医療分野

医療分野における3Dプリンターの活用について。導入事例を調べました。

医療分野画像1医療分野画像2

引用元:iGUAZU(イグアス)公式HP
<http://www.iguazu-3d.jp/case_study/medical/><http://www.iguazu-3d.jp/case_study/moreinfomation/>

医療業界必見の3Dプリンターニュース

本物のように動かせるシリコン製心臓

2023年までに3Dプリンターで人工心臓が作れるかもしれません。しかも、本物の心臓と同じ役割を果たすほどのものです。

チューリッヒ工科大学のNicholas Cohrs氏率いる研究チームは、まるで本物のような柔らかい動きの、シリコン製心臓を開発しました。まだ実用レベルではありませんが、この研究がきっかけで心臓病の治療方法に革命を起こすでしょう。

シリコン製心臓であっても、人間の心臓血管系のシミュレーションテスト環境で心臓の動きを確認できました。血液と同じ粘度の液体を使用した際にも、きちんと機能しました。人工心臓が本物の心臓と同様に動くことを証明しています。

さらにシリコン製心臓は、本物の心臓とほぼ同じ大きさです。今までの人工心臓は本物を上回るサイズであった点を踏まえると、これも大きな進歩といえます。ただ、耐久度が心拍3000回分程度であり、使用可能時間が30~45分、長くても60分であるのが課題として残されています。

耐久度の問題を解決すれば、人工心臓のさらなる発展が望めるでしょう。Cohrs氏も、「今回はあくまで実現可能性の試験で、我々のゴールは人工心臓の開発に新たな方向性を示すことです」と語っています。 再生医学では、心臓を3Dプリントで出力するのが大きなゴールの1つです。いつしか心臓も、3Dプリンターで作れる時代に突入するでしょう。

入れ歯の基礎を3Dプリンターで作成

3Dプリンターにより、義歯床(入れ歯の基礎部分)の製作技術が開発されました。この技術に大きく貢献した企業が、エフティ・ファインテックプロダクトと口新デンタルソリューションの2社です。

共同開発によって生み出された、専用の3Dプリンター「FS-320DP」。FS-320DPならば、義歯床の製作に適したポリメチルメタクリレート(PMMA)の出力にも対応しています。また、医療認可済みのPMMAを実際に3Dプリンター用の素材・フィラメントとして用いています。

6~8時間といった短時間で義歯床を制作できるのも、FS-320DPの特徴です。一般的に総入れ歯タイプの義歯を製作する場合は、完成までに約30日間かかります。3Dプリンターを用いれば数時間で義歯床を出力し、歯の型どりから人工歯の並べ作業、樹脂成形、研磨などを含めても約10日間で完成します。大幅な時間短縮に成功しているため、義歯が早く欲しい患者の要望に応えられる技術なのです。

歯科医療3Dプリンター市場

現在、3Dプリンターの普及が進んでいる医療分野は歯科医療であるといわれています。歯科技工物と制作する「デンタス」では、全国各地から集まってくる歯型のデータを基に、3Dプリンターを使って歯科技工物を製作しています。技工センターは歯型を基に、銀歯や金歯などの被せモノや詰め物などを作成し、依頼者に発送する等を行っているのです。

2015年6月にハイテク産業市場調査会社である米国スマーテック・マーケティング社が発行した「3Dプリンティング産業レポート」によると、2024年には45億ドル(約5,535億円)に到達すると予想されています。歯科医療は3Dプリンターとの親和性が高い分野ともいわれており、今後も市場規模は確実に広がっていくことだろう。

使用できる色や素材など今後検討すべき課題は残っていますが、一歩一歩解決することで、3Dプリンターは医療の発展に大きく貢献していくと考えられています。

視覚障害者のための歩行補助具3Dプリンターの活用で量産可能に

株式会社アイプラスプラスは、視覚障害者のための歩行補助具の『オーデコ』を販売しています。

オーデコの製品の特長は、指先の触覚で情報を得るように額で世の中の情報を得ることができるというものです。視覚障害者がよく使用している白杖では感じにくい、人や動物の動きや、地面のでこぼこなどをおでこで感じることができます。

使用者にとっては、制限なく遠くにあるものを感じることができたり、人や車など、連続して動いているものをとらえることができたり、白杖でつたい歩きがしにくい場所で平面を感じることができたり、汚いものや触れない方がよいものなどを事前に感知できることもこの製品の特長です。

ユーザーのニーズに合致した商品のオーデコの課題を解決したのが3Dプリンターです。オーデコはおでこに装着するため、人それぞれで形が違います。カスタマイズして作成する必要がありました。オーダーメイドを実現するために、必要だった技術が3Dプリンターです。

人の額の形状測定を3Dプリンターで行うことで迅速かつ低コストで実現することができました。特に、子どもたちは、成長過程でどんどん額の形状が変化していくので、大人に比べてヘッドバンドを何度も変えなければなりませんが、3Dプリンターを使えば迅速かつ低コストに量産できるので小さい子どもたちへの普及ハードルも低くなっています。障害者福祉の面でも3Dプリンターの技術は大きく貢献しているのです。

3Dプリンターによる補綴物と身体拡張

3Dプリンターで「第3の親指」を作成できます。ロンドン在住のデザイナー兼写真家であるDani Clodeさんが「The Third Thumb Project」を発表しました。手のひらに3Dプリンターで作成した第3の親指を装着して、そこで生まれるさまざまな身体拡張の可能性を研究するものです。

具体的な活用方法としては、「工具を片手で扱っても、安全に作業できる」「新たなギターのコードを生み出して、演奏の幅を広げる」「遊びやスポーツを、より快適に楽しむ」などが挙げられます。身体拡張を行ってこそ初めてできる作業が、今後も提案されるでしょう。

第3の親指の操作は、Bluetooth経由で行われます。脚部にはユニットがあり、圧力センサーやバッテリー、Bluetooth接続機能を搭載。脚部で操作したデータを基にして第3の親指を挙動させる、これが一連の流れとなります。

発表者のDani Clodeさんは、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身です。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートとはロンドンの国立美術大学であり、QS世界大学ランキングの美術系分野で世界一の格付けとなった学校です。彼女は補綴物の構築だけではなく、より自己表現を行えるための研究を行なっています。人間が身体拡張することに対して、理解のある社会づくりを目指しているそうです。

3Dプリンターが起こす医療革命

3Dプリンターの進歩は目覚ましく、医療分野ではヨーロッパやアメリカを中心に手術計画、研修医の教育、手術器具や装具の制作などに幅広く応用が進んでいます。

例えば、研修医や執刀医が、本番と近い状態で手術の練習をすることができるようになっていることです。

3Dプリンターの再現性により、臓器を本物にかなり近い形で作成することが可能です。血液や皮膚の色を再現できたり、硬質、軟質、ゴム状といった異なる素材を用いることで臓器ごとの質感まで再現できたりするようになっているため、手術の検証時に役立っています。

さらにそうした臓器は、家族への治療説明をする際に使用することによって家族によりわかりやすく納得感のある説明をすることができます。さらに、執刀医がこの臓器モデルに実際にメスを入れることによって、手術のシミュレーションを行うことで高度な手術の前には予行演習を行うことが可能になっています。

近年では、海外の病院や研究所には3Dプリンターのエンジニアが常駐し、手術にあたる医師らと緊密に連携しながら臓器モデルを作成しているといいます。

医療現場で活用される3Dプリンター技術

3Dプリンターは研修医のトレーニングやリハビリ用具の作成にも用いられています。

さらに、執刀医が使いやすい手術器具、患者ごとに異なる手足の形状や好みに応じた装具の制作にも使われています。臓器の作成だけでなく、その周りの医療機器までも3Dプリンターの技術によって作成することが可能になっているのです。

3Dプリンターによって「試作・検証」が低コストで可能に

長野県小諸市のスポーツ用品メーカー「キザキ」は、視覚障害のある子どものための白杖(はくじょう)を開発しました。

いままでは、大人用の杖を切断して使っていたため、子どもようの白杖は日本で初めて開発されたものになります。開発の際には、3Dプリンターを用いて何度も検証が繰り返され1年半の試作を経て持ちやすく使いやすいデザインで作成されました。

医療分野における3Dプリンターとは

3Dプリンターの性能や可能性は医療分野でも注目されています。3Dプリンターを医療に応用しようという動きは以前から行われており、多くの教授が医療応用について研究を行っています。特に義手や人工の骨、インプラントなどは、金型生産とは異なり1個1個オーダーメイドでの製作が必要ですが、3Dプリンターは必要な分を短期間で精密に作ることができるというメリットがあり、医療分野においての活用が期待されています。現在どのような場面で3Dプリンターが活用されているのか、導入事例を紹介します。

導入事例

医療用モデルの製作

例えば脳や肝臓、骨などの医療用モデルを3Dプリンターで製作することで、研修時や患者と家族に説明する際のモデルとして分かりやすく説明をすることができます。例えばCT画像から3Dプリンターで肝臓モデルを作ることで、手術で切る場所や腫瘍の取り出し方を患者に説明することも可能です。

義手や人工骨の製作

電気通信大学の研究チームでは3Dプリンターで作る筋電義手を開発しています。3Dプリンターなら個人に合わせた形状を24時間で製作することが可能であり、素早く作ることができます。現在は製品化と臨床応用を目指し、さらなる研究を行っているとのこと。また3Dプリンターによる人工骨も実用化に向けて開発中です。3Dプリンター製作の人工骨は、従来の人工骨よりも骨への癒着が早く、自骨への変化も早いといった特徴があります。

オーダーメイド補聴器

デンマークでは補聴器メーカーが3Dプリンターを利用したオーダーメイド補聴器の販売を始めました。液状のシリコンを耳に注入し、耳の形を取ったあとスキャナーで読み取り、3Dデータを作成します。これにより耳にぴったりとフィットする補聴器を作ることができ、既成の補聴器を付けることによる負担も少なくなります。

おなかの中の赤ちゃんを立体的にプレゼントとして

3Dプリンターの技術を用いて、出産前に赤ちゃんの容姿に触れられる、そんな画期的なサービスが始まっています。丸紅情報システムズ(MSYS)は2017年10月から、妊婦のおなかの中の赤ちゃんを、3Dプリンターで再現するサービスを提供しています。

狙いは、出産の記念や、家族へのプレゼントにしてもらうことです。産婦人科や医療機関とも提携し、本格的に広げていくようです。再現には、おなかの中の赤ちゃんを超音波で検査する「4Dエコー」の立体的な画像を使います。丸紅情報システムズの最新の3Dプリンターを使って、アクリル系樹脂製の置物を作ります。2~3週間ほどで完成することができます。

妊婦の間では、出産前に胎児の立体的な画像を見たいというニーズが多くありました。担当者は、赤ちゃんが大きくなった時に懐かしんでほしいと話しています。

3Dプリンターでドレーン固定具を開発

手術後に胸腹腔(ふくくう)内にたまる液体を体外に排出する管を知っているでしょうか。その名も「ドレーンカテーテル」といいます。その固定具を、静岡県長泉町の県立静岡がんセンターとファルマバレーセンター(県医療健康産業研究開発センター)、それにプラスチック部品メーカー「ハヤブサ」が共同開発しました(朝日新聞2017年7月21日)。

ドレーンの固定は、従来は手作りでした。看護師たちが、紙コップをはさみで切って羽根を作り、テープで患者の体に留め、底に穴を開けて管を通していたのです。

しかし、その方法では不安定なため、固定化したいという要望が上がっていました。また、その方法ですと、管を刺した部位を看護師が見ることができないため、意図せず抜けてしまうこともしばしばあったそうです。すぐに捨ててしまうため、手作りで間に合わせていたようですが、頑丈なことにこしたことはありません。

そこで、院長がファルマバレーセンターのアイデアボックス投稿したことがきっかけで、3Dプリンターの技術を用いて作成することになったのです。長さをミリ単位で調整し、羽根とカップの間に切れ込みを入れて柔軟性を高め、どんな患者の体にもピタッと添うようにしました。使い勝手について、看護師の約9割良いと回答しています。

今後も3Dプリンターを使った医療器具の開発、活用は広がっていくことでしょう。

今後の展望

医療分野での3Dプリンターの良さは、安価かつ容易に個人に合わせたモデルを作れることです。時間やコスト、部品の組み合わせで重くなる義手や骨も、小型かつ軽量に作ることができます。最近では3Dプリンターによる臓器の作成も研究が進んできているため、今後は再生医療の分野においても大きな進歩が期待されています。