EOS M 290[EOS]

ドイツのEOS社が開発した3Dプリンター「EOS M 290」について、モデルの特徴やスペック、商品の導入例などをご紹介します。

EOS M 290の画像

引用元:eos e-Manufcturing Solutions
<https://www.eos.info/eos-m290>

モデル特徴

高いパフォーマンスを発揮する3Dプリンター

EOS M 290は、ドイツのEOS社が開発した、粉末の金属をレーザーで1層ずつ溶融し固めて造形する金属3Dプリンター。高い精度・解像度に加え、表面品質にも優れていて、高密度・機械特性が高いのが特長です。

EOS M 290には最新の400Wのファイバーレーザーが備わっており、フォーカス径を小さくすると高い細部の形状再現性が得られ、複雑な部品も製作が可能。フォーカスを調整することで生産性向上を図れるだけでなく、プロセス制御の幅を高めることができます。

ダイレクト造形と高い品質管理機能が魅力

EOS M 290は、金属素材を使って3Dデータのみでダイレクトに製品を造形することが可能です。さまざまな金属の種類に対応しており、試作品だけでなく金型や最終製品まで製作できるため、スピード向上やコストダウンが図れます。

ほかにもEOS M 290には「EOSTATE」というシステムがあり、データ管理や内臓カメラによる監視、レーザー出力の監視などの品質管理が可能です。この品質管理機能を活用することで、より高品質な製品を造形することができます。

製作に向くタイプ

幅広い素材に対応し、試作品から最終製品まで生産可能

EOS M 290は、軽合金や超合金、鋼鉄類、複合材にいたるまで、さまざまな材料を融解して造形を行なうことができるシステム。250×250×325mmと造形サイズも広いため、多種多様な製品を造形できます。

試作品や最終製品、金型まで、複雑なデザインも3Dデータからダイレクトに造形することが可能なため、自動車の部品や複雑形状の冷却水管など幅広い造形物に対応でき、デンタルやメディカル向けにも応用が可能です。

商品スペック

EOS M 290

  • 造形サイズ:250×250×325mm
  • 本体寸法:2,500×1,300×2,190mm
  • 重量:約1,250kg
  • 積層ピッチ:0.02~0.06mm(使用する材料によって異なる)
  • 造形方式: 粉末積層造形法

導入実績例

高い精度で複雑な製品も造形できる「EOS M 290」を取り入れている日本の企業は多くあります。シンフォニアテクノロジー株式会社では、航空宇宙部門でロケットや航空機用の部品製造に取り組むためEOS M 290を導入し、試験運用を行なっています。そのほかにも、原田車両設計株式会社では、幅広い分野でEOS M 290の3Dプリンターを使用した試作品や量産品などを製作。車載組み込み開発や介護医療機器、航空設備機器の開発にも取り組んでおり、多くの分野でEOS の3Dプリンターが活躍しています。

販売会社

会社名 株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
所在地 (東京本社)東京都大田区西蒲田7-37-10 グリーンプレイス蒲田