3DUJ-553[MIMAKI]

株式会社ミマキエンジニアリングの3Dプリンター、3DUJ-553を調査。3DUJ-553の造形方式や、どのような製造現場に向いているかについて紹介します。滑らかな造形と鮮やかな色合いを表現できる3Dプリンターを探している場合は、ぜひ参考にしてみてください。

3DUJ-553のキャプチャ画像

引用元:株式会社ミマキエンジニアリング公式サイト
<https://japan.mimaki.com/special/3d_print/product.html>

モデル特徴

フルカラーUV硬化インクジェット方式を採用した3Dプリンター

3DUJ-553の造形方式は、フルカラーUV硬化インクジェット方式を採用しています。フルカラーUV硬化インクジェット方式とは、マテリアルジェッティング方式に含まれ、UV光(紫外線)で硬化する樹脂を使って造形しているのが特徴です。

具体的には、樹脂を1層ずつ吹き付け、プリンターヘッドに取り付けられたUC光を照射する装置を使い樹脂を硬化させていきます。フルカラー造形が可能で、造形後に色を付けるのではなく、色付きの樹脂を使用するので後加工の必要がありません。

世界初の1000万色以上を使用したフルカラー造形

3DUJ-553の大きな特徴は、1000万色以上の色を再現できるところです。株式会社ミマキエンジニアリングの技術を集めて開発し、さまざまな色合いを表現できます。

また、色の種類が豊富なだけでなく、発色の良さも魅力です。従来の3Dプリンターでは、石膏を使用していたため、粉っぽさや白っぽさが出ていました。しかし、3DUJ-553の場合はカラーインク層を通してホワイトインク層で光を反射する仕様にし、カラーインクが美しく見えるように工夫されています。さらにクリアインクを使用して、透過率も調整しながらの造形が可能です。

カラーデザインもシミュレーションできる

3Dプリンターで時間と手間がかかる作業の1つが、造形した製品の色を設計通り再現できるまで調整することです。

3DUJ-553では、「Adobe Photoshop」にミマキのオプションプラン「カラーマネジメントソフトMPM3」を加えることで、完成後のカラーデザインをシミュレーションできます。そのため何度も造形して色に関する出力を調整するコストや手間をかけることなく、パソコン上で再現できるのも3DUJ-553ならではの魅力といえるでしょう。

高精度な造形が可能

3DUJ-553は、カラーバリエーションの豊富さだけでなく加工精度にもこだわりがあります。

株式会社ミマキエンジニアリングは2Dのプリンター技術を蓄積していたので、その技術も活用して独自の高精度な吹付加工を実現しました。エッジ加工や幅1mmの欄干造形、厚さ0.3mmの羽、バリバブルドット機能を用いた粒子の雰囲気を出さない滑らかな柄加工も可能です。また、積層ピッチ22μm(0.022mm)と3Dプリンターの中でも、とくにピッチ幅が狭く、なめらかな表面に加工できます。

後加工可能なアクリル系樹脂を採用

3Dプリンターで加工する製品によっては、ドリルで穴開けを行なったり切削加工を施したり、後加工の必要なケースもあります。しかし、材料によっては硬度が高い材料や、ゴムのように柔らかすぎて加工しにくいといった課題も生じやすいのです。

そこで、3DUJ-553では後加工もしやすい、アクリル系樹脂を採用しました。耐荷重も強化されていて、5kgの荷重にも耐えられます。

製作に向くタイプ

フルカラー加工や後加工が必要な製品

3DUJ-553は、世界初の1000万色以上の色を表現できる3Dプリンターですので、単に試作パーツを造形するのではなくカラーデザインも重要な現場に向いています。

また色の種類が多いわけではなく、高発色ですので再現性も高いです。他にも、サポート材除去機能を搭載しているので、サポート材除去加工が難しい・ノウハウが少ない状況の現場でも製品に傷を付けず仕上げることができます。積層ピッチは0.022mmと高精度ということもあり、滑らかな表面を表現する必要のあるフィギュア造形にも適しています。

商品スペック

<3DUJ-553>

  • 造形サイズ:508×508×305mm
  • 本体寸法:2250×1500×1550mm
  • 重量:590kg
  • 積層ピッチ:0.022mm
  • 造形方式:UV硬化インクジェット方式

導入実績例

3DUJ-553の具体的な導入実績について、いくつかご紹介していきます。

印刷業を営んでいるA社

オフセット印刷事業を展開している印刷会社の子会社、A社が3DUJ-553を導入しました。A社では、紙以外へのプリントを専業にするという方針を掲げていたので、3Dプリンターを導入・生産を行なっています。同社では、オリジナルスマホケースやUSBメモリをはじめ、クリエイターが作成している作品を3Dプリンターでモデリングしています。

測定や検査なども行うB社

砂型鋳造の試作や金属の切削、他にも産業用のCTスキャンによる測定・検査を行なうB社も、3DUJ-553を導入しています。B社は、得意先から色付きのフィギュア造形が欲しいという要求から、フルカラー造形ができる3Dプリンターを探し、3DUJ-553の導入を決めました。医療用の臓器や人体模型をはじめ、動物や人などのフィギュアを3DUJ-553を使って造形・販売しています。

広告物制作を行なっているC社

C社の場合は、色を付けられる3Dプリンターであることや、サポート材の除去に必要な加工と人員が少なく済むなどのメリットがあるといったことから導入を決めました。インクジェットプリンタを活用した広告物の制作を手がける企業で、3DUJ-553を導入して立体造形の必要なオリジナル商品やアメニティの依頼に応えています。

販売会社

会社名 株式会社ミマキエンジニアリング
所在地 長野県東御市滋野乙2182-3