企画・設計段階

3Dプリンターを導入すると、企画・設計段階でどのようなことが可能になるのか、まとめています。

企画・設計段階で3Dプリンターができること

3Dプリンターがあれば、企画・設計段階の課題解決がグンと近づきます。企画から設計に至るまでに開発コストが70%もかかるといわれるほど、企画・設計は大切な場面。そして、企画のアイデアをどれだけ素早く「カタチ」にするかが求められます。

そんな場面に3Dプリンターがあれば、企画したイメージをすぐに「カタチ」にできます。触ったり動かしたりできるため、重量感や動作チェックまでも企画の早期段階から行えるでしょう。たとえば3Dプリンターでミニチュアモデルを作れば、変更の修正コストが非常に小さくなります。設計やデザインの変更があっても、柔軟に対応できるのがポイントです。

クライアントや取引先とイメージを共有できるのも、3Dプリンターを導入する大きなメリットです。いわゆるデザインレビューにより、開発にかかわる人たちとも完成品の大まかなイメージを共有できます。マーケティングや商談など、企画・設計段階のさまざまなシーンで3Dプリンターが活躍するでしょう。顧客や発注元とのイメージのズレをなくせるため、修正による開発コストも余計にかからなくなります。

自動車や家電といったモデルチェンジが多い市場ならば、3Dプリンターとの相性が抜群です。デザインの検討スピードを上げて、かつ試行錯誤を重ねられるため、問題も早い段階で解決するでしょう。

技術的課題もすぐに発見できれば、トラブルを未然に防げます。早いうちから細部にわたって検証可能になると、最終製品の質を向上させられます。細部のイメージまでのプレゼンテーションができるようになれば、提案が採用される可能性も格段に上がるでしょう。

3Dプリンターの導入とは、単に造形物の製作期間を短縮させるだけのものではありません。本物に近い状態を見て触れられるからこそ、質の高い企画・設計段階までを実現させられるものなのです。

3Dプリンター導入済企業の例

既に3Dプリンターを導入している企業は、企画・設計の段階でどのように活用しているのでしょうか。

リコーイメージング株式会社

国内で3Dプリンターがブームになるより前、2001年に光造形方式の3Dプリンターを導入しているリコーイメージング。製品開発の初期段階から活用しており、特にカメラづくりの企画・設計段階で大いに役立っているそうです。

例えばデジタルカメラ。デジタルカメラの形は実際に構えた際の質感や持ちやすさといった、人の感覚が重視されます。これらの感覚は数値化が難しいため、企画・設計の段階で、実物大のモデルを見て、持って、構えることが求められます。

3Dプリンターを導入していることで、握り心地や指の当たり具合、ボディとレンズのバランス感など、繊細な部分まで検証し、その結果を即、次の試作品に反映できます。

また、スピーディーにさまざまなモデルを生み出せるため、市場ニーズにも柔軟に応えられます。その後の部品の製作期間を短縮して、コスト削減に貢献できるのも3Dプリンターの魅力です。

株式会社リコー

ジェルジェットプリンター設計のために、3Dプリンターを導入したリコー。3Dプリンターを導入した結果、設計者の考えをより確実に、よりスピーディーに反映する環境が整えられました。実製品の組み付けをモデルで再現し、事前に確認できることも製品開発の効率化につながっています。

3Dプリンターの導入により設計時間を大幅に短縮して、さらには試作の外注コストもかなり削減しているそうです。確認したい部分をすぐに確認できる、たったこれだけで企画・設計段階の質を上げられます。

以前までは設計者が自ら確認を行っており、確認しきれない部分を外注していました。しかし、それでは1週間以上待たなければいけなくなり、結果的にコストのかかる開発となってしまいます。3Dプリンターの導入後は、アイデアをかたちにしてすぐに確認できるからこそ、設計時間の大幅な短縮につながっているのでしょう。

ほかにも、試作品を1つだけつくりたい場合に外注すると、人件費や納期の関係で外注費がかかってしまいます。3Dプリンターならば材料費のみでつくれるため、コスト削減に大きく貢献しています。

企画・設計時点で求められる3Dプリンターのスペックは?

企画・設計時点では、設計と同時並行での機能検証が重要です。また、形状や動作のチェックもスピードが求められます。発熱性のある造形物では熱の検証を、オイルタンクのある造形物では液面の流れ方まで判別しなければいけません。3Dプリンターがあれば、これらの要素を全てクリアできます。

さらにデザインやブランドイメージ、売れ行きなどを開発段階から明確にするならば、3Dプリンターの存在は重要です。実際に見て動かせるので、可動域を含めたイメージの統一化も図れます。

企画・設計時点で3Dプリンターを効率的に利用するためには、どんな造形方式があり、自社に求められる造形レベルに見合った方式の3Dプリンターを探さなければいけません。

造形方式が異なるだけで、出来上がりのイメージも異なってきます。3Dプリンターによる造形の技術は主に5つあり、光造形方式・インクジェット方式・粉末焼結方式・熱融解積層方式・粉末接着方式が挙げられます。

どの方式の3Dプリンターを採用したとしても、企画・設計段階であれば、ある程度のニーズは満たせることでしょう。ですが、より自社にマッチしている機種を選ぶためには、様々な視点からの比較が必須。

カタログからわかる精度、価格、実績の3点で様々な3Dプリンターを比較していますので、機種検討の参考にしてください。

精度・価格・実績の3つの点で3Dプリンターを比較!