HOME » 【250万円以下クラス】おすすめの3Dプリンター » 世界的導入実績で選ぶなら

世界的導入実績で選ぶなら

実績で選ぶならどれがいい?世界で多大な導入実績を誇る、おすすめの3Dプリンターを紹介します。

世界的導入実績で選ぶ画像

世界的な導入実績で選ぶ

3Dプリンターは国内はもとより世界的にどんどん市場を拡大しています。個人で買い求めやすい低価格なパーソナル(家庭用)3Dプリンターが普及し始めましたが、販売総額で見れば以前として業務用機を製造・販売している企業が市場の上位を占めていることは変わりません。業務用機ではRICOHやCANONなどの日本企業も参入を始め、国内においても確実に3Dプリンターが生産手段のなかに組み込まれてきたことを感じられます。

3Dプリンターを導入実績で選ぶのは何よりも安心感や信頼感を得られることです。すでに数百台を納入しているモデルであれば、産業や医療、教育、建築分野などのあらゆる業界で現在活躍していることになります。多くの企業から選ばれているということは、それだけ信頼されているという裏付けになります。

安心して運用し続けるためにはやはり導入実績がきちんとあること。メーカーへの信頼感が大切です。

おすすめモデルは「Formシリーズ(Formlabs)」

Formlabsは高精細な3Dプリンター「Formシリーズ」を販売している企業です。同社は最初にKickstarterというクラウドファンディングで記録的な資金調達をし、デスクトップ型の光造形方式プリンター「Form1」を製作。順調に成長をし続けて、2015年には「Form2」が登場しました。

最初に発売したForm1は、世界で初めて一般消費者でも手が届く価格帯の光造形プリンターだったため、まさに歴史的功績があると言えます。クラウドファンディングで販売を支えてくれた世界中の支援者には、すでに900台あまりの3Dプリンターを納品しているそう。Form1への世界からの評価はとても好意的で、さらに進化を遂げたForm2はForm1の完成形とも言われるほど、その性能には注目が集まりました。

Formシリーズは低価格な光造形方式プリンターとしての知名度は高く、地位も確立されているため、世界的導入実績で選ぶなら、FormlabsのFormシリーズを一度検討してみはいかがでしょうか。

Formシリーズ(Formlabs)の公式サイト>>