B9 Core Series 530[B9Creations]

B9Creationsの3Dプリンター「B9 Core Series 530」をリサーチ。商品の特徴やスペックなどを調べました。販売代理店の情報もあわせて紹介します。

B9 Core Series 530の画像

引用元:B9Creations
<https://www.b9c.com/3d-printers/b9-core-series>

モデル特徴

積層痕がない滑らかな仕上がり

B9 Core Series 530は、光で樹脂を硬化させて造形する光造形方式の3Dプリンターです。

ライトエンジン方式の採用により、光と酸素の流量を制御してレジンを精密にコントロールすることが可能に。これまでのDLPやレーザーといった方式では積層痕と呼ばれる層の切れ目が生じてしまい、脆弱性や異方性などの問題がありましたが、ライトエンジンではプラットフォームの移動・硬化の動作がないため、積層痕がなく高精細な造形が可能となっています。

世界最速クラスの造形スピード

日本製のモーションシステムを導入し、世界最速クラスの造形スピードを誇っています。光源のHD LEDは産業用を使用し、その速さは業界標準の4倍。最大1時間で12cmの高さを造形でき、シンプルなデザインの指輪なら30分で15本も仕上げることが可能です。月1000本以上の製造が必要な場合でも、1台あれば問題ありません。

販売代理店のオンラインショップでは、材料となるレジンも販売。解像度が高いもの、扱いやすさに優れたもの、安定性の高いものなど、目的や用途に合わせて選べます。

オフィスでの使いやすさにも優れた機能と保証

B9 Core Series 530は、オフィスでの使いやすさにも優れている3Dプリンター。

本体に操作パネルを標準装備しているため、ボタン一つで微調整から造形まで自動で行えます。これまで多くの時間を要していた調整の手順が簡略化され、創作に時間をかけることが可能になりました。さらに、オフィスで使用することを想定してエアーフィルターを搭載。レジン特有の臭いも気になりません。

納品日には代理店スタッフが設置やソフトウェアのダウンロードなどを行ってくれます。1年間の保証付きで、メンテナンスや修理が無料。海外製品ながら日本製同様の安心感があります。

製作に向くタイプ

高精細な造形を活かしてジュエリー制作に

ライトエンジン方式により繊細な造形を得意とするB9 Core Series 530。造形サイズは小さめですが、凝ったデザインのジュエリー制作に向いています。ペアリングを横置きで造形する場合、わずか10分程度で完成するほどのスピードも持ち合わせているため、サンプル作りまでの期間を短縮できます。ジュエリー以外にも、製造・工業・医療など幅広い現場で活躍できるでしょう。

商品スペック

B9 Core Series 530

  • 造形サイズ:57.6×32.4×127mm
  • 本体寸法:597×419×267mm
  • 重量:17kg
  • 積層ピッチ:0.01mm
  • 造形方式:光造形

導入実績例

詳細は不明ですが、ジュエリーや治具などで利用されています。ほかにも、コロンビア大学やニューヨーク大学、京都大学、シンガポール国立大学など、世界中の多くの大学でも実験・研究に使用されている実績があります。

販売会社

会社名 株式会社 システムインナカゴミ
所在地 山梨県中央市山之神流通団地 1-8-2