EOS M 290[EOS]

ドイツのEOS社が開発した3Dプリンター「EOS M 290」について、モデルの特徴やスペック、商品の導入例などをご紹介します。

EOS M 290の画像

引用元:eos e-Manufcturing Solutions
<https://www.eos.info/eos-m290>

モデル特徴

高いパフォーマンスを発揮する3Dプリンター

EOS M 290は、ドイツのEOS社が開発した、粉末の金属をレーザーで1層ずつ溶融し固めて造形する金属3Dプリンター。高い精度・解像度に加え、表面品質にも優れていて、高密度・機械特性が高いのが特長です。

EOS M 290には最新の400Wのファイバーレーザーが備わっており、フォーカス径を小さくすると高い細部の形状再現性が得られ、複雑な部品も製作が可能。フォーカスを調整することで生産性向上を図れるだけでなく、プロセス制御の幅を高めることができます。

ダイレクト造形と高い品質管理機能が魅力

EOS M 290は、金属素材を使って3Dデータのみでダイレクトに製品を造形することが可能です。さまざまな金属の種類に対応しており、試作品だけでなく金型や最終製品まで製作できるため、スピード向上やコストダウンが図れます。

ほかにもEOS M 290には「EOSTATE」というシステムがあり、データ管理や内臓カメラによる監視、レーザー出力の監視などの品質管理が可能です。この品質管理機能を活用することで、より高品質な製品を造形することができます。

優れたコストパフォーマンス

射出成型や鋳造、鍛造などでの量産を想定した製品作りの場合、従来の手法では初期投資や巨大な設備投資はもちろん、プロトタイプと完成品の材料の違いによる修正や形状の変化に対応するために多額のコストがかかります。商品開発を進めるためには、本来であればどんどん試作品を作って、本当に製品化できるかどうか確認していく必要があります。

しかしプロトタイプを作るだけでも大きなコストがかかってしまうので、商品の品質やスペックが合格であっても投資額を回収できるかという点が問題になり、これが商品開発を遅らせる要因になっていました。

しかし、EOS M290はプロトタイプを作れるのはもちろん最終製品としての製造用途としても使えるので、商品開発にかかるコストを大幅に削減することに成功しています。

プロトタイプで使用する材料と、最終品で使用する材料と同等の材料特性を実現することができるという特性を活かすことで、新しいプロトタイプの制作もコストを気にせず作り出せるのは最大のメリットにもなっています。

また、コストを抑えられるということは、量産製品だけではなく多品種の少量生産製品の需要にも対応できます。少量生産品というのは、量産製品よりもコストに対してストイックにならなくてはいけないため、こういった分野の事業を行う会社は先進的な開発ができないのが実情です。

しかし、莫大な費用をかけることなく試作品を作れる、必要であれば最終製品まで一貫して製作できるEOS M290を活用すれば、投資回収の問題もクリアになるというのも特徴と言えるでしょう。

製作に向くタイプ

幅広い素材に対応し、試作品から最終製品まで生産可能

EOS M 290は、軽合金や超合金、鋼鉄類、複合材にいたるまで、さまざまな材料を融解して造形を行なうことができるシステム。250×250×325mmと造形サイズも広いため、多種多様な製品を造形できます。

試作品や最終製品、金型まで、複雑なデザインも3Dデータからダイレクトに造形することが可能なため、自動車の部品や複雑形状の冷却水管など幅広い造形物に対応でき、デンタルやメディカル向けにも応用が可能です。

商品スペック

EOS M 290

  • 造形サイズ:250×250×325mm
  • 本体寸法:2,500×1,300×2,190mm
  • 重量:約1,250kg
  • 積層ピッチ:0.02~0.06mm(使用する材料によって異なる)
  • 造形方式: 粉末積層造形法

導入実績例

高い精度で複雑な製品も造形できる「EOS M 290」を取り入れている日本の企業は多くあります。シンフォニアテクノロジー株式会社では、航空宇宙部門でロケットや航空機用の部品製造に取り組むためEOS M 290を導入し、試験運用を行なっています。そのほかにも、原田車両設計株式会社では、幅広い分野でEOS M 290の3Dプリンターを使用した試作品や量産品などを製作。車載組み込み開発や介護医療機器、航空設備機器の開発にも取り組んでおり、多くの分野でEOS の3Dプリンターが活躍しています。

ものづくり革新に活用

8つの主要事業をナブテスコ デジタル・エンジニアリングセンターでは、データをデジタル化し、さらに3次元化するためにEOS M290を導入。

ものづくりの3D化は、開発期間を短縮させると同時に、グループ会社が開発したAMシステムを積極的に活用するようになるため、企業全体のバックアップにつながっています。

デジタルエンジニアが手がけるものづくりを革新することで、6つのカンパニーと2つのグループ会社を支えるナブテスコの、持続的な成長をサポートする技術面を強化しています。

EOS M290で新規事業立ち上げ

オリックス・レンテックでは、需要が高まっている3Dプリンタの造形受託サービスを始めるためにEOS M290を導入。

顧客のデータを基に、試作品や試験片などをEOS M290で具体的に造形するという斬新な事業で、従来の取引先である航空・宇宙関連や自動車だけでなく、エレクトロニクス、機械、建設、研究機関など新しい分野の取引先獲得に成功しています。

また、造形受託サービスで培ったEOS M290の技術的なノウハウなどを基に、自社で金属プリンタを導入したいと希望する顧客への導入支援サービスも行うことで、ソリューションカンパニーとしてのブランド力アップにも役立てています。

製品のサポート体制

クラウドサービス

製品開発によって発生するデータ管理、維持に対するコスト、サーバー構築にかかるコスト、セキュリティなどの悩みを解決してくれるのがクラウドサービスのManufacturing-Spaceです。

サーバーの導入費用からランニングコストまで大幅に削減、外出先でもCADデータを閲覧可能にしたマルチビューアー、NTTデータグループのデータセンターを利用して保管場所を確保することでセキュリティ・ウイルス・BCP対策も万全、営業情報・設計・生産情報などあらゆるデータを一元管理などあらゆる悩みにマルチに対応します。

AMソリューション

レーザーを使用した粉末積層造形法による粉末積層造形システムや完全自動化で最高の研磨品質を実現するDryLyteテクノロジーを使ったDLyteで、試作から量産まで対応できるサービスを提供しています。

CAE受託・技術サービス

最新のCAEシステムと高度な技術により、機械部品などの小さい製品から大型構造物まで多様な分野へのトータルソリューションサービスを提供。

自動車・航空機・船舶・圧力容器・産業機械の受託解析など技術支援サービスを行います。

生産設計受託

造船生産設計サービスでは船殻・管艤装・鉄艤装の生産設計を、鐵構生産設計サービスでは橋梁・鉄骨など鋼構造物の原寸処理サービスを行っています。

販売会社

会社名 株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
所在地 (東京本社)東京都大田区西蒲田7-37-10 グリーンプレイス蒲田