3Dプリンター活用技術検定とは

立体的な造形物を手軽に作れる3Dプリンターの市場は、年々右上がりに拡大しています。そんな3Dプリンターを扱うための基礎知識や活用技術の有無を評価する「3Dプリンター活用技術検定」について調べました。試験の内容やメリット&デメリット、実際に受講した人達の口コミを紹介します。

3Dプリンター活用技術検定とは

3Dプリンター活用技術検定とは、一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)が主催している資格検定試験です。2017年からスタートしたばかりの新しい認定試験で、既に3Dプリンターを扱っているエンジニアや、これから利用したい人、興味がある人を対象に、造形方法や工程、CADデータの取り扱いなどの知識を評価します。

3Dデータに関する知識と技術が、今後さまざまな分野で必要だと予測されるなか、国内では扱う人材が不足しているのが現状です。この認定試験を通して、3Dプリンターの正しい知識と活用技術の水準を高めることができます。

受験対象者

3Dプリンター活用技術検定は、申し込みをすれば誰でも受験することができます。ただし、基本的には下記のように、既に3Dプリンターを使っているエンジニアや、これから導入しようとしている企業人、就職予定の学生などが対象になるでしょう。

    3DCADエンジニア 企業における3Dプリンター導入を担当する人 製造・建設・建築・設計・医療などに携わるエンジニア 製造業へ就職を希望する学生 個人的に3Dプリンターに興味のある人

試験内容について

3Dプリンター活用技術検定は、全問マークシート形式を採用。60分間の試験時間内に、真偽方式と多肢選択の合計60問を回答します。試験内容は、「3Dプリントのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」の3つの構成に分かれて出題されます。

(1)3Dプリンターのメリットの内容

この項目は、3Dプリンターの基礎知識、3Dプリンターを使うためのプロセスやメンテナンス、加工技術の比較や活用法や用途などが問われます。

(2)3Dプリンターの仕組みとプロセスの内容

3Dプリンターの7つの造形方法、造形材料と素材の違い、造形工程、3Dデータの取得方法などについて問われます。

(3)3Dプリンターの活用

3Dプリンターを活用するときのポイントや事例、活用のノウハウ、注意点などについて問われます。

試験会場について

3Dプリンター活用技術検定の試験会場は、2019年現在、札幌市、仙台市、東京23区、名古屋市、大阪市、福岡市の全国6都市で実施されています。企業が団体で申し込みをする場合は、別途会場が用意されます。

今後、受験者が増加すれば、試験会場が増える可能性があるでしょう。

合格基準は?

3Dプリンター活用技術検定の合格基準は、「3Dプリンターのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」の項目ごとの正解率が50%以上、総合的な正解率が70%以上になります。

2つの項目の正解率が100%であっても、3つめの項目の正解率が45%であれば不合格になるので、総合的に学習する必要があります。

試験の開催頻度について

3Dプリンター活用技術検定は、前期(9月頃)と後期(2月頃)の年2回行われています。申し込みは試験実施日の約3カ月前から始まり、1カ月前に締め切られます。合否は検定試験後から約6週間後に、Webサイトで発表される流れです。

3Dプリンター活用技術検定の勉強方法

3Dプリンター活用技術検定の勉強は、一般社団法人コンピュータ教育推進委員会が編集した公式のガイドブックを使うのがおすすめです。

3Dプリンターの関連書籍は他にもありますが、公式ガイドブックは基礎知識が網羅されており、理解しやすいように解説してあると評判です。実際の試験もガイドブックの章に沿って出題されるので、このテキスト1冊をしっかり学習することが検定試験に合格するポイントと言えるでしょう。

3Dプリンター活用技術検定のメリット

検定用の学習をすることで、自分が使ったことのない造形方法の工程や後処理、材料、その特性など幅広い知識を身につけることができます。

3Dプリンター業界(装置、材料、ソフトウェアなど)の市場規模は、今後、大きく拡大すると予想されています。しかし国内では、幅広い知識と技術を活用できる人材がまだまだ不足しています。この業界に興味ある人なら「3Dプリンター活用技術検定」を持っておいて損はないでしょう。

3Dプリンター活用技術検定のデメリット

3Dプリンター活用技術検定の難点は、試験会場が少ないことです。2019年に試験が実施された場所は、全国でたったの6カ所だけです。会場のある都道府県以外に在住している人は、交通費だけでもかなりの出費になってしまうのがデメリットと言えます。

受験者の口コミ

基礎的知識が身につく!

「自分が使ったことのない造形方式や造形材料の特性など、基礎的な知識が深まってよかった。3Dプリンターの取り扱い方法が詳しくなるので、持っていて損はしない検定試験だと思う」

難易度は決して高くない

「仕事で日常的に3Dプリンターを扱っているなら、試験対策をしなくても合格できるんじゃないか、という難易度。試験時間は1時間だったけど、半分の時間で解けるレベルだった」

公式ガイドブックでの学習がおすすめです

「公式ガイドブックは、3Dに関する知識が分かりやすく網羅されているので、試験を受けるにあたりとても役に立ちました。ガイドブックの設問がそのまま試験に出題されたものあったので、テキストを使った勉強がおすすめです」

受験料が高いかも…

「役に立つ資格試験かもしれないが、受験料の8,000円はちょっと高いんじゃないかな…と思いました」

大きなシェアが見込まれる業界!興味があるなら受験しよう

3Dプリンターは製造、建設設計、ヘルスケア業界だけでなく、今後はレジャー業界へも普及するだろうと言われています。この業界に興味があるのであれば、3Dプリンターの幅広い知識があると認定される「3Dプリンター活用技術検定」を取得しておいて損はないでしょう。