教育分野

教育分野での模型などで3Dプリンターが活用されています。具体的な導入事例を紹介します。

教育分野1教育分野画像2

引用元:iGUAZU(イグアス)公式HP
<http://www.iguazu-3d.jp/case_study/educational/><http://www.iguazu-3d.jp/case_study/trial/>

教育分野における3Dプリンターとは

製造業や医療分野などで3Dプリンターが活躍するなか、教育分野においても導入が進んでいます。生体や物体の構造を詳しく理解するための解説ツールとして造形物を利用したり、デザインの授業などで立体造形物を扱ったりなど、講義を行う立場での利用が多かったようです。ですが最近では学生向けのワークショップなどで3D講義を行い、子供たちにものづくりを伝えるためのツールとしても活用されています。教科書で見るだけよりも、3Dプリンターによる立体造形で形を触りながら覚えた方が吸収が早いと言われています。

導入事例

3DCAD授業の発展形として取り組み

国内の工業高校機械科で、3Dプリンターを3DCAD授業の発展形として取り入れる試みが始まっています。自分の好きなものを作ることをテーマに設計した造形物が、3DCADの複数のコンテストで賞を受賞するなど、完成度の高いものづくりができました。

図工の時間に3Dプリンターを活用

最新デジタルツールでのものづくりを学べる専門塾が、都内の小学校で、図工の時間に3Dプリンターを使用したものづくり体験を実施しています。日本でもIT教育分野を発展されるため、3Dプリンターをはじめレーザーカッターやデジタル工作機器を導入して、子供たちの創造力を育むのが目的です。国内では珍しい導入例ですがアメリカでは既に1,000校、イギリスも21校の学校にて3Dプリンターが使用されています。

分子モデルを立体化し講義を分かりやすく

立教大学理学部では2015年より3Dプリンターを理学教育で活用するプロジェクトを開始しています。3Dプリンターを導入して分子モデルを出力。それを教材として授業にする取り組みです。目に見えない分子を可視化するには従来はCGソフトを使用していましたが、画面上を見るだけよりも、触ったり覗き込んだりした方が学生達への訴求力が高まります。

今後の展望

教育現場での3Dプリンター活用は、各国の政府も注目しています。現在は比較的コンパクトで低価格の3Dプリンターが登場し始めたため、教育分野での3Dプリンターも以前より導入しやすくなっているなど環境が整ってきています。国内でも子供たちのデザインやプログラミング能力を向上させたり、授業への積極性を高めるツールとして活用され始めています。3Dプリンターの手軽さがさらに増せば多くの教育現場への導入ができるため、学生や子供たちのものづくりへの好奇心をかきたてることができることでしょう。