3Dプリンターを使うメリット

3Dプリンターを使うメリットとは?業務にどんなメリットがあるのかを調べました。

3Dプリンターを使うメリット画像

引用元:シーフォース公式HP
<http://www.digitalwax.asia/resin/gallery.html>

3Dプリンターのメリット

企業が3Dプリンターを使うことで、どんなメリットが得られるのか。3Dプリンター導入のメリットを紹介します。

開発期間・製作時間を削減できる

今まではまず金型を作成してから部品製作をしていたものが、3Dプリンターならモデリングデータさえ用意すれば金型を作成する必要がなくなります。そのため試作品やテストパーツ、治具なども容易に作られるようになり、開発期間や製作時間を削減できるようになりました。

コストを削減できる

外注に依頼をして製作していた試作品を社内で作ることができるため、コストを削減することができます。さらにデータやパソコン画面からは気づかなかったデザインミスを金型製作前に確認することができるので、ミスを防ぎ無駄なコストを抑えることができます。試作品だけでなく実際の製品を作る際も3Dプリンターを活用することで、大幅なコスト減が期待されています。

品質が向上する

3Dプリンターを使えば手軽に造形ができるので、試作段階で細かい形状や動きの確認をすることができます。出力した部品を実際に組み立てることで量産前の事前検証もでき、製品の品質向上につながります。

また今までパーツを組み合わせて作っていたものが、3Dプリンターを使うことで1つのまとまった形で製造できます。このため耐久性において従来品よりも向上させることもできます。

アイディアをすぐに造形することができる

従来は思いついたアイディアがあっても、すぐに手軽に造形することができませんでしたが、3Dプリンターを使えばアイディアをすべて簡単に造形することができます。手軽に使えるため、より良いアイディアの創出につながります。

余分な在庫を持つ必要がない

これまでは製品が故障した時のために、予備としてパーツをある程度用意しておく必要がありました。ですが、3Dプリンターでの製作ならデータを管理しておくだけで済むため、必要なときに必要な分だけ作ることが可能です。商品の改変や改良についてもデータを操作するだけで良く、新しく金型等を作る必要がありません。在庫の管理がなくなりますし、開発中に発生していた廃棄物も削減でき、製造中止でパーツがなくなり修理ができないということもなくなります。