HOME » CHECK!3Dプリンターの選び方ガイド » CHECK02.どんな材料を使うのか

CHECK02.どんな材料を使うのか

3Dプリンターを選ぶ基準のひとつである、使用する材料について調べました。

3Dプリンター材料の画像

3Dプリンターの材料は何?

3Dプリンターを選ぶ基準のひとつとして、材料が挙げられます。現在使用できる材料の主流は表面光沢に優れていて着色もできる「ABS樹脂」と、弾力性がなく硬いため大型の造形物に向いている「PLA樹脂」の2種類です。

「3Dプリンターは材料が選べない」とよく言われますが、確かにその通りでした。ですが最近ではこの主流の2種類に加えて金属やカーボンといった強度のある材料を使える3Dプリンターも出てきました。そのため試作品の製作として利用されることが多かった一昔前から、今は実用品や最終製品を作るための装置としても3Dプリンターが活躍してきています。

例えば米と欧州の航空機大手2社では、すでに3Dプリンターで作られた部品が航空機に組み込まれているようですし、砂糖を材料にしてお菓子を作ったり、歯科治療用のセラミックをプリントしたりなど、技術の発展と材料の広がりが3Dプリンターの可能性を大きく向上させています。

使いたい材料を扱える3Dプリンターを選ぶ

例えば切削加工なら削れるものなら何でも材料が選べますし、射出成形も自分で選んだ樹脂を使うことができます。ですが3Dプリンターの場合は、メーカーが提供している材料を使うこととなるため、提供されていない自分の好きな材料で自由に造形するということはできません。

そのため自分が使いたい材料が決まっている場合は、その材料が使えるモデルであるかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。使いたい材料が使用できないモデルを選んでしまったら、導入する意味がありません。

どのような目的かも合わせて考える

材料を考える場合、どのような目的で3Dプリンターを使うのかも合わせて考える必要があります。もしも形を確認することが目的の造形なら、材料にこだわる必要性は低くなります。反対に実際に部品として使いたいという目的があるなら、材料の強度や表面の仕上がりなども確認したいところです。