使い方の手順

3Dプリンターのデータ作成から出力まで。どのような手順で行われているのかを紹介します。

使い方・手順の画像

引用元:シーフォース公式HP
<http://www.digitalwax.asia/>

3Dプリンターの使用方法

3Dプリンターを使って造形物を作るには、どのような手順が必要になるのでしょうか。3Dプリンターによって積層方式はさまざまですが、出力するまでの流れはほぼ同じになります。一般的な3Dプリンターの使用方法を紹介します。

(1)データを作成する

3Dプリンターを使うには、もとになる3Dデータが必要です。3Dデータを作るには「3D-CADや3D-CGソフトを使って自分で作る」「実物をスキャンする」「配布サイトからダウンロードする」の3つの方法があります。企業で3Dプリンターを使う場合は自社でのデータ作成は必須ですが、個人の場合は無料の配布サイトからのダウンロードデータでもさまざまな造形物を作ることができます。

(2)STL形式での出力、または変換

3Dデータは色々なソフトや無料ダウンロードで作成したり手に入れたりすることができますが、データ形式がそれぞれ異なります。3Dプリンターでは一般的にSTL形式と呼ばれるデータ形式を扱っているため、もとの3DデータをSTL形式に出力、変換しなくてはいけません。

(3)STLデータの整合性チェック

STL形式のデータがあってもそのままでは3Dプリンターで正しく出力できるかどうかが分からないため、整合性のチェックを行います。データは問題がなくても、立体として成立していない場合、3Dプリンターは出力ができません。そこで出力前にはSTLデータに破綻がないかどうかをチェックします。

(4)ツールパスデータに変換する

STLデータに破損がないかを確認したら、スライスソフトを使ってSTLデータをツールパスデータに変換します。3Dプリンターでは一般的に樹脂を一筆書きするように一層一層積み重ねて造形していきます。この動きをするためには、STLデータを一層一層スライスしてヘッドを動かす必要があり、データを今度はツールパスデータと呼ばれるものに変換します。これでもとの3Dデータが3Dプリンターを動かす最終的なデータ形式まで変換されたこととなります。

(5)データを読み込ませて出力する

ツールパスデータが完成したら、そのデータを3Dプリンターに読み込ませて出力を行います。データを読み込ませて出力する方法は2通りあります。ひとつはパソコンを必要とせず単体で動作する3Dプリンターで、もうひとつはパソコンからの制御で動作するため出力時にはパソコンも稼働させて専用ソフトを動かす3Dプリンターです。データさえ完成すれば3Dのプリントは簡単なクリックでできる場合がほとんどになるので、難しい操作の必要はなく、造形物を出力することができます。