HOME » 【250万円以下クラス】おすすめの3Dプリンター

【250万円以下クラス】おすすめの3Dプリンター

ミドルクラスの3Dプリンターとは。ミドルクラスの選び方やおすすめモデルも紹介します。

3Dプリンターのミドルクラスとは

以前は数百万~数千万円となかなか手が出せない3Dプリンターでしたが、市場が広まるにつれて低価格化が進み、手が出しやすい価格帯まで下がっています。業務用3Dプリンターの中でも比較的安価なのが、ミドルクラスのものです。数年前までなら1,000万円以下がミドルクラスと呼ばれていましたが、現在では250万円以下でもミドルクラスと言っていいでしょう。安価な家庭用のパーソナル3Dプリンターとは違い、例えばデスクトップ型のコンパクトなサイズでも趣味などの分野から建築、デザイン事務所、歯科、ジュエリーデザイン、製造業まで幅広いものづくりの現場でも対応可能な性能を備えているのがミドルクラスの3Dプリンターです。業務用として導入するなら、価格的にも取り入れやすいミドルクラスの3Dプリンターがおすすめできます。

ミドルクラスの選び方とおすすめモデル

(1)クオリティ

何といっても外せないのが造形物のクオリティです。ミドルクラスと言えど高精細な出力ができるモデルも多くあります。最小積層ピッチなどに気を付けながらモデルを選びましょう。最小積層ピッチ0.01mmだと、造形物の表面に段差が感じられないほど滑らかな出力が可能です

 

(2)世界的導入実績

安定した導入を目指すなら、世界的な導入実績を誇るモデルを選びましょう。3Dプリンター市場のシェアを占めていたり、市場で確固たる地位を築いているモデルなら、多くのユーザーから選ばれているということでもあり、信頼して良いのではないでしょうか。

 

(3)使いやすさ

日々の試作品作りや最終製品作りにおいて、キレイな仕上がりはもちろん大事ですが、使い勝手の良さは重要なポイントです。最近はコンパクトなデスクトップ型の3Dプリンターの人気が高く、より使いやすさに拍車をかけています。