アジリスタ[KEYENCE]

国産高精細3Dプリンター「アジリスタ」についてリサーチ。モデルの特徴などをまとめています。

アジリスタの画像

引用元:キーエンス公式サイト
<http://www.keyence.co.jp/marking/3d_printer/>

モデル特徴

設計者のための国産高精細3Dプリンター

アジリスタはものづくりに携わる開発者のために作られた業務用3Dプリンターです。インクジェット方式を採用した高精細造形が可能なモデルで、例えばギアの噛み合わせなど細かな部分まで再現できる精度があります。また国産メーカーのため、充実したサポートやサービスが受けられるのも魅力。不安定になりがちなランプ光量も照度をワンボタンで検出して自動補正するなど、長時間かかる造形も安心して製作できます。

世界で初めて水溶性のサポート材を採用

アジリスタは世界で初めて水溶性のサポート材を採用した3Dプリンターです。3Dプリンターは造形家庭で形状を保持するためのサポート材を一緒に使うため、最終的な形状にするためにサポート材の除去が必要となります。アジリスタはこのサポート除去作業に手間がかからないようにするため、水溶性のサポート材を使用。水に浸けておくだけで造形モデルが完成します。

設置が容易なオフィス仕様

従来のインクジェット方式の3Dプリンターは、造形精度は高いものの設置するのに配管工事や付帯工事が必要でした。そのため、3Dプリンターの購入費用だけでなく余分な費用が掛かってしまっていたのです。アジリスタはオフィスへの設置性にこだわっており、設置に必要なものは100V電源と水道水だけです。費用を抑えられるだけでなく、設置の手間もかかりません。場所を選ばず使えるので、オフィスにも問題なく設置可能です。

アジリスタの性能をお試しできる

さまざまな機能を持つアジリスタですが、実際に使ってみないとわからない部分もあるかと思います。そんな方にはアジリスタのレンタル機貸し出しサービスも可能です。数回しか使わない方はもちろん、導入を検討している方も一度レンタルで試して導入効果を社内で共有できるのもポイントです。

また、実際のアジリスタで作った仕上がりを確認するため、無料造形サービスもおこなっています。おおまかな造形時間や樹脂使用量も把握できるので、これをもとに導入を検討できるでしょう。

造形材料にもこだわり

アジリスタの造形材料としては、セルフタッピングでも割れず内部を確認できる透明樹脂(AR-M2)、インクジェット方式では世界初のシリコーンゴムが渋滞の低硬度に続き、高硬度シリコーンゴムも追加されています。またアジリスタは高精細造形はそのままで耐熱100℃を実現できる樹脂をリリースしています。これにより配管やハードの基盤など、使用用途が増えました。

製作に向くタイプ

積層ピッチ0.015mmで細かい部品も実現

アジリスタの積層ピッチは0.015mmなので、モデル表面の段差が非常に少ないのが特徴です。水溶性サポート材を使用するため表面にサポート材が残らず、狙い通りの造形をすることができます。例えばサポート材が表面に残るとネジが締まらないものもありますが、アジリスタならネジ穴にきっちりネジを取り付けることができます。

商品スペック

<AGILISTA-3200>

  • 造形サイズ:297×210×200mm
  • 本体寸法:944×700×1360mm
  • 重量:188kg
  • 積層ピッチ:0.015~0.020mm
  • 造形方式:インクジェット

導入実績例

アジリスタは半透明の樹脂使用やサポート材を除去しやすいというメリットがあり、このメリットを活かしたいと考える企業に多く導入されています。例えば株式会社アルファでは他の3Dプリンターではできなかったギア・レバーの組付け確認や漏水チェックなど、株式会社童夢ではレーシングカーなどのデザイン確認やイベント用部品などを造形。部品の組付けができるメリットが多くの企業から選ばれるポイントです。

設備設計における手戻り60%減

トヨタ自動車株式会社の100%子会社である株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング(TPEC)ではアジリスタを導入することで、設計不具合による手戻りが60%減と大幅に改善されました。また設計によるリードタイムも15%削減されるなど、業務効率も向上しています。そして3Dプリンター導入前にできなかったことができるようになったことで、社内でのさまざまな新しいものを考案して試そうという流れができ社内イノベーションも活性化しています。

また、ユーザーインターフェイスも日本語に完全対応しているため、非常にわかりやすいというのも導入してよかった点のようです。

水につけて使う模型が作れるのはアジリスタだけ

一般財団法人日本造船技術センターでは、造船会社から受託した省エネデバイスの水槽試験にアジリスタの3Dプリンターを使用しています。

省エネデバイスの模型はより高い精度が求められるもので、これまでは模型製作が間に合わない状況で、外注しても高い制度に対応していなかったそうです。

アジリスタは高精度でありながら、造形物を水につけて使用できる唯一のものだったのです。データができた翌日~翌々日には模型が完成するので模型再作時間が短縮されました。また表示が日本語表示という点も使いやすいポイントのようです。

製品のサポート体制

国産メーカーが相談から導入後まで直接サポート

一般的な3Dプリンターの製品サポートは、購入前の相談なら販売会社がサポートをし、購入後はメンテナンス会社が行うのが一般的です。ですが、アジリスタは導入検討の相談から、導入度のアフターフォローまで開発メーカーであるキーエンスが直接対応します。そのため、素早く適切な対応をしてくれるので安心です。

樹脂や保守部品は最短当日出荷・翌日到着も可能

3Dプリンターで使用する樹脂が不足した場合、または保守美品の交換などの場合はメーカーに発注することになります。アジリスタの場合、メーカーであるキーエンスで常時在庫を抱えているため、時間内に注文すれば当日発送も可能です。翌日には樹脂や保守部品が到着するので、万が一の時にも作業に穴をあけることが少なくなります。

国内メーカーならではの日本語によるわかりやすい対話式タッチパネル

国内メーカー製のため、本体のカラータッチパネルは造形スタートからメンテナンスに至るまで、日本語によるわかりやすい対話式タッチパネルになっています。そのため、誰でも簡単に操作でき、操作間違いがしにくいです。

仕上がりが分かる無料造形サービス・レンタル機貸し出しサービスあり

3Dプリンターを導入したが、精度がイマイチというケースも少なくありません。また企業では造形時間や樹脂使用量も重要なポイントになります。アジリスタは導入検討のために、お客様の3D-CADデータをもとにアジリスタで造形するサービスをおこなっています。それにより、導入の検討も可能。

また使い勝手などを見極めるため、アジリスタのレンタル機の貸し出しサービスもおこなっています。導入するにも、社長や上司の理解を得るためにも使ってみて検討したほうが理解度が高まるでしょう。

販売会社

会社名 キーエンス
所在地 (本社・研究所)大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14
(東京研究所)東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場18F