2869kg
積層ピッチ 0.127~0.508mm
造形方式 FDM方式
販売会社 Stratasys社
日本本社/東京都中央区新川2-26-3 住友不動産茅場町ビル2号館8F

>>F900の特徵・導入実績を詳しくみる<<

BigRep PRO[BigRep]

BigRep PROの画像

引用元:BigRep公式サイト
<https://bigrep.com/>

ドイツの産業機械メーカー、BigRep社が開発・販売しているBigRep PROは大規模生産・工業用製品向けの3Dプリンターです。国内の販売代理店は株式会社イリスになります。

本体寸法は一般的な工業用製品向けの3Dプリンターと同じく、2m弱あるため工場など広いスペースが必要になります。加工面の特徴は、従来品の5倍の速度で造形できるだけでなく、大型温度制御スプールチャンバーを実装したことにより連続稼働が可能です。

高速造形や連続稼働を想定している場合は導入を検討してみてください。

モデル名 BigRep PRO
造形サイズ 1005mm×1005mm×1005mm
本体寸法 1950mm×2430mm×1790mm
重量 約1550kg
積層ピッチ 記載なし
造形方式 FFF(熱溶融積層)方式
販売会社 株式会社イリス
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-12-18 イリスビル

>>BigRep PROの特徵・導入実績を詳しくみる<<

Massivit1800

Massivit1800のキャプチャ画像

引用元:アルテック公式サイト
<https://massivit.altech.jp/massivit-1800/>

Massivit1800の大きな特徴は、造形サイズの上限にあります。これまで開発・販売されてきた多くの3Dプリンターは、300mm台の造形サイズなど小型部品を対象にしていました。

しかし、Massivit 1800の造形サイズは上限1170×1450×1800mmといった、極めて大きな部品やフィギュアなどにも対応可能です。大型の立体広告を製作したい場合にも活用できます。

インターフェースはタッチディスプレイによる直感的な操作が可能で、使いやすさも考慮されています。また、1時間あたり30cm(高さ方向)の高速加工に対応。1m以上の大型造形物を検討している事業者はMassivit 1800がおすすめです。

モデル名 Massivit1800
造形サイズ 1170x1450x1800mm
本体寸法 3100x2200x2800mm
重量 2500kg
積層ピッチ 公式サイトに記載無し
造形方式 光造形(UV硬化)
販売会社 アルテック株式会社(販売代理店)
東京都中央区入船2-1-1 住友入船ビル2F

>>Massivitシリーズの特徵・導入実績を詳しくみる<<

Bellulo[システムクリエイト]

Belluloのキャプチャ画像

引用元:システムクリエイト公式サイト
<https://systemcreate-inc.co.jp/products/3dprinter/bellulo.html>

Belluloは滑らかな表面加工や、高精度加工を追求した3Dプリンターの1つで、4サイズから販売されています。

  • Bellulo200
  • Bellulo400
  • Bellulo500
  • Bellulo600

どれもオフィス内に設置できる、比較的コンパクトな本体サイズです。

大きな特徴は滑らかかつ高品質な加工を実現していること。たとえばヘッドユニットを軽量化し、加工時の機械的な振動を抑えています。ヘッドユニットとは樹脂を放出する装置で、造形サイズ内でXYZ軸を自由自在に移動可能です。

他にも、熱による樹脂のゆがみを抑えるため、造形物を置いているテーブルの温度差を発生させないよう常温・加温しています。

広告用の立体モデルだけでなく、芸術的な作品を作りたいと考えている方におすすめの3Dプリンターといえるでしょう。

モデル名 Bellulo200
造形サイズ 200×200×200mm
本体寸法 370×365×451mm
重量 約19kg
積層ピッチ 0.05~0.3mm
造形方式 熱融解方式
販売会社 株式会社システムクリエイト
大阪府東大阪市荒本新町1-20

>>Belluloの特徵・導入実績を詳しくみる<<

VECTOR 3SP[EnvisionTEC]

VECTOR 3SPのキャプチャ画像

引用元:RICOH公式サイト
<https://www.ricoh.co.jp/3dp/envisiontec/product/vector3sp/>

VECTOR 3SPは、ドイツの3DプリンターメーカーEnvisionTEC社が開発し、株式会社リコーが販売を行っています。自動車部品や樹脂金型の成形など、最大造形サイズ300mmx200mmx275mmの比較的大型の工業用製品造形に対応しているのが特徴です。

また、光造形方式でなおかつ積層ピッチは最小0.05mmと、滑らかな表面と高精度加工を実現しているのも嬉しいところでしょう。

対応マテリアルも豊富で、さまざまな樹脂を使用した開発を必要としている現場にもおすすめです。

モデル名 VECTOR 3SP
造形サイズ 300x200x275mm
本体寸法 820mmx870mmx1580mm
重量 267Kg
積層ピッチ 0.05/0.075/0.1mm
造形方式 光造形方式(SLA)
販売会社 株式会社リコー
東京都大田区中馬込1-3-6

>>VECTOR 3SPの特徵・導入実績を詳しくみる<<

UPシリーズ[Tiertime]

UPシリーズのキャプチャ画像

引用元:日本3Dプリンター株式会社公式サイト
<https://3dprinter.co.jp/distinations/up3d/>

UP300は、中国の3DプリンターメーカーTiertime社が、世界へ向けて展開しているUPシリーズの1つです。

大きな特徴は、デスクトップタイプながら大型造形に対応可能な造形サイズの大きさ、そしてプリンタヘッドを交換することで、ABSやPLA、TPUなどに対応できる柔軟性でしょう。また、大型造形に対応しているだけでなく、積層ピッチ0.05mmと細かな積層による高精度加工も維持している点にも注目。

活性炭フィルターによる臭い対策や、サポート材の自動成形など使いやすさや取り外しやすさにも配慮されています。

モデル名 UP300
造形サイズ 255×205×225mm
本体寸法 500x523x460mm
重量 約30Kg
積層ピッチ 0.05/0.10/0.15/0.20/0.25/0.30/0.35/0.40mm
造形方式 FFF方式
販売会社 日本3Dプリンター株式会社
東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビルB棟2F

>>UPシリーズの特徵・導入実績を詳しくみる<<

G Printer[Gooo3D]

G Printer[Gooo3D]の画像

引用元:日本3Dプリンター株式会社公式サイト
<https://3dprinter.co.jp/distinations/gprinter/>

G Printerは吊り下げ方式という光源を下から照射し液体樹脂を硬化させて造形を行う造形方法を採用しています。この吊上げ方式により、従来の加工技術では難易度の高かったアンダーカットや複雑形状のオブジェクト製作を容易にすることが可能となりました。また、造形に必要なサポートに使用する液体樹脂の消費も大幅に抑えることに成功しています。

さらに、100%UV発生する装置を搭載したDLPプロジェクション方式を採用しているため全面一括面露光によってSLA方式の光造形機を凌ぐ高速積層を実現しています。

一括面露光を採用したG Printerではワークエリア内であれば複数のプロダクトを一度に同時造形することが可能です。最小積層ピッチは0.025mmと高精度を実現しており、日本のモノづくり現場をはじめ、細かい作業を必要とする分野でその効力を発揮します。

モデル名 G Printer
造形サイズ 128mm×80mm×145mm
本体寸法 266mm×340mm×415mm
重量 10kg
積層ピッチ 25μ/50μ/100μ
造形方式 UV DLP(Digital Light processing)
販売会社 日本3Dプリンター株式会社
〒135-0064 東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンター東棟14F

>>G Printerの特徵・導入実績を詳しくみる<<

HP Jet Fusion 3D[HP]

HP Jet Fusion 3D[HP]の画像

引用元:リコー公式サイト
<https://www.ricoh.co.jp/3dp/hp/product>

HPのJet Fusion 3DはHP独自のテクノロジー「HP Multi Jet Fusion テクノロジー」をプリンターに搭載。プリンティングソリューションを拡大した、全く新しい3Dプリント技術で素早い印刷造形を可能とします。

HP Jet Fusion 3Dでは、従来のFDM方式や光造形とは異なり、パウダー状になった熱可塑性樹脂を噴射し造形を行っていく独自の造形技術を採用。このテクノロジーにより、いままでプロトタイプ製造での利用が中心であった3Dプリンターで、試作からクオリティの高い最終製品の生産まで一括で製作することができ、スピーディな部品の製作・開発を促進。さらに、圧倒的な生産能力と材料の高い再利用率により、大幅なコスト削減を実現しています。

モデル名 HP Jet Fusion 3D
造形サイズ 380mm×284mm×380mm
本体寸法 2210mm×1200mm×1448mm
重量 750kg
積層ピッチ 0.08mm
造形方式 HP Multi Jet Fusion テクノロジー
販売会社 リコージャパン株式会社
〒105-8503 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル

>>HP Jet Fusion 3Dの特徵・導入実績を詳しくみる<<

MARK TWO[Markforged]

MARK TWO[Markforged]の画像

引用元:リコー公式サイト
<https://www.ricoh.co.jp/3dp/lineup/fdm/marktwo/>

Mark forgedのMARK TWOは、Mark forged社の3Dプリンターの中で最も強度が強く、汎用性に富んだパーツを造形することができる3Dプリンターです。世界初のカーボンファイバー3Dプリンター「MARK One」の後継機として、プリント速度を40%向上させた第二世代3Dプリンターです。

表面はONYXやナイロンを使い滑らかに、内部にカーボンファイバーを使用することで優れた強度を誇る高品質な造形を可能とします。この技術はMark forged独自のもので、MARK TWOはコンパクトな3Dプリンターでありながら、強度の高い造形物を製作することができるので、自動車などの工業製品や航空宇宙分野など強度が要求される業界での部品製作に活躍します。

コンパクトなボディながら、前機の良さはそのままに、カーボンやナイロンにファイバー素材を織り込んだ独自の造形材料を使用することで、極めて強い強度と高精細な造形を実現しています。

モデル名 MARK TWO
造形サイズ 320 mm×132 mm×154 mm
本体寸法 575mm×322mm×360mm
重量 記載なし
積層ピッチ 100μm
造形方式 材料押出堆積法/FDM
販売会社 リコージャパン株式会社
〒105-8503 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル

>>MARK TWOの特徵・導入実績を詳しくみる<<

INDUSTRIAL X3/X5/X7[Markforged]

INDUSTRIAL X3/X5/X7[Markforged]の画像

引用元:リコー公式サイト
<https://www.ricoh.co.jp/3dp/lineup/fdm/industrial_series/>

カーボンファイバー対応のデスクトップ型コンポジット積層3Dプリンターです。Markforgedのデスクトップ型シリーズの中でも、広いワークスペースと最小0.05mmの積層ピッチの高性能な技術を備えた、生産性を重視したモデルとなっています。

世界初のカーボンやナイロンにファイバー素材を織り込んだ独自の造形材料により、極めて高い強度と高精細な造形を実現。コンポジット積層と新・金属積層方式対応の3Dプリンタは強度、耐熱性を備えた最終部品をオンデマンド生産可能にしました。

FDM方式をベースに特殊材料にも対応したユニークな3Dプリンタと言えるでしょう。強靭なナイロンに微小なカーボンを加え強化した「ONYX」を中心に最上モデルX7では「ケブラー」や「ファイバーグラス」、高温高耐熱の「HSHTファイバーグラス」にも対応。高い強靭性や強度、耐熱性や安定性を誇るMarkforged 3Dプリンターでは治具やエンドパーツの製作に最適です。

モデル名 INDUSTRIALシリーズ
造形サイズ X3:330mm×270mm×200mm
X5:330mm×270mm×200mm
X7:330mm×270mm×200mm
本体寸法 575mm×467mm×928mm
重量 22.6kg
積層ピッチ 0.05mm
造形方式 材料押出堆積法/FDM
販売会社 リコージャパン株式会社
〒105-8503 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル

>>INDUSTRIALシリーズの特徵・導入実績を詳しくみる<<

VIDA/VIDA HD[EnvisionTEC]

VIDA/VIDA HD[EnvisionTEC]の画像

引用元:リコー公式サイト
<https://www.ricoh.co.jp/3dp/envisiontec/product/vida/>

独自のDLP方式により、超高精細で滑らかな造形品質を実現している3Dプリンターです。EnvisionTECではコンパクトな3Dプリンターを多く開発しており、その中でも高品質・低価格を実現したエントリーモデルとなっています。

低価格ながら作りだされるパーツは高品質、高精細を可能とし、小型精密部品の試作などに適しています。「ERMテクノロジー」と「グレースケーリング技術」と呼ばれる2つの独自技術を開発し、DLP露光方式の課題であった表面のギザつきを解消。造形スピードを保ちながら、正確でなめらかな表面の造形を実現します。

この2つの独自技術は特許を取得しており、高い精度となめらかな表面が求められる歯科・補聴器業界では大きなシェアを占めています。

モデル名 VIDA/VIDA HD
造形サイズ 140×79×100mm
本体寸法 96×54×100mm
重量 34.0kg
積層ピッチ 0.025mm~0.15mm
造形方式 DLP方式
販売会社 リコージャパン株式会社
〒105-8503 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル

>>VIDA/VIDA HDの特徵・導入実績を詳しくみる<<