HOME » 業務用3Dプリンター&メーカー一覧

業務用3Dプリンター&メーカー一覧

業務用3Dプリンターにはどんなモデルがあるのか。各モデルの特徴を紹介します。

業務用3Dプリンター&メーカーガイドレベルは

3Dプリンターの低価格化にともない国内・世界的にもどんどん市場が拡大していますが、3Dプリンター市場は企業が試作品づくりに活用する業務用が中心となっています。価格が高いものが多いですが、それだけに高精細なモデル造形が可能となっており、試作品だけでなく最終製品としての出力もすることができます。

各メーカーでは業務用向けの3Dプリンターをラインアップしているので、それぞれの特徴を紹介します。

DWSXFAB[DWS Systems]

最小積層ピッチ0.01mmを誇る光造形プリンター。DWS Systemsの最新モデルで、光造形機として低価格ながら超高精細な造形が可能です。造形サイズが180×180mmと大きく、あらゆる目的で使えます。また豊富な材料選びができるので、業界問わず活躍するモデルです。

>>DWSXFAB[DWS Systems]について詳しく<<

DWSシリーズ[DWS Systems]

世界で一番出力表面がキレイだと言われているDWS systemsの3Dプリンター。出力表面が段々になることがないため表面仕上げを必要とせず、全面に模様が入っている造形物も手間なく作ることができます。20種類以上の樹脂が使用可能、樹脂交換も30秒で可能と、使い勝手の良さも魅力です。

>>DWSシリーズ[DWS Systems]について詳しく<<

Formシリーズ[Formlabs]

スタイリッシュなデザインと低価格、高機能さが人気のモデルです。光造形方式で複雑な造形物も完成度高く作れます。本体にはフルカラーのタッチパネルディスプレイを搭載するなど、使い勝手の良さにも定評があります。

>>Formシリーズ[Formlabs]について詳しく<<

monoFab ARM-10[Roland]

monoFabはイメージを立体化するための3Dプリンター「ARM-10」と、アイディアを削り出して立体造形する切削加工機「SRM-20」の2つのデスクトップツールで夢を現実化します。あらゆるアイテムのデザインを初期段階で造形することができるので重宝します。

>>monoFab ARM-10[Roland]について詳しく<<

ProJet1200[3D Systems]

粉末状の材料にレーザー光線を照射して焼き固めていく光造形で、精密なデザインを造りだします。コンパクトなボディーながら高速かつ高精細な造形を実現できるので、納得のいく完成度が得られます。ProJet1200は他のモデルと比べると造形サイズが小さいので、指輪などのアクセサリーや歯科用ワックス等の原型造形などにぴったりです。

>>ProJet1200[3D Systems]について詳しく<<

ProJet3500[3D Systems]

ProJet3500はインクジェット方式で紫外線硬化樹脂を一層ずつ積層させる3Dプリンターです。圧倒的にキレイな表面に仕上がるので、あらゆるビジネスに対応できます。業界でもトップクラスの精度とコストパフォーマンスを実現するモデルなので、オールマイティーな分野で活躍します。

>>ProJet3500[3D Systems]について詳しく<<

ZORTRAX M200[ZORTRAX]

ZORTRAX M200は全世界で数千台がプロの現場で活躍している、信頼できるモデルです。プリントに必要なものは全て付属されているので、すぐに使えます。正確な再現性や寸法精度は現在販売されている3Dプリンターのなかでもレベルがとても高く、ABSを利用した試作品作りでは業界実績No1となっています。操作性やクオリティの高さを求める方に最適です。

>>ZORTRAX M200[ZORTRAX]について詳しく<<

Value3D MagiX MF-1100[MUTOH]

Value3D MagiXは何といっても日本製という安心感がポイントです。熱溶解積層の3dプリンターで、MF-1100はシングルヘッドのモデルです。従来のデスクトップ3Dプリンターはフレーム剛性が低いのに対し、Value3D MagiXはフレーム剛性を高めることでプリント精度の高さと美しい造形を可能にしています。

>>Value3D MagiX MF-1100[MUTOH]について詳しく<<

FORTUSシリーズ[Stratasys]

3Dプリンター市場で世界No1シェアを誇るStratasys。FORTUSシリーズは熱溶解積層方式のシリーズで、高い耐久性と耐熱性を持ちあわせている高性能モデルです。FORTUSシリーズは大型造形機ですが、シリーズ内にはオフィスにも置ける中型造形機もあり、業種・目的に応じたモデルの導入が可能です。試作品の製作から最終製品の生産にも活躍します。

>>FORTUSシリーズ[Stratasys]について詳しく<<

OBJETシリーズ[Stratasys]

OBJETシリーズは世界No1シェアのStratasysから販売されているインクジェット方式のモデルです。サイズはデスクトップモデルから中型製造機、大型製造機まで幅広くラインアップされています。デスクトップモデルでも最小積層ピッチが0.014mmと、業務用にふさわしい高精細でなめらかな出力が可能です。複合材料モードでは樹脂を混ぜることで120種類の材料が使えるモデルも存在するため、あらゆる現場に対応します。

>>OBJETシリーズ[Stratasys]について詳しく<<

アジリスタ[KEYENCE]

アジリスタはものづくりに携わる開発者のための業務用3Dプリンターです。ギアの噛み合わせなどの細かな部分まで再現できる精度を持ちあわせています。安心の国産メーカーなので、充実したサポートやサービスを受けられるのも魅力です。また世界で初めて水溶性のサポート材を採用したのも、このモデルになります。

>>アジリスタ[KEYENCE]について詳しく<<

Rapid Meister ATOMmシリーズ[CMET]

CMETでは国産大型3Dプリンター「ATOMm-8000」とミドルサイズ光造形装置「ATOMm-4000」を展開している国産メーカーです。ワークサイズがとても広く、大型モデルも一体造形可能。さらにタッチパネル方式の簡単操作など、日本でのものづくりを応援する機能が備わっています。多様なサイズ・造形物のニーズに対応しているため、あらゆる現場で使えます。

>>Rapid Meister ATOMmシリーズ[CMET]について詳しく<<

3Zシリーズ[Solidscape]

Solidscape]の3Zシリーズは現在4種類のモデルがあります。造形ベースをセットしてデータ転送すれば、あとはスタートボタンを押すだけの簡単操作や、専用除去液に浸けるだけでいいサポート材除去など、使い方がシンプルなので誰でも特別な知識なく自由に造形ができます。最新特許技術“Smooth Curvature Printing”が標準搭載されているので、表面もなめらかで美しく出力されます。

>>3Zシリーズ[Solidscape]について詳しく<<

NF-700D[NOPPO]

NF-700Dはヘッドを2個搭載しているデュアルヘッドが特徴的です。2色での出力が可能なためさまざまなフィラメントを使い多様な造形ができ、複数の材料を使用した作品づくり、試作品づくりなどに最適です。また最小積層ピッチは0.05mm。複雑な形状の造形もキレイに出力ができます。

>>NF-700D[NOPPO]について詳しく<<