DWSXFAB[DWS Systems]

Dwssystemsから発売の光造形3Dプリンター「XFAB」について、特徴やスペックを紹介します。

XFAB画像

引用元:DWS Systems公式HP
<http://www.dwslab.com/xfab/>

モデル特徴

低価格モデルの光造形方式3Dプリンター

Maker Faire Rome 2015で発表され本格的なオーダーを開始した、「DWS XFAB」。超高精細な造形が得意なDWS Systemsの光造形機は、価格が数百万円単位のため、なかなか手を出しにくいものでした。そんななか発表された「DWS XFAB」は設定予定価格が100万円以下と、光造形3Dプリンターのモデルとしてはとても低価格。さらにワークサイズが直径180mm×高さ180mmと大きいため、さまざまな造形物の製作に活躍します。

最小積層ピッチ0.01mm~で高精細な造形が可能

DWS XFABの積層ピッチは0.01mm~0.1mmとなっています。最小積層ピッチが0.01mmというのは光造形方式3Dプリンターでは優れた数値です。他のメーカーでは最小積層ピッチが0.02mmからが多いので、DWS XFABの高性能さがうかがえます。0.01mmでの出力では積層面が目立たないというよりも、積層跡が無いような状態までなめらかに仕上がるため、表面仕上げが必要ありません。塗装や加工が簡単に行えるのも強みです。

製作に向くタイプ

豊富な材料選びであらゆる造形物が可能

DWS XFABは標準アクリル酸やポリプロピレンライク、ABSライク、ゴムライク、ナノセラミック、ワックスライクまで、さまざまな材料を使えるため幅広い造形物が作れます。3Dプリンターで実は一番大事だと言われているのが樹脂の開発。DWSは3Dプリンターの樹脂開発の第一人者と呼ばれる荻原博士が担当しています。そのため最高品質での樹脂開発が可能。樹脂交換も他社では数時間かかることもあるのに対し、DWSは30秒で樹脂交換ができるので、毎回樹脂を変えての造形も簡単にできます。

商品スペック

<DWS XFAB>

  • 造形サイズ:直径180×高さ180mm
  • 本体寸法:400×606×642mm
  • 重量:35kg
  • 積層ピッチ:0.01~0.1mm
  • 造形方式:光造形

導入実績例

DWS XFABは販売したばかりのため導入実績はまだはっきりしていませんが、DWSはあらゆる業界で活躍していて、既に世界で500台以上、5,000社以上の納入実績を誇っています。制作者が日本人のため、ソフト操作が直感的であるのも導入の敷居が低くなっているポイント。カスタマーセンターもありアフターフォローも充実しています。

販売会社

会社名 シーフォース株式会社
所在地 (本社)東京都台東区台東4-18-11
(加工部)東京都台東区台東4-18-12